1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:40:01.43 ID:Rvq5rJpX0
須川「ああ、たまには趣向を変えて、和気藹々と活動しようと思ってな」

明久「そっか、確かに普段は殺伐とした活動ばっかだもんね」

須川「今回は野郎だけでの旅だ。よほどの事がない限り異端審問会は開かれんだろう」

雄二「ふーん、面白そうだな」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373982001/

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:43:06.47 ID:Rvq5rJpX0
明久「あ、雄二。雄二も参加するよね?」

雄二「ああ。で?須川、どこに行くかは決まってるのか?」

須川「それは問題ない、丁度親戚の知り合いが旅館をやってるらしくてな…話はつけてある」

明久「ずいぶん遠い知り合いだね…」

雄二「まあ話をつけたんなら問題ないだろう。この話、他のメンバーには伝えたのか?」

須川「いや、今からだ。お前たちからも言っておいてもらえると助かる」

明久「わかったよ、須川君」
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:47:33.73 ID:Rvq5rJpX0
明久「楽しみだね、雄二」

雄二「あのメンツと顔を合わせる時はいつも覆面だからな…たまにはいいかもしれんな」

明久「しかも敵対してる事が多いしね…」

雄二「そうだな…お、ムッツリーニじゃないか」

明久「ムッツリーニー!今度FFF団の親睦会があるんだってさ、ムッツリーニも来るよね?」

ムッツリーニ「……予定を確認する」

雄二「ちなみに旅館だそうだ…温泉もあるんじゃないか」

ムッツリーニ「…参加する」

明久「今、ムッツリーニがなにを考えてるのか手に取るようにわかるよ」
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:49:32.11 ID:Rvq5rJpX0
明久「そういえばどこの旅館か聞いてないね」

雄二「そうだな…そういえば明久、お前金はあるのか?」

明久「もちろんさ!姉さんが帰って来てからはある程度の貯金をキープするよう心がけてるんだ」

秀吉「む?皆で集まってどうしたのじゃ?」
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:52:06.94 ID:Rvq5rJpX0
明久「あ、秀吉。今度Fえ…むぐっ」

明久(ちょっとなにするのさ雄二!)

雄二「黙れ明久…」チラッ

明久(そっか、秀吉は女子だから…)チラッ

須川『………よし、仕方ないだろう』ニヤッ

明久(今、須川君喜んでたよね?)

雄二(ああ、口先だけは冷静だったがな)

秀吉「どうしたのじゃ?二人とも」
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:54:23.75 ID:Rvq5rJpX0
明久「いや、今度FFF団で親睦会をやるんだ」

雄二「旅館で泊りだそうだ。秀吉もどうだ?」

秀吉「ワシはFFF団に所属しておらんのじゃがいいのか?」

明久「大丈夫、お許しはもらえたみたいだから」

秀吉「なら喜んで参加させてもらおうかの」
11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 22:59:25.11 ID:Rvq5rJpX0
明久「楽しみだねー」

雄二「おーい須川、人数はどのくらいまで大丈夫なんだ?」

須川「ああ、最終的に参加するメンバーの人数を伝えれば問題ないからどんどん誘ってもいいぞ」

雄二「日程は?」

須川「今週の土日だ、ちなみに部屋は大部屋の予定だ」

雄二「そうか、分かった」

明久「とはいっても、僕らの知り合いはもうあらかたさそったよね」

雄二「そうだな…」
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:01:59.85 ID:Rvq5rJpX0
明久「僕トランプでも持って行こうかな」

雄二「お、いいだろう。その貯金とやらをむしり取ってやるさ」

ムッツリーニ「…そんなことより温泉」カチャカチャ

秀吉「ムッツリーニ…温泉にカメラは必要ないと思うのじゃが…」

姫路「あれ?どうしたんですか皆集まって」

美波「また何か企んでるんじゃないでしょうね」
15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:10:29.18 ID:Rvq5rJpX0
明久「えっ?いや、なんでもないよ」

美波「本当に?トランプがどうのって聞こえたけど…」

姫路「あ、明久君。もう賭けトランプなんてしちゃダメですよ?」ポッ

明久「待って!なんでそこで頬を赤く染めるの!?この前酔ってる間のことは覚えてないって言ったよね!?」

美波「で、何をこそこそ隠してるのよ」

明久「そ…それは…美波たちには…」

美波「なーに?ウチ達には言えないって言うの?」

明久「えーと…その…」チラッ

須川『誘え!誘うんだ!俺が許可する!』

FFF団団員『会長!?いいんですか!?』

明久「なんだ、いいのかぁ…実は…」カクカクシカジカ

FFF団団員『やめろ!奴はもう会長じゃない!異端者だ!』

須川『まて!お前ら…女子と1泊だぞ…』

FFF団団員『ふぉぉぉぉぉ!』
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:16:04.34 ID:Rvq5rJpX0
美波「ふーん、アキたちが行くなら私も行こうかな」

姫路「そうですね、クラスの皆さんとも親睦を深めるいい機会ですし」

明久「分かった、須川君に伝えておくね」

FFF団団員『魅力的な話だが…これでは団員達に示しがつきませんよ!』

須川『問題ない…彼女らはあくまで吉井について来るといったんだ…さあ、異端者は誰だ?』

FFF団団員『吉井め…ナチュラルに温泉旅行に女子を誘えるとは…』

FFF団団員『男の風上にも置ねぇクズだ…』

FFF団団員『覚えておけ吉井…親睦会の夜がお前の命日だ…』
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:19:36.61 ID:Rvq5rJpX0
明久「あ、でも大部屋とか言ってたなぁ。まあ変えてもらえるだろうし大丈夫か」

美波「当たり前よ、ウチ達は当然別室にしてもらわないと」

明久「そうだよね、せめて3人部屋を用意してもらわないと女子と男子が同室なんて…」

秀吉「待つのじゃ明久!それはワシも勘定に居れてはおらんかの!?」

明久「え、当たり前じゃないか。秀吉と相部屋なんて、クラスから死者が出ちゃうよ」

雄二「まあそういう事なら早めに話しておかないとな、おーい須川」
22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:23:07.97 ID:Rvq5rJpX0
須川「なんだ坂本?」

雄二「聞いての通りだ、女子も入るから女子だけは別室にしてもらいたい」

須川「了解した、そうだ。ついでにお前達も別室にしたらどうだ?」

雄二「ん?お前達って誰の事だ」

須川「吉井と土屋と坂本だよ、1人殺るのも…ゴホン一つ部屋取るのも二つ部屋取るのも変わらないからな」

雄二「そ、そうか?ならありがたく」

須川「ああ…ゆっくりと楽しんでくればいいさ」

雄二「すまないな、じゃあまた土曜に」

須川「ああ、今から楽しみだよ…」
23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:29:21.53 ID:Rvq5rJpX0
【第一問】
以下の空欄を埋めなさい
『日本人の大きな死亡原因とされている( )は、主に()、()、()に分けられる』

姫路瑞希の答え
『生活習慣病、がん、心臓病、脳卒中』

教師のコメント
正解です。生活習慣病は過去に成人病と呼ばれていたことも覚えておきましょう

土屋康太の答え
『多量出血、鼻血、吐血、経血』

教師のコメント
土屋君はまともな保健体育の力も身につけて欲しい物です。
24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:32:58.11 ID:Rvq5rJpX0
明久「着いたー!」

雄二「お、なかなか立派な旅館じゃないか」

美波「ほんと、川も流れてて涼しげでいいわね」

ムッツリーニ「…湿気が低くて助かる」

女将「ようこそ、吉井様御一行様でございますね?」

雄二「あれ?FFF団じゃないのか?」

女将「前日、FFF団御一行様とは別にもう1グループいらっしゃるとご連絡がありましたので…」

雄二「部屋が別だから、ってことか?」

明久「まあいいじゃない。行こうよ雄二」

雄二「あ…ああ、そうだな」
25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:36:55.88 ID:Rvq5rJpX0
明久「じゃあ、僕らはこっちの部屋だから」

姫路「はい、また後で」

秀吉「うむ、またあとでなのじゃ」

明久「なにしてるの秀吉、秀吉は向こうの部屋でしょ」

秀吉「なぜじゃ!?ワシは男じゃぞ!ぬしらと同じ部屋のはずじゃ!」

雄二「まあまあ明久、秀吉は強化合宿でも同じ部屋だっただろう。そこでお前が襲い掛からないことは証明されているはずだ」

明久「前は堪えても今回はダメかもしれないじゃないか!」

雄二「お前、堪えてたのか…」

秀吉「明久…ワシはどういった反応をすればいいのじゃ…」ポッ

明久「やめて秀吉!そこで頬を赤く染めないで!がまんできなくなっちゃうから!」

雄二「相変わらずだな…」

ムッツリーニ「…既視感を感じる…」
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:42:41.18 ID:Rvq5rJpX0
明久「ふぅ、なかなか広くていい部屋だね」

雄二「そうだな。どうだ?先にひとっ風呂浴びてこないか?」

明久「いいね、行こうか」

ムッツリーニ「…俺はカメラの整備が…」

明久「そっか、がんばってね」


……

明久「あ、須川君」

須川「おお、吉井か。なんだ先に着いてたのか」

明久「うん、あんないい部屋取ってくれてありがとね」

須川「いいってことよ!…部屋に死体が転がっていたら邪魔だからな」ボソッ

明久「え?何?」

須川「いや、なんでもないよ。風呂行くんだろ、またあとでな」

明久「??うん、また後でね」

FFF団団員『よろしいのですか会長…奇襲をしかける準備は整っておりますが』

須川『まて、せっかくの温泉を赤く染めるのはもったいない…なに、奴らはいつでも狩れるさ』
27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:49:53.52 ID:Rvq5rJpX0
カコーン


……

明久「ふぅ、いいお湯だったね」

雄二「ああ、来て良かったな」

明久「あとでまた入ろっと、なんども温泉にはいるのはやっぱり旅館の醍醐味だよね」

雄二「まったくだな」

須川『やるぞ、まずは宣戦布告だ』

FFF団団員『アイ、サー』

須川『よし…3.2.1…ファイア!』


雄二「伏せろ明久!」

明久「へっ…?うわぁぁ!」

ガガガガガガカカカッ

明久「なにこれ…爪楊枝?」

雄二「あいつら…やっぱり根にもってあがったか!」
28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:54:43.93 ID:Rvq5rJpX0
明久「え?どういうこと?」

雄二「すこし違和感は感じていたんだ…須川のやつ、俺たちが姫路たちを呼んだ事にキレてるってことだ」

明久「え?だってOKを出したのは須川君だよ?」

雄二「恐らく立場の問題だろうな…姫路たちと旅行はしたい、だがFFF団団長として親睦会に女子を呼べば異端者となる」

明久「え、それって…まさか」

雄二「そう言うことだ、面子を立てつつ女子を呼ぶには『女子を独断で呼んだ異端者を粛清する』必要があるわけだ」

明久「そんな!」
29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16(火) 23:58:05.35 ID:Rvq5rJpX0
須川「さすがは坂本、その通りだ」

明久「須川君!」

須川「悪いな、俺たちの欲望のために死んでくれ」

雄二「はっ、できるもんならやってみるんだな」

須川「都合のいいことにここは治安が悪くてなぁ…地元のヤンキーに旅行者がボコられたって事で建前が通る」

須川「なに、今ここで殺ろうってんじゃない。せいぜい最後の晩餐を楽しめばいいさ…」

明久「須川君…っ!」
31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:16:13.97 ID:qbwtBsP80

……

明久「あれ?姫路さんたちは?」

雄二「居ないな、飯の時間なのにどこに行ったんだ?」

秀吉「姫路らなら先程外を回ると言って出て行ったっきりじゃのう」

明久「へぇ、遅いなぁ。無事だといいけど…」

雄二「そういえば須川のヤロウがこの辺りは治安が悪いとか言ってたな、ちょっくら見に行ってみるか」

明久「そうだね。あれ?そういえば須川君たちも居ないような…」

雄二「おおかた俺らの部屋の近くで待ち伏せでもしてるんだろ。外に出るなら会わんはずだ」

明久「そっか、じゃあちょっと行ってくる」

秀吉「うむ、無理はせんようにな」
32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:20:07.44 ID:qbwtBsP80

……

明久「うわぁ、真っ暗だね」

雄二「このあたり街灯も無いのか?道に迷ってないといいが…」

明久「本当にね…あれ?なんだろこれ」

雄二「どうした?」

明久「いや、何か光る物が…っ!これって!」

雄二「姫路の髪飾り…か?」

明久「うん…なんでこんなところに…まさかっ!」

雄二「はやとちりはよせ明久、落としただけかもしれんぞ」

明久「う、うん…だよね」
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:25:51.51 ID:qbwtBsP80
明久「それにしても、親睦会だって言われて誘われたのに今日須川君と話したのはあれっきりだよね」

雄二「まあ向こうが避けてたからな、仕方ないだろう」

明久「あれ…?あそこに誰かいるね、おーい。すいませーん!」

タタタタッ

明久「あれ、逃げた?」

雄二「おい、あいつ何か落として行ったぞ」

明久「これは、うさぎのポーチ?」

雄二「…姫路のか?」

明久「わからない…でも同じうさぎだよね」

雄二「チッ…追うぞ!明久!」

明久「うん!」
36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:28:45.39 ID:qbwtBsP80
ガサガサッ

明久「!? 雄二!」

雄二「なんだ明久!」

明久「前、誰かいる!」

雄二「多いな…全員メットにバットだのなんだの…地元のヤンキーとやらか!」

明久「なんで僕らを…」

雄二「俺らに追われたら厄介ってことだろ!急ぐぞ!」

明久「うん!」

雄二「邪魔だどけぇぇ!」バキッ

明久「雄二!後ろ!」

雄二「わかってらぁ…っとぉ!」
38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:34:02.11 ID:qbwtBsP80
雄二「俺らを止めたきゃ、あと20人は連れてくるんだな!急げ明久!」

明久「うん!」

雄二「さあ、通りたきゃ俺をやってからにしてもらおうか…!」


……

明久「まて!美波達をどうした!」

タッタッタッ

明久「まてって…言ってんだよ!」ガッ

明久「捕まえ…たぁ!おい!美波達をどうしたか聞いてるんだよ!」

???「何のことだか…知らねぇなぁ!」ブンッ!

明久「おっと、このっ!」ガッ

明久「っ…つ!メットが邪魔で…」

???「くたばれ!」ガッ

明久「ぐっ!…この!」ガスッ!
42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:39:19.14 ID:qbwtBsP80
明久「いいかげん言えよ!お前なんかに構ってる暇は無いんだよ!」

???「チッ…見せつけあがって…知らねぇってんだろ!俺はお前らをやれればいいんだ!」ブンッ!

明久「…?何のこと…」

???「くたばれ!吉井!」

明久「はっ!?なんで名前を…」

雄二「明久!そいつは須川だ!」

明久「雄二!どう言うこと!?」

雄二「事情は後だ…っらぁぁぁ!」バキィッ

???「ぐふぁっ!」

雄二「須川!テメェこそこそと姫路達の部屋でなにしてた!」

須川「坂本…くそっ、闇討ちは失敗か…」

明久「須川君!姫路さん達の部屋でって…何のこと?」
43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:43:09.86 ID:qbwtBsP80
須川「おちつけ吉井…俺は島田にも姫路さんにも何もしてない」

明久「雄二、どういうこと?」

雄二「さっきの連中ボコってメット剥いだらうちのクラスの奴らだったんだよ」

雄二「で、話を聞いて見たんだが…」

~~~

雄二『お前らここで何してる!』

FFF団員『須川会長に、闇討ちをするから来いって言われたんだ』

FFF団員『そういえば須川会長、女子たちの部屋に忍び込んでから闇討ちの計画を発表してたな…』

~~~

雄二「とのことだ」
44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:46:51.35 ID:qbwtBsP80
明久「どういうこと?須川君」

須川「俺はお前らが風呂に入ってから…部屋に罠の一つでも仕掛けようと思い立ってお前らの部屋に忍び込もうとしたんだ…」

須川「だが、入ってみればそこは桃源郷…すぐに出ようとした俺にある妙案が浮かんだ」

雄二「妙案だ?」

須川「私物を罠に、お前らをおびき出そうと…」

須川「すまない…どうやら俺は嫉妬に塗れ人としてしてはいけないことをしてしまったようだ…」

須川「許してくれとは言わない…さあ俺を好きにするがいいさ…吉井」

雄二「ふーん、そう言うことだったのか」

雄二「明久なら、途中で宿に飛んで帰ったぞ」
45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:51:30.18 ID:qbwtBsP80
須川「ふっ…そうか、結局は俺より女子が大事ってことなのか…」

雄二「いや、泥棒をしてさんざん引っ張り回した挙句、集団で襲いかかったやつのセリフじゃないと思うぞ」

雄二「じゃあ、俺も帰るとしますかね」

須川「すまないな坂本、見逃してもらって」

雄二「おいおい勘違いするなよ、裁きを下すのは俺じゃない」

FFF団員『居たぞ!須川だ!』

FFF団員『奴め!よりにもよって姫路さんの私物を盗んだらしいぞ!』

FFF団員『奴を殺せ!』

雄二「まあ、そう言うことだ。」
46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:53:37.06 ID:qbwtBsP80

……

明久「はぁっ、はぁっ。美波!姫路さん!」

姫路「あれ?吉井君?」

美波「どうしたのよそんなに慌てて」

明久「はぁっ…良かった、ちゃんと帰ってたのか…」

秀吉「うむ、主らが探しに出て直ぐにな。すぐにかえってくるじゃろうと思っておったのじゃが…」

姫路「もしかして探しに来てくれてたんですか?」
47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:55:30.41 ID:qbwtBsP80
明久「うん、帰りが遅くて心配で…」

姫路「ちょっと落し物をしちゃって…探してたら遅くなっちゃったんです」

明久「おとしもの…?もしかして、これ?」

姫路「それ、私の髪留め…」

明久「道に落ちてたから…」

姫路「ありがとうございます!良かったぁ…」
48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 00:58:08.29 ID:qbwtBsP80
明久「あ、あとこれも…」

姫路「あれ?ポーチですか?それは部屋において置いたはずなんですが…」

美波「アキ?なんでウチたちの部屋にあるはずの物をアンタが持ってるわけ?」

明久「いや、これにはワケが…」

美波「まさか、忍び込んだりしてないわよね?」

明久「まって美波!目が!目がすごく怖いから!」

美波「瑞希、部屋から旅行カバンを持って来てくれる?石畳が入ってるはずだから…」

明久「お願いします!話を聞いて下さい!」
49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:01:01.27 ID:qbwtBsP80

……

雄二「おーっす、戻ったぞー」

美波「アキ!よくも勝手に部屋に入ったわね!」

明久「本当にやってなぎゃぁぁぁぁ!足が!足の骨が潰れる!」

美波「本当のことを白状したら10枚増やすだけで勘弁してあげるから…」

明久「まって美波、それは勘弁してないから、落ち着いて?ね?」

雄二「…まったく、なんでこうなるんだか…」

秀吉「難儀な性分じゃのう…」


ムッツリーニ「…今回…出番が少なかった…」
51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 01:06:56.09 ID:qbwtBsP80

……

姫路「また、この髪留めに思い出が増えちゃいました」

姫路「こんな大事な物を落とすなんて…これからは気をつけなきゃ…」

明久「姫路さーん?準備できたー?」

姫路「はーい」

明久「大丈夫?重たかったら手伝うけど」

姫路「大丈夫ですよ。気持ちだけもらっておきます」

明久「そう?楽しかったね、旅館」

姫路「ですね、また来たいです」

明久「そうだね、また来ようね」

姫路「そうですね!…今度は、二人で」

雄二「おーい、急げ明久ー!バスが来るぞー!」

明久「はーい!行こっか、姫路さん」


fin

おすすめSS