1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 10:37:19.72 ID:siVEQdws0

八幡「え?なんて?」

雪乃「私が葉山君と付き合ったのは知ってると思うけど…」

八幡「うん、そうだな。で、それで相談事ってなに?」

雪乃「ええ…比企谷くんには色々感謝しているの」

八幡「…」

結衣「…」

雪乃「相談事というのは…うまく言えないのだけれど…」

雪乃「彼との恋愛が上手くできないのよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433813829

引用元: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433813829/

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 10:42:00.75 ID:siVEQdws0
八幡「…俺に相談することか、それ?」

雪乃「でもこんなこと、あなたや由比ヶ浜さんくらいにしか相談できないわ」

八幡「葉山に相談しろよ…あいつこの手の事は慣れっこだろ」

雪乃「そうなんだけど…葉山君もなぜか奥手になってるみたいで」

雪乃「今、彼に相談できる雰囲気じゃないのよ」

八幡(なにこれ?なんでか葉山を殴りたくなったんですけど…?)

八幡「で、俺に相談かよ…」

結衣「ゆきのんは隼人くんのこと好きなんだよね?」

雪乃「ええ」
3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 10:48:41.89 ID:siVEQdws0
八幡「……」

八幡(葉山と雪ノ下が付き合ってる…しかも本当の意味で)

八幡(バレンタインにチョコレートを渡した雪ノ下)

八幡(その辺りから、二人の関係は変わってきたか)

八幡「好きなら、後は適当にデートしてりゃいいだろ」

結衣「ヒッキーそれは冷たいよ…」

八幡「恋愛してない俺に聞くことじゃねぇだろ」

雪乃「それは…ごめんなさい」
4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 10:53:22.39 ID:siVEQdws0
八幡(葉山と折本らで以前行ったのは…)

八幡「普通に服を買いに行ったり、映画見たり、葉山おすすめのカフェで飯食べたり」

八幡「そのルートでいいんじゃね?」

結衣「それって、前にヒッキーが辿ったルートじゃないの?」

八幡「まあそうだけど」

雪乃「葉山君はそれで喜んでくれるかしら…」

結衣「怖いんだね、ゆきのん」

雪乃「溝が深かったから…」

八幡(雪ノ下、葉山を嫌ってるように見えたしな…幼馴染でもほとんど交流がなかったらしいし…)
5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 11:01:33.51 ID:siVEQdws0
結衣「いいじゃん!まずやってみようよ!今度隼人くんと行く時はそれで!」

雪乃「ええそうね、試してみるわ」

結衣「で、服装はゆきのんが前に買ってた…」

八幡(あ、ここからは女子の領域だな)

八幡(3月になって二人で話す機会を作ったり、俺は影で色々動いた…)

八幡(もっと時間を要すると思ってたが、思いのほか二人の距離が縮むのは早かった…)

八幡(ていうか、俺は内心完全に破たんしてほしかったように思うけどな…)

八幡(で、4月現在、葉山と雪ノ下は付き合ってるといった現状だ…)
15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 16:28:47.27 ID:1U3Kdc9o0
八幡(しかし、二人が付き合うようになった歪みは思いのほか大きかった)


~回想~


八幡「それで…三浦の様子って」

海老名「うん、今泣き止んでね。なんとか体裁は保ってるかな」

八幡「…」

海老名「ねえ、これって」

八幡「葉山だって、誰かと付き合う時がくるだろ…それが雪ノ下だったってだけだろ」

海老名「そうだけど…なんでいきなり」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 16:39:07.33 ID:1U3Kdc9o0
八幡(で、もう一つの問題点は…)

~回想~

一色「先輩…雪ノ下先輩…葉山先輩と…」

一色「付き合ったんですよね」

八幡「ああ…」

一色「そうですか…残念です」

一色「ホントに……」ヒックヒック

八幡「一色…ごめん」

一色「なんで先輩が謝るんですかぁ…まるで先輩に告白したみたいじゃないえすかぁ」

八幡「そうだな」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 16:42:59.36 ID:1U3Kdc9o0
一色「いいんです…二人は美男美女でお似合いですから…」

八幡「で?お前どうすんの?」

一色「わかりません…しばらく一人にしてください」

八幡「わかった…」


八幡(と、まあこんな感じで一色もかなり落ち込んでた…)

八幡(それから…俺も少しおちこんだ)

八幡(別に雪ノ下のことが好きだったというわけじゃないだろうけど…)

八幡(なんだろうな、この感じは…)
19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 16:46:15.68 ID:1U3Kdc9o0
コンコン ガラ

葉山「すまない…お邪魔していいかな?」

雪乃「あ…葉山くん?」

結衣「あ、隼人くん」

葉山「えっと…雪乃ちゃん…に用があって来たんだけど…」

雪乃「そ、そう…なにかしら?」

葉山「できれば一緒に帰ろうかなって思ってさ」

結衣「あ~いいじゃん!そうしなよ!」
20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 16:49:56.40 ID:1U3Kdc9o0
葉山「結衣…あんまり大声で言わないでほしいな…照れくさいから」

結衣「あ、ごめん」

雪乃「そうね、一緒に帰りましょうか」

葉山「うん、ありがとう」

八幡(これだ…人の家に他人が土足で上がりこんでくる時の微妙な気持ち…)

八幡(おそらく小町が彼氏を家に連れてきたら、こんな気持ちになるだろう…)

葉山「比企谷もいいかな」

八幡「俺に許可求めるなよ…雪ノ下がいいって言ってるだろ」

葉山「ああ…すまない」
21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 16:54:56.23 ID:1U3Kdc9o0
雪乃「本当に先に帰っていいの?」

結衣「大丈夫だよ!鍵はあたしが戻しておくからさ!」

葉山「すまない、結衣。比企谷もありがとう」

八幡「おう」

スタスタ

結衣「行っちゃったね」

八幡「おう…」

結衣「でも…よかったよ~!」

八幡「嬉しそうだな」

結衣「うんそりゃそうだよ!だって…」
22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 16:58:23.87 ID:1U3Kdc9o0
結衣「優美子があんなに落ち込んで…いま、分断状態だしさ…」

結衣「それであの二人も、恋人状態が微妙だったりしたら…救えないじゃん」

八幡「確かにな…」


八幡(…俺はいつの間にか、この場所を我が家のように感じてたのかもな…)

八幡(そこから巣立っていく雪ノ下を少し寂しく思ってたのかもな…)

八幡「しかし…」

結衣「えへへへ~~!…ん?なに?ヒッキー?」

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 17:01:45.75 ID:1U3Kdc9o0
八幡「お前、本当にそれだけか?そのわりには…なんか変だ」

結衣「え?そんなことないよ?」

結衣「それに…ヒッキーはゆきのんの幸せ願えないの?この1年色々あったのに!」

八幡「いや…そんなことねぇよ…願ってるっての…」

八幡(そうだな…俺的にも雪ノ下が喜ぶ方がいいに決まってる)

結衣「じゃあ、一応解決でいいじゃん!ね?」

八幡「はいはい」

八幡(しかし…由比ヶ浜の態度は含みがある気がする…)
26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 17:09:55.34 ID:1U3Kdc9o0
八幡(葉山は良い奴だろう…性格は俺の対極と言える)

八幡(空気は読めるし、二股とかもしないし二枚目で体力もある)

八幡(喧嘩がどの程度強いかはよくわからんが、その辺りの馬鹿に負けるなんてことはない)

八幡(理想の彼氏だろう。ただ、希薄さがあるだけで…)

八幡(また、雪ノ下とは家族ぐるみの付き合いだし、ああいう家系の煩わしさにも精通している…おいおい完璧じゃねえか)


結衣「ねえ、ヒッキー!帰りサイゼ寄って行こうよ!」

八幡「ん~そうだな、いいよ」

結衣「あ、ヒッキーが優しい」

八幡「うっせーよ」
27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 17:16:43.56 ID:1U3Kdc9o0
それからしばらく経って…

八幡(暑い…残暑が厳しい季節になってきた…もう9月だな…)

八幡「暑い…学校行きたくねぇ…」


雪乃「比企谷くん、おはよう」

八幡「おう、雪ノ下か…おはよう」

雪乃「今日も暑いわね」

八幡「そうだな…夏休みも色々しんどかった」

雪乃「勉強もしないで遊び呆けていたでしょう?」

八幡「そ、そんなことねぇよ…」
29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 17:20:18.64 ID:1U3Kdc9o0
雪乃「日焼けの跡がなによりの証拠になるわ」

八幡「うぐ…」

雪乃「奉仕部はもうないけれど…平塚先生に怒られないようにね」

八幡「ああ…ていうか、雪ノ下ちょっと変わったよな」

雪乃「そうかしら?」

八幡「社交的になった気がする」

雪乃「隼人くんのおかげかしらね」

八幡「隼人くん…ね」
30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 17:27:04.54 ID:1U3Kdc9o0
雪乃「なに?」

八幡「なんでも…」

雪乃「あなたも変わったわね…明るくなった気がするわ」

八幡「そりゃどうも…今では彼女もいますしね」

雪乃「ふふ」


葉山「雪乃ちゃん、おはよう」

雪乃「あら、隼人くん。おはよう」

八幡「…」

葉山「比企谷もおはよう」

八幡「おう…焼け取るな相変わらず…」

葉山「君に言われたくないが…」
31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 17:32:34.96 ID:1U3Kdc9o0
雪乃「もうすぐ予冷の時間ね、少し急ぎましょう」

葉山「そうだな、急ごう」

八幡「ああ」


キーンコーンカーンコーン

八幡(9月…葉山と雪ノ下は順調に付き合っていた。雪ノ下も前より綺麗に、器用になった気がする)

八幡(多分だが、身体も重ねてるだろうな…)

八幡(そういうシーンを想像すると、やはり葉山を殴りたくなる…)

八幡(これって嫉妬?まあ、奉仕部は引退だしもう活動は終了してるからな…)

八幡(で…俺はというと)



32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 17:35:30.29 ID:1U3Kdc9o0
結衣「ヒッキー、おはよう!」

八幡「おう」

結衣「相変わらず、ヒッキーてばノリ悪い」

八幡「お前に夏休み中引っ掻き回されたからな…テンション下がってんの」

結衣「もう~楽しかったじゃん!」

八幡「へいへい、そうですね」

結衣「もう、拗ねないでよ~!」

八幡(俺は結衣と付き合ってるわけで…)
34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 17:40:43.57 ID:1U3Kdc9o0
八幡(一色はあれから元気になって、今誰かと付き合ってんのか?良くわからんが)

八幡(三浦たちは、葉山らとちょっとひと悶着あって…戸部と葉山も少し冷戦中…)


八幡「なあ、結衣。そういえば」

結衣「なに?」

八幡「前に、雪ノ下と葉山を仲良くさせようって言ったの…お前だっけ?」

結衣「う~んどうだったかな~忘れたけど…」

八幡「ま、いいか」


八幡(そんなわけで、微妙なわだかまりはまだ残ってる…ハッピーエンドってわけにはいかないかね…)

八幡(やっぱり人生は苦いな…苦すぎる)


おわり

おすすめSS