1 : ここななか 2014/06/03(火) 02:36:52.15 ID:n3wzw3140
萩村「つ、津田!?いきなり何を言い出すのよ!?」カアァァァ

津田「え?いや、だから萩村って可愛いなぁt」

萩村「2度も言わなくてもいいわあぁぁ!!」クワッ

津田「あ、えっと、ごめん」シュン

萩村「…な、なんでいきなりそう言うこと言うのよ…///」

津田「…うーん、ほら萩村って、普段は怖い顔してるけど、笑顔とか無邪気な姿とか可愛いなぁって」

萩村「そ、そう…///(津田に可愛いって言ってもらえた!
えへへ♪)」

津田「どうしたの?顔赤いけど?熱でもあるんじゃ?」ピトッ

萩村「Σひゃわっ!?つ、津田?!」

津田「うーん、熱は無いみたいだね?」

萩村「うぅ?…///(つ、津田の奴…恥ずかしくないの!?
私は心臓バクバクしてるって言うのに!)」

津田「とりあえず休憩する?俺は逸れでもいいけど?」

萩村「そ、そうする…ちょっと熱いかも…主にアンタのせいで///」ボソッ

津田「ん?何か言った?」

萩村「な、なんでもないわ!……バカ///」

津田「は、はぁ…(俺何かしたかな?)」

津田「(とりあえず少しの間は萩村に休んでもらって…これくらいの問題なら俺でも大丈夫だし)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401730612

引用元: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401730612/

3 : ここななか 2014/06/03(火) 02:42:07.36 ID:n3wzw3140
初投稿!

とりあえず状況説明

会長たち卒業後三年の期末テストでスズのお家でお勉強中
長い付き合いにより津田が徐々に萩村のことを意識し始める。萩村は津田に密かな想いを寄せています

そんなこんなで話を作りたいと思ってます

タカスズが一番好きです

おやすみなさい

5 : ここななか 2014/06/03(火) 03:24:56.73 ID:n3wzw3140
眠れないから続きを

コメントありがとうございます!がんばりまふ!



津田「萩村、ちょっとトイレ借りるけど?」

萩村「どうぞ…///」モゾモゾ

津田「それじゃあ、行ってくる」バタン

萩村「うん……(今日で何回目だろ?津田との勉強会…でも一緒に居られるから私はいいけど…って!何いってんのよ!別に嬉しいとかじゃないし……はぁ…津田は私のこと何も感じないのかな?)」

萩村「(やっぱり会長や七条先輩みたいな人が津田は好きなのかな?あー!もう!何考えてるのよ私!少し寝る!)」

その頃津田は

津田「ふぅ、今日の萩村は不機嫌なのかな?」ジャー

津田「なんか最近は萩村と上手くいってないし…やっぱり勉強会は止めた方がいいかな?萩村だって自分の勉強あるし…よし!できるだけ自分の力でやるぞ!」バタン

スズ母「あれ?津田くん?今日はスズちゃんと勉強会?」

津田「あっ、萩村のお母さんお邪魔してます」

スズ母「あらあら、お義母さんだなんて♪」

津田「え?あ、いやそんなつもりじゃ(なんか字が違うような気がするけどあえてスルーしよう)」

スズ母「津田君、スズちゃんとはどう?エッ○はしたの?ちゃんと中に出したの?子供は何人作るの?」

津田「してないですし、出してません、それに作りません!(ダメだこの母親早くなんとかしないと)」

スズ母「そうなの?残念」シュン

津田「それに萩村は俺のことなんとも思って無いだろうし」

スズ母「津田君、なんとも思って無かったら家に入れたりすると思う?」

津田「え?」

スズ母「スズちゃんはなんとも思って無かったら津田君を家に入れたり、一緒に勉強したりしないと思うよ?」

スズ母「(その証拠に津田君の話をするときはスゴく楽しそうにしてるし♪」

津田「うーんそれは友達だし、いつも教えてもらったりしてるからじゃ…」

スズ母「それじゃあ、逆に考えてみよっか…もし津田くんがスズちゃんから勉強教えてほしいって言われて津田君のお家でやりたいって言ったらする?」

津田「そりゃまぁ、友達ですし」

スズ母「それじゃあ、クラスメートの女の子から勉強教えてほしいって言われたら?」

津田「教えます」 

スズ母「お家に行きたいって言われたら?」

津田「そ、それは…少し考えます…と言うより学校で教えるので充分かと」

スズ母「うふふ…スズちゃんだったら?」

津田「全然構いません」

スズ母「学校で充分じゃないの?」

津田「そ、それは…」

スズ母「少し意地悪が過ぎちゃったかな?とりあえず津田君…スズちゃんの立場になって考えてみるのもまた一つの勉強よ?」

津田「あ、はい…わかりました」

スズ母「うふふ♪それじゃあ、後は若い二人で♪出しすぎないようにね♪」

津田「…途中まで良かったのに…」





7 : ここななか 2014/06/03(火) 07:26:59.50 ID:n3wzw3140
おはようございます。続きを書いていきます


萩村「…zzz」スヤスヤ

津田「……寝息?(萩村は眠ったみたいだ)」バタン

津田「さて、もうすぐだし…頑張るぞ」カキカキ


1時間後


萩村「…zzz 」スースー

津田「よし、こんなもんかな?」ウンウン

津田「萩村は……まだ寝てるみたいだ」

萩村「……んんっ……が……き……大……き」

津田「ん?寝言?小さくて途切れ途切れだ…もう少し近くに…Σt(正座してたから足が痺れて体が!?)」

ポフッ

津田「(せ、セーフ!なんとか腕だけで萩村を潰さずに…)」

萩村「……えへへ♪」ニコッ

津田「(萩村が笑ってる?か、可愛い…///)」

萩村「…大…き……田が……好…」ボソッ

津田「(また、何か言って…もう少し近付けば…///)」ドキドキ

萩村「……何…して…るの//?」ジィー

津田「Σえ!?は、萩村!?いや、これはその!」アタフタ

萩村「…///」ギュッ

津田「は、萩村?!一体何を…///」

萩村「…い、いいよ…//////」ウルウル

津田「な、何が…//?」ドキドキ

萩村「津田となら…///その…ゴニョゴニョ」

津田「(や、ヤバイ!!何か勘違いされてる気がする!それに良いって…何が…!?)」

萩村「わ、私…じゃ…ダメ//?」ジィー

津田「(こんな顔されたら断れない!いや、断れる筈がない!)」

萩村「…た、タカ……トシ//?」

津田「Σ!!?」


短いですがここまで…続きはのちほど…ノシ
9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 11:22:24.41 ID:mpWAvxP2O
なんで「しぐま」なんて言ってるのか理解できません(すっとぼけ)

話は面白い
13 : ここななか 2014/06/03(火) 13:22:20.00 ID:Yv88Iawt0
あはは、ごめんなさい、訳もわからず投稿してます

それと指摘等ありがとうございます。続き書きます!


津田「は、萩村…えっと…///」

萩村「……なに//?」ジィー

津田「俺なんかで…良いの?」

萩村「つ、津田だからいいの///」ギュッ

津田「(これって、つまりそう言うことだよな?そうでいいんだよな!?)」

津田「は、萩村!俺さ、その…気持ちは嬉しい!だけど…ごめん」

津田「その、やっぱり順序があって!そのいきなりするのはえっと…その///」アセアセ

萩村「スゥ……スゥ……」

津田「って…萩村?…寝てる…?」

萩村「…津田?…むにゃむにゃ」

津田「まさかの寝惚けていたパターン!?」

津田「はぁ…なんていうか…今のはヤバかった///」ドキドキ

ピロロロロ?♪

津田「ぅぇ?い!?で、電話か…コトミか」

ピッ

津田「どうしたんだ、コトミ?」

コトミ「あ、タカ兄♪今日は遅いけど何かあったの?」

津田「え?あ、もうこんな時間か…気付かなかった」

コトミ「タカ兄が時間を忘れるまで夢中になるなんて……まさかタカ兄!ついに童○を!?酷いよタカ兄!私というものがありながら何処の馬の骨の女か分からない人にあげるなんて!」シクシク

津田「コトミ…それはない!断じてない!」

コトミ「じゃあ何してたの?」

津田「萩村と一緒に勉強してたけど?」

コトミ「保健体育という名の実技だね♪」

津田「…っ…//」

コトミ「あれ、いつもならツッコミが来る筈なんだけど…タカ兄まさか、本当に!?」

津田「え?あ、いや…そんなこと無かったぞ!うん!ただ普通に勉強してただけだから」

コトミ「あれあれ?なんか今日のタカ兄は分かりやすいですな?♪」ニヤニヤ

萩村「うるさいわね?…なんなのよ?」ムクリ

津田「あ、萩村が起きたから切るな?もう少ししたら帰るから」

ピッ ツー,ツー,ツー…

コトミ「ちょっ…た、タカ兄!?もしもーし?あらら、切られちゃったか」

コトミ「ムフフ…これは帰ってきたら詳しいことを聞かなくちゃ♪」



とりあえず一旦切り

はぁ、覚えることが沢山あるみたいですね、アドバイスや指摘あればお願いいたします。
16 : ここななか 2014/06/03(火) 14:19:40.25 ID:mBljbMsZ0
津田「ごめん、萩村…うるさかったよな?」

萩村「…少し…」

津田「…すみません…」ペコッ

萩村「別にいいわよ…もう7時ね、どうするの?」

津田「え?あー…コトミが心配?してるみたいだし…そろそろ帰るよ」

萩村「なんで、疑問系なのなよ…」

津田「まぁ、いつものことだよ」

萩村「なるほどね、じゃあ片付けましょう…」

津田「あ、うん(やっぱりさっきのって寝惚けてたんだよな?)」ジィー

萩村「なによ?私の顔になんか付いてる?」ジトー

津田「え?いや、なんでもない」

萩村「…ねぇ…津田…」

津田「ん?なに?」

萩村「津田はどうして、私と一緒に居てくれるの?」

津田「どうして…って…そりゃ、楽しいからかな?それに萩村と一緒に居ると普段は見れないような顔とか見せてくれるし…」

萩村「そ、そう…///(でもそれだけなのね)」

津田「それにさ、萩村はどうか知らないけど…一緒に居るだけで幸せ…とか、俺頑張ってるな…って思えるんだよ。萩村が居なかったら成績だって悪くてきっと赤点ばかりだったかもしれないし、感謝してるんだよ俺なりに」

萩村「…津田…(そっか、私と同じなんだ…私も津田と一緒だと幸せ、それに頑張れるって思える…なんか嬉しい…えへへ♪)」ニコッ

津田「やっぱり…萩村は可愛いな」

萩村「っ///!!」カアァァァ

津田「やっぱり萩村と一緒だと安心できるよ…笑ってる萩村結構好きだし」

萩村「す、すす好き!?」

津田「え?あ…うん…好きだ…///」

萩村「私のこと…好き///?」

津田「好きだ…///」

萩村「本当に//?」 

津田「本当に好きだ//」

萩村「好きな女の子として…好き//?」

津田「うん、一人の女性として好きだ…///」

萩村「つ、津田…じゃあ…ギュッ…ってして///」

津田「…わかった///」ギュッ

萩村「えへへ…///」ギュッ

スズ母「津田くーんよかったらご飯食べ…t」ガチャ

津田「」
萩村「」

スズ母「あらあら、お邪魔みたいだったわね…今日の津田君のメインディッシュはスズちゃんだったのかぁ?」

津田「いや!ちがっ…これはですね///」

萩村「そ、そう!これはその欧米風の挨拶で//!」

スズ母「そっかぁ、そっかぁ♪じゃあ今夜はお赤飯ね♪それじゃあ、後はお若い二人でごゆっくりと」バタン

津田「話を聞けえぇぇぇ!!」
萩村「話を聞けえぇぇぇ!!」

おしまい

おすすめSS