1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 08:50:03.47 ID:wKxNz+ca0
緒花「え?」タラー

菜子「はい、ティッシュ」

緒花「ああ!ありがと!」

民子「最近多くない?」

緒花「私鼻弱いから」

菜子「ティッシュ持ち歩かなきゃダメだよ」

緒花「はーい」

民子「・・・」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378165803/

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 08:54:51.13 ID:wKxNz+ca0
http://i.imgur.com/qfw861g.jpg
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 09:04:11.56 ID:wKxNz+ca0
緒花「はぁー今日も疲れた」

菜子「お風呂入ろっか」

緒花「うん!」

民子「・・・」



緒花「はぁー!さっぱりした!」

菜子「私は帰るね」

緒花「うん、また明日ね!」

菜子「またね」

民子「・・・」

緒花「ああ、なんか頭痛い。のぼせたかな」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 09:15:02.42 ID:wKxNz+ca0
民子「これ」

緒花「ん?箱ティッシュ?」

民子「枕元に置いて寝な」

緒花「ああ、ありがと」

民子「どうせ鼻血で布団汚すから」

緒花「大げさだなぁみんちは」

民子「頭痛いのは治った?」

緒花「もう治まったよ!のぼせただけだから!」

民子「そう」

緒花「うん!」タラー

民子「!」

緒花「おおおー!」

緒花「ティッシュが手元にあって助かったよ。ありがとみんち」

民子「・・・」
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 09:27:31.50 ID:wKxNz+ca0
BBA「緒花は昔から鼻が弱い子だと聞いているよ」

民子「でも少し異常だと思います」

BBA「慣れない仕事で身体が参ってるんだろう」

民子「でも・・・」

BBA「お客様の前で鼻血を出したことがあるかい?」

民子「多分ないと思います・・・」

BBA「緊張が解けたときにフッと出てしまってるんだろう」

民子「・・・」

15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 09:40:31.69 ID:wKxNz+ca0
徹「あ!?緒花がなんだって?」

民子「だから鼻血!」

徹「あー、そういやあいつよく鼻血出してるよな」

民子「変じゃないですか?」

徹「え?何が」

民子「いくらなんでも出過ぎじゃないですか」

徹「鼻が弱いって言ってたからそのせいなんだろ」

民子「鈍感」

徹「あ?なんか言ったか?」

民子「いえ、なにも」

18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 09:49:51.73 ID:wKxNz+ca0
客「緒花ちゃんと菜子ちゃんを見てると元気が出てくるよ」

緒花「ありがとうございます!」タラー

菜子「お、緒花ちゃん!」

緒花「んん!?」

客「こりゃ大変だ、はい、これで拭きなさい」

緒花「すみません!」

菜子「申し訳ありません、失礼します」

客「頑張り過ぎないようにね」

緒花「はい」

22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 09:59:53.84 ID:wKxNz+ca0
BBA「お客様の前で鼻血を出したのかい?」

緒花「すみません!でも、なにも汚していません!」

BBA「お客様に不快な思いをさせてしまったことは分かっているね?」

緒花「はい、すみません」

民子「やっぱりおかしいです!」

BBA「民子は黙ってなさい」

民子「・・・」

BBA「緒花、明日は一日休みなさい」

緒花「はい」

BBA「まだ何か言いたいことがあるかい?民子」

民子「いえ・・・ありません・・・」

24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 10:12:54.03 ID:wKxNz+ca0
民子「あんたこの前頭痛いとか言ってたよね」

緒花「あーのぼせた時ね」

民子「鼻血も出てた」

緒花「あのダブルパンチはキツかったなー」

民子「・・・」

緒花「なに?どうしたの?」

民子「一度病院行った方が」

緒花「明日休み貰ったからそれで体調良くするよ!」

民子「・・・」

25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 10:27:27.93 ID:wKxNz+ca0
縁「緒花ちゃんのご両親?」

民子「はい」

縁「僕の姉さんが母親なのは知ってるよね」

民子「はい、でも父親はどんな方なんですか?」

縁「緒花ちゃんの父親はね、15年前に亡くなってるんだよ」

民子「え?」

縁「それ以来姉さんは1人で緒花ちゃんを育ててきたんだよ」

民子「・・・」

縁「あんな人だけどね、緒花ちゃんもすっかりしっかり者だよね」

26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 10:31:00.71 ID:wKxNz+ca0
民子「その、緒花の父親はどうして亡くなったんですか」

縁「ん? なんか病気だったらしいよ、詳しくはよく知らないけど」

民子「そうですか・・・」

縁「にしてもどうしたのさ急に、緒花ちゃんの両親のことなんて」

民子「いえ、特に理由は」

縁「まあ気になるよねえ、あの姉さんからしっかり者の緒花ちゃんができるなんて」

民子「はあ」

縁「あの姉さんだからあの緒花ちゃんになったのかな」

民子「はあ」

徹「おーい民子!ちょっと来い!」

縁「お、呼んでるよ」

民子「あ、はい! ありがとうございました」

縁「はーい」

縁「・・・」

28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 10:48:51.93 ID:wKxNz+ca0
http://i.imgur.com/9bnDCCT.jpg
29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 11:08:01.08 ID:wKxNz+ca0
縁「緒花ちゃんの様子、やっぱりおかしいよ」

BBA「皐月から何か聞いているかい?」

縁「ああ、やっぱり早く病院に連れて行ったほうが」

BBA「16歳の子には酷だねえ・・・」

縁「姉さんにももう一度話してみるよ」

BBA「民子にも話しておやり」

縁「え」

BBA「あの子はとっくに気付いているよ」

縁「そうだね・・・」

30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 11:23:00.57 ID:wKxNz+ca0
民子「女将さん!」

BBA「おや、どうした?」

縁「あ、ちょうど良かった、緒花ちゃんのことなんだけど」

民子「緒花が!大変です!」

縁「ええ??」

民子「急に倒れました!」

BBA「縁、すぐに緒花を病院に連れていきなさい」

縁「でも、救急車を・・・」

BBA「馬鹿言うんじゃない、仮にもここは旅館。お客様がいらしてるんだよ」

縁「分かった」
31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 11:29:36.14 ID:wKxNz+ca0
民子「緒花! しっかりしろ!」

巴「緒花ちゃんどうしたの!」

緒花「ちょっと気持ち悪い・・・」

菜子「緒花ちゃん・・・」

縁「すぐに病院に連れていくから!」

徹「おい!緒花! なにがあった!?」

民子「・・・」

BBA「仕事に戻りなさい」

徹「でも」

BBA「お客様を待たせる気かい」

徹「はい・・・」
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 11:38:25.56 ID:wKxNz+ca0
菜子「緒花ちゃん大丈夫かな・・・」

民子「・・・」

菜子「みんち?」

民子「あいつ、よく鼻血出してた」

菜子「ここのところよく出てたね」

民子「明日、病院行ってくる。菜子も行く?」

菜子「うん・・・」

菜子「じゃあ、また明日ね」

民子「うん」

34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 11:52:01.39 ID:wKxNz+ca0
民子「ゴミ箱に血のついたティッシュだらけ・・・」

民子「よいしょっと」

民子「シーツにもついてる・・・」

民子「緒花、どうなったんだろ・・・」

民子「そろそろ寝よっかな・・・」

民子「・・・」

民子「」スースー
35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/03(火) 11:54:03.84 ID:wKxNz+ca0
緒花「おはよみんち!」

民子「ああ!!?? 緒花!?」

緒花「おほ!? なに大声だしてるの?」

民子「だって昨日病院に・・・」

緒花「病院? 昨日はずっとここで休んでたじゃん。 おかげで今日は元気だよ!」

民子「・・・あぁ、夢かぁ」

緒花「どんな夢みたのかな!」

民子「・・・」

緒花「えへ」タラー

民子「緒花、また鼻血出てる」

fin.


エンディング "Bring me to life" Evanescence

おすすめSS