1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 16:49:01 ID:u0q6h3Rg

「貴様は何者だ!?」


「豚小屋出身家畜以下のメス豚です!!」


「ちょっと!通過儀礼の時のマネしないでよ!!てか、メス豚まで言ってないわよ!」


「アハハハ、悪い悪い。あの出来事が衝撃的過ぎて、未だにお前を見る度に思い出しちまうんだ」


「ひっどーい!!」


「ちょっと、みんな!そういうことをミーナに言っちゃ駄目でしょ!」


「ご、ごめん、言い過ぎたよ、ミーナ」


「本当にすまん!許してくれ!」


「あなた達…クリスタが来てから態度変わりすぎ」



まったくもう……豚小屋出身家畜以下は私なんだからね

引用元: http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1390031341/

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 16:49:52 ID:u0q6h3Rg

それにしてもミーナは羨ましいなぁ…皆から豚小屋出身家畜以下って認識されてるから、叩かれ放題だもん

私も早く、罵られて…叩かれて……愛されたい

あの時の……お母さんみたいに



「おい、クリスタ。何ぼーっとしてんだ?」



やっぱり親友のユミルに頼もうかな…



「ん?手相でも見てくれるのか?」



この手で頬を叩かれたら、凄く良い音が鳴って、痛くて、気持ち良いんだろうなぁ
3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 16:51:13 ID:u0q6h3Rg

でも……



「…本当にどうしたんだ?具合が悪いなら医務室で休めよ」



ユミルにだけは……嫌われたくない

きっと打ち明けても、ユミルは変わらず私と一緒にいてくれるはず

だけど…頭では理解してるけど、やっぱり…ユミルに嫌われるのが…怖い



「…大丈夫だよ、ユミル。私は元気だよ」


「そうか?ならいいが…」



…うん、ユミル以外の人に愛して(虐めて)もらおう
4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 16:52:27 ID:u0q6h3Rg

私の秘密を打ち明けても、周りにバラしたりせずにいてくれて、私をいっぱい愛してくれる人……ユミル以外にいるかな?



「クリスタ!今は訓練中だ!集中しろ!」


「ご、ごめんなさい、エレン」



エレンか……秘密は守りそうだし、Sっぽいから激しく愛してくれそうだなぁ……



『どうだ?気持ち良いか?』


『ハイ!気持ち良いです!もっと殴ってください!蹴ってください!』


『メス豚の分際でご主人様に命令するとは…生意気だな。この鞭で、体中痣だらけにしてやる!』


『ありがとうございます!ありがとうございます!』



良い!凄くイメージに合う!
5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 16:53:33 ID:u0q6h3Rg

でも……エレンは巨人一筋で女性に興味ないし、何よりミカサが可哀想だもん

いや、待って…ミカサも一緒に混ざれば……



「オイ!集中しろって言ってんだろ!!」


「ご、ごめんなさい!」


「まあまあ、そんなに大声あげたら馬がびっくりして暴れちゃうよ?」


「この程度で驚いてたら、巨人と遭遇した時に使い物にならねぇだろ」


「別に訓練所にいる馬は巨人と会う機会は無いと思うよ」


「ぐっ…アルミンはすぐ、ああ言えばこう言うよな」


「唯一エレンに勝てるとこだからね」


「すっげードヤ顔だな。正直殴りてぇ」
6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 16:55:56 ID:u0q6h3Rg

「乗馬中じゃ、さすがのエレンも殴れないでしょ?」


「言ったな…よーし、殴ってやるよ!」


「あれ?今は訓練中でしょ?集中しなくちゃ駄目でしょ?」


「く、くそおお!」


「ふふふ、本当に二人は仲がいいんだね」



やっぱりアルミンは凄い、一言一言に頭の良さが滲み出てる

もし、アルミンが私を愛してくれるなら…
7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 16:57:03 ID:u0q6h3Rg

『ほら、蝋が君の背中に垂れちゃうよ?』


『ぜひ、垂らしてください!』


『あれ?おかしいな、豚が人間の言葉を喋るはずないんだけど…豚じゃ無いなら蝋も垂らさなくていっか』


『た、垂らしてください!豚小屋出身家畜以下のメス豚である私に!蝋燭の蝋をたっぷり垂らしてください!』


『だからそうじゃないって言ってるだろ!君は豚なんだ!ブヒブヒ言ってればいいんだよ!』


『ぶひぃ!ぶひぶひぃ!!』


『そうだ、良い子だね。じゃあ望み通り、たっぷりと垂らしてあげる』


『ぶひぃぃい!!』
8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 16:57:51 ID:u0q6h3Rg

「ぶひぃぃい!!」


「「え?」」


「あっ」


「「………」」



や、やっちゃったぁぁああ!?完全に豚語喋っちゃったああ!!

エレンとアルミンだけじゃなく、お馬さん達もポカーンってなってるし!
9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 17:00:08 ID:u0q6h3Rg
とりあえずここまで

夜の投下で完結せます

ではまた
12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 21:59:25 ID:u0q6h3Rg

「な、何でも無いの!今のは忘れて!」


「いや、無理だろ。完全に今、『ぶひぃいい!!』って言ってたろ」


「い、言ってないよ!り、立体機動装置の部品が余ってたかな?って考えてたら、つい『ぶひぃん』って言っちゃったのよ!」


「そうなのか?」


「……別に大したことじゃなさそうだし、今は訓練に集中しようよ」


「それもそうだな」



な、何とか誤魔化せた……あ~恥ずかしかった
13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:00:50 ID:u0q6h3Rg

最近、妄想と現実の境目がわからなくなる時がある…やっぱり溜まってるのかな?

一刻も早く、ご主人様を見つけないと…



「…クリスタ、次はあなたが襲う番」


「う、うん…じゃあいくよ!」



主席確実と言われているミカサ…

色々と相談もする仲だし、何より……力が強い!

ミカサならきっと……



「…ミカサ、私を殴って」


「?…どうして?」


「理由は後で話すから…試しに私を殴ってみて」
14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:02:07 ID:u0q6h3Rg

「そこまで言うのなら…」



ぺしっ



「…もっと強く」


「………」



べしっ



「もっと!」


「クリスタ」


「どうして!?もっと強く、全力で殴ってよ!私を愛してよ!!」
15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:03:06 ID:u0q6h3Rg

「…対人格闘訓練は殴り合いではない。如何に相手を制圧するかであって、暴力ではない。だから……あなたの求めるモノは得られない」


「………ごめん」


「こちらこそごめんなさい。私は仲間であるあなたをこれ以上強く殴ることは出来ない。もし、そういうことを求めるのなら…もっと適任な人がいるはず」


「うん…」


「それと…このことは誰にも話さないから、安心して」


「ありがと…ミカサ」


「…そろそろ訓練が終わる。食堂に行きましょう」



優しいミカサには無理だったみたい…



「…………ユミル、少し話がある」
16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:03:43 ID:u0q6h3Rg

…ミカサは駄目だったけど、一つだけわかったことがある

相手はやっぱり女性が良いな…お母さんと同じ……女性が…



「どうしました?クリスタ。食欲が無いのなら代わりに私が食べてあげましょうか?」



サシャか…サシャも優しいから難しいかも

でも、もしサシャが私を愛してくれるなら……



『クリスタは本当に美味しいですね。次はどこを食べて欲しいんですか?お尻ですか?胸ですか?それとも…クリスタのクリスタですか?』


『全部!私の全身を隈なく噛んで!食べて!』


『ふふふ、我侭な豚さんですね。じゃあメインディッシュのクリスタからいきましょう。刺激が強いので漏らさないようにしてくださいね』


『ぶひぃぃいい!』
17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:04:31 ID:u0q6h3Rg

「ぶっ」


「ぶ?」



ま、また豚語を喋るとこだった…

食堂で「ぶひぃぃいい!」なんて叫んだら、社会的に終わっちゃうもんね…それも捨て難いけど



「…ちょっと体調が悪いみたい。だから私の分、サシャにあげるね」


「本当ですか!!ありがとうございます!!……でも、体調が悪いのなら尚更、少しでも食べておいたほうがいいですよ」



やっぱりサシャは優しいなぁ……サシャに頼むのは諦めよう
18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:05:14 ID:u0q6h3Rg

……いえ、一つだけサシャに愛してもらう方法が…



「大丈夫だって。ほら、私が食べさせてあげるね。あーん」


「え?…ちょ、ちょっと恥ずかしいですね…では遠慮なく、あーん♪」



ぱくっ



「イッ!」


「!?す、すいません!まさか指があるとは思わなかったので…!」


「だ、大丈夫だからそんなに慌てないで」
19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:06:17 ID:u0q6h3Rg

「で、でも!血が出てますよ!」


「これぐらい舐めればすぐに治っちゃうよ」



血が出るほど強く噛んでくれた……嬉しい



ちゅぱっ、れろっ…



「あ、あの…ク、クリスタ?さすがにそんな風に舐めると、その…色々とマズイですよ。周りの男子もいやらしい目で見てますし…」


「へ?……あっ」



ま、またやっちゃったぁぁあああ!!
20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:07:35 ID:u0q6h3Rg

「ク、クリスタ!残りのゴハンは全部頂いちゃいますよ?」


「う、うん!食べちゃって!」


「……エロかったな」


「確かにそうだけど……今の君の顔はちょっとキモ過ぎるよ、ライナー」



慌てて食堂から逃げ出したけど…な、何てことをしてしまったんだろう…

ご主人様に舐めるよう、命令されてると妄想して、夢中で指を舐めちゃった…

あぁ…これから男子から突き刺さるような、いやらしい目で見られちゃうんだろうなぁ………あれ?むしろご褒美かも?
21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:08:42 ID:u0q6h3Rg

…ん?あれは…アニ?

あんなところで何してるんだろう?



「こんなところで何してるの?」


「……今、怪しい奴らが訓練場をうろついてたんだ。あんた…何か知ってる?」


「怪しい人達?……ごめんね、私も心当たりないよ」


「そう……」
22 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:09:43 ID:u0q6h3Rg

アニは背が低いのにとても強いし、ちょっとSっぽい…

それに……とても女王様が似合いそう…



『蹴ってほしいのなら、私の足を綺麗に舐めな』


『はい!喜んで!』


『無様な格好…もっと足の指の間を綺麗に掃除しな』


『女王様の足…とても美味しいです』


『ふっ、そんなに踏まれながら足を舐めるのが気にいったんなら、一生私の奴隷にしてもいいけど?』


『ありがとうございます!!』
23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:10:44 ID:u0q6h3Rg

「うへへへ…」


「…あんた、頭でも打った?可愛い顔が台無しだよ」


「あ、待ってアニ!お…お願いがあるの…」


「……何?」


「わ…私のことを……蹴ってほしいの!見下しながら踏んづけてほしいの!」


「………早く医務室に行きな」


「ち、違うの!別に頭を打ったわけじゃない…これが本当の私なの」
24 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:11:41 ID:u0q6h3Rg

「………私は蹴るぐらいなら別にいいけど」


「本当に!!」


「でも……後ろの保護者がそれを許さないだろうね」


「え?」


「クリスタ…」


「ユ、ユミル!?」


「…それじゃ私は行くよ」


「おう、悪いな…あと」


「わかってる、このことは誰にも言わない」
25 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:12:28 ID:u0q6h3Rg

「ありがとな、アニ」


「別に……ま、暇つぶしにはなったよ」


「…で、どうしてあんなことをアニに言ったんだ?」


「そ、それは……」


「そんなに暴力を振るわれたいのか?」


「……うん」


「……わかった。私がやってやるよ」


「…本当に?」


「あぁ」
26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:13:37 ID:u0q6h3Rg

やっぱり最初からユミルに頼めばよかった!

これでたくさんユミルに愛してもらえる!



「クリスタ…」



ぎゅっ…



「…え?」



だ、抱きしめられちゃった…
27 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:14:43 ID:u0q6h3Rg

「お前がどんな人生を歩んできたかわからない…だがな、暴力を受けることが愛されることじゃないんだ。こうやって優しくされることが愛されることなんだ」


「……でも、お母さんはこんなことしてくれなかった…お母さんは私を突き飛ばし、私を殺せなかったことを後悔してた!それが愛情表現なんでしょ!?私はお母さんに愛されてたんでしょ!?」


「クリスタ…」



そうじゃないと…私は…私は!!



「確かに…お前は誰からも愛されてこなかったかもしれない」


「違うもん…私は愛されてたんだもん…」
28 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:16:05 ID:u0q6h3Rg

「……私も皆から蔑まれながら生きてきたから、お前の気持ちがよくわかる」



…ユミルも?



「生きてることを…お前という存在自体を、否定されてきたんだろ?」


「…うん」


「だが…過去のお前じゃなく、今のお前はどうだ?皆から否定されてるか?」


「…心の中ではそう思ってるかもしれない」


「本当にそう思うのか?なら、お前を心配してくれた奴らはそうなのか?」



私を心配?
29 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:17:14 ID:u0q6h3Rg

「例えばミカサだ。元々ミカサから暴力が愛情表現だと、お前が勘違いしてるって聞いたんだ」



言わないって約束したのに…



「そういや伝言もあったな。『女性は嘘をつく生き物』って言ってたぞ」


「…ふふ、確かにそうかも」


「それと食事の時もアルミンに呼び出されて、『クリスタの様子がおかしいから、傍で見ててあげて』って言って心配してくれてたぞ」



だからユミルは食事の時にいなかったんだ…



「そして食堂で飯を食おうとしたら、サシャがお前の指を噛んだって聞いたから殴っといた」
30 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:18:17 ID:u0q6h3Rg

「それは私がわざとやったのに…」


「あぁ、わかってるって…それにサシャもお前のことを心配して、今医務室に包帯を貰いに行ってるぞ」



包帯って…そんなに大怪我じゃないのに…



「お前をこんなにも心配してくれているあいつらが、お前の存在を否定してると思うのか?」


「………思わない」


「だろ?今のお前は皆から必要とされているんだ…愛されてんだよ」


「私が…愛されてる……?」


「もちろん私が一番、お前を愛してるからな!」


「うん……」
31 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:19:34 ID:u0q6h3Rg

「今まで愛されてこなくて、心がスカスカになっちまってんなら…私の愛で満たしてやるよ」


「ありがと……ユミル」


「泣くなって…嬉しい時は笑うんだろ?」


「うん……ユミル」


「何だ?」


「私も…ユミルの心を満たしてあげるからね」
32 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/18(土) 22:20:53 ID:u0q6h3Rg

「あぁ…ありがとな。これからは二人でお互いに支えながら生きていこうな」


「うん!」



私は愛されてる……みんなから…ユミルから、愛されている

もう死にたいと思わない…この先の人生(みち)もユミルと一緒に歩みたい

だって、私は…生きてて良いのだから



Fin

おすすめSS