1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 20:20:59.07 ID:dH6wC7fs0
遊矢「だ、誰だ!?」

十代「そう警戒するなよ。君が榊遊矢だろ?」

遊星「俺達はお前を導くためにやって来たデュエリストだ」

遊馬「俺は九十九遊馬!こっちの赤い人が遊城十代さんで変な髪型の人が不動遊星さん」

遊矢「俺を導くため?何を言って」

遊星「柊柚子の腋・・・俺達は遊矢の腋に対する執着心に反応しこの世界に来た」

十代「知ってるぜ影でコソコソこの子のジャージの腋の部分にチンポ擦り付けてる事をな」

遊馬「好きなんだろ?腋が」

遊矢「・・・好きだよ」

十代「よし!じゃあ今から俺達でお前の願いを叶えてやるぜ!」

遊矢「どうして俺のためにそこまで」

遊馬「そりゃ後輩だからに決まってるだろ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414408849

引用元: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414408849/

2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 20:26:00.42 ID:dH6wC7fs0
十代「まずは柚子のどういう所が好きなんだ?腋以外で」

遊矢「俺は別に好きじゃ」

遊星「おっぱいだな」

遊矢「はい」

遊馬「めんどくさいから頼めばいいだろ?挟んでくれってさ」

遊矢「そんな事できるわけないだろ!何かと恥ずかしいんだ幼馴染って」

十代「けど挟みたいよな?」

遊矢「はい」

十代「じゃあチンポ出せ」

遊矢「チンポって・・・何言ってるんですか十代さん」

遊星「遊矢のチンポが柚子の腋に挟めるかどうかのテストだ脱げ」

遊矢「わ、わかったよ・・・」スルスル
3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 20:32:59.04 ID:dH6wC7fs0
十代「可愛い顔してるのにデカいお前」

遊矢「よく言われます」

遊馬「でも腋が無いんじゃな・・・仕方ねえ俺の腋で」

遊星「これを使おう」ゴソゴソ

遊矢「それは?」

遊星「これは柊柚子そっくりのロボット。急ピッチで作ったから少しだけなら会話が可能だ」ポチッ

柚子ロボ「遊矢チンポ出してチンポ出して」

遊矢「遊星さん!見た目一緒だけど声が全然違うじゃないか!!」

遊星「すまないな急だったものだから音声は俺の仲間のジャックが担当してる」

遊矢「くっ・・・声以外は柚子なんだ・・・やります!」

ギュッ

遊矢「あ、暖かい」

遊星「人肌に合わせた温度だ」

遊馬「どうだ遊矢?気持ちいいか?」

柚子ロボ「遊矢のチンポが私の腋に!」

遊矢「これは柚子・・・柚子なんだ」シュッシュッシュッ
5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 20:41:10.96 ID:dH6wC7fs0
遊矢「あー出そう」ビュルルル

十代「おー!いっぱい出たな」

遊星「次は左腋で挑戦するんだ」

遊矢「音声変えれないのですか」

遊星「それはできない相談だな」

十代「俺は柚子を呼んでくるよ」

遊矢「え!?もっと練習してからじゃ」

十代「そんな消極的でどうするんだ!!」

遊馬「そうだ!何事もかっとビングなんだぜ遊矢!」

遊星「別に頼んだからと言って嫌われるわけじゃない。二人の絆はチンポを腋で挟む行為で壊れるものなのか?」

遊矢「・・・」

十代「俺の尊敬するデュエリストでカイザーって人が居るんだ」

遊矢「はい」

十代「そいつが言ってたぜ鬼にならねば見えぬ地平があるってな。鬼になろうぜ遊矢」

遊矢「わかりました!俺は鬼になります!」

十代「それまで遊星と遊馬の忠告をちゃんと聞くんだぜ」

遊矢「はい!」
6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 20:56:58.92 ID:dH6wC7fs0
十代「って事なんだよ。だから腋を提供してくれ」

柚子「そんなこと言われても・・・」

十代「そっか・・・でも君はいつか遊矢とキスしたり手繋いだり後背位する仲になるんだぜ?」

柚子「わ、私と遊矢が!?」

十代「ああ、マジだぜ」

柚子「私と遊矢が・・・後背位する仲って事はつまり?結婚!?」

十代「いや結婚しなくても後背位ぐらいできるんだけどな」

柚子「やるわ!遊矢のために腋を差し出す!!」

十代「やったぜ!それじゃ遊矢のところに」

柚子「うん!」

ガサガサガサ

黒咲「瑠璃・・・」
7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 21:05:07.51 ID:dH6wC7fs0
黒咲「瑠璃!何をやってるんだ!?俺の知らないこんな胡散臭そうな男と!!」

柚子「ふ、不審者!もう私に構うのはやめてよ!!」

黒咲「それはできない。この男からは融合の匂いがプンプンする!離れろ!!」

十代「誰だ?」

黒咲「瑠璃の兄だ」

柚子「違う!」

十代「頼むよ兄ちゃん柚子の腋を提供してくれ」

黒咲「できん」

柚子「この人はここ最近ずっと私を付け狙って来るの」

十代「兄貴だから心配なんだろ?俺が話つけとくから早く遊矢のとこに行け」

黒咲「瑠璃!!」

十代「待てよ兄ちゃん!遊矢の腋に挟むのは柚子の自由だろ?束縛しちゃダメだぜ」

黒咲「邪魔だ!俺の行く手を阻むのなら容赦はしない」

十代「いい兄ちゃんだなアンタ。けどさ柚子だって大人なんだからここは大目に見ようぜ」

黒咲「くっ・・・」

十代「遊矢とは始めて会ったけどあいつは女の子を不幸にするような男じゃねえよ」
8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 21:18:09.78 ID:dH6wC7fs0
柚子「遊矢!」

遊矢「柚子!」

柚子「遊矢が私の腋を求めてるって聞いたのだから」

遊矢「ありがとな柚子!」

柚子「さあチンポを出して」

遊矢「ああ!」

柚子「腋に挟めばいいのね」ギュッ

遊矢「いいよ柚子・・・柚子の体温が俺のチンポに伝わってくる・・・」シュッシュッシュッ

柚子「私も腋から遊矢のチンポの脈打つ感じがあるわ」

遊馬「やったぜ遊星さん!」

遊星「後は任せる。ここから先はお前次第だ!」

遊矢「ありがとうございました遊星さん!遊馬!十代さんにもよろしく言っておいてください!」

遊星「ああ任せろ」

遊馬「きっとまた俺達は出会うはずだぜ」

遊矢「・・・」シュッシュッシュッ

遊馬「ったく腋フェチの後輩なんて初めてだぜ」

遊星「人にはそれぞれ性癖というものがある。遊馬にもいつか分かる日が来るはずだ」
9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 21:24:43.52 ID:dH6wC7fs0
遊馬「さてと十代さんを探さなきゃな」

沢渡「ほら嗅げよ柚子の腋の匂いだ」

「マジっすか!?」

沢渡「苦労したぜあいつの腋を念入りに回収するのはな」

「やっぱり沢渡さんは凄いっすよ!!」

「最高っす!!!」

遊星「柚子の腋はみんなを幸せにするか」

遊馬「それだけいい匂いなんだと思うぜ」

遊星「腋はこの世界を支える重要な役割」

遊馬「腋って凄えよな遊星さん!!」

十代「おーい!」

遊星「十代さん」

遊馬「全員揃ったし帰ろうぜ」

十代「いや苦労したぜ柚子の兄貴を説得するのは」

遊馬「兄貴って?」

十代「ああ!帰るぞ!俺達には俺達の世界でやるべき事があるんだからな!」
10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 21:39:37.04 ID:dH6wC7fs0
数日後

十代「俺のやるべき事は・・・何だっけ」

三沢「このデュエルモンスターの世界で三幻魔が暴れてるって言っただろ!?どこへ行ってたんだ!!」

十代「後輩を救うためにちょっとな」

三沢「後輩?剣山か?」

十代「遠い遠い別世界の後輩だぜ!」

三沢「大変だなお前も色々と」

十代「慣れっこさ、さて三沢」

ラビエル「遊城十代・・・!」

十代「おい三幻魔!腋コキって知ってるか?」

ラビエル「何?」

十代「へっ知らねえみたいだな!じゃあ今回も俺の勝ちだ!ネオスを召喚!l」

ラビエル「来るがいいお前の敵は破滅の光だけではない!我ら幻魔の積年の恨みを晴らしてやる遊城十代!」

三沢「俺もいるぞ!」

十代「腋コキを舐めてると痛い目みるぜ!かかって来い三幻魔!!」
11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 21:44:44.04 ID:dH6wC7fs0
数日後

遊星「俺のやるべき事は・・・そうだ今日はチームサティスファクション結成記念日だったな」

ジャック「遅いぞ遊星」

クロウ「ったく大事な日に」

鬼柳「まあいいじゃねえか、な?遊星」

遊星「最近どうだ街の様子は」

鬼柳「復興してるぜ俺もいや俺達は新しい満足を求めてる日々爆進中だぜ!」

遊星「元気そうで何よりだ」

ジャック「それよりもどこに行ってたんだ」

遊星「腋だ」

ジャック「腋?」

クロウ「腋って何だよ」

遊星「腋の神秘を俺は見た」

鬼柳「フッ・・・満足しきった顔してるぜこいつは」
12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/27(月) 21:54:43.24 ID:dH6wC7fs0
数日後

遊馬「俺のやるべき事は・・・そうだ!アリトから借りてたAV返さねえと」

小鳥「はい遊馬!人気AV女優ツァン・ディレのツンデレ女子大生の六武衆童貞狩りよね?」

遊馬「ありがとうな」

小鳥「どこ行ってたの?」

遊馬「後輩を助けにな」

小鳥「へえ」

遊馬「そいつは腋コキを求める将来有望なデュエリストでさいい奴なんだよ」

小鳥「わ、腋コキ」

遊馬「それでな俺はそこで解った事が一つあるんだ」

小鳥「ん?」

遊馬「腋コキって何だろうな」

小鳥「さあ?」

遊馬「何が悲しくて俺達は腋コキの手助けしたんだろうな・・・妙な一日だったぜ」


おすすめSS