1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:29:03.18 ID:wqNl583m0
『8月某日/昼』

男「へえ、大きな家だなあ」

女「ふふ。そうかな。普通だと思うよ?」

男「俺の実家、マンションだから新鮮だよ」

女「……これからは、ここもあなたの実家みたいなものだよ」ニコッ

男「……そうだな。それじゃ、お邪魔しまーっす」

女「はい。いらっしゃいませ」ガチャ

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1367839743/

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:31:05.53 ID:wqNl583m0
女「リビングはこっちだよ」

男「あ、ちょっとトイレ借りていいか?」

女「うん。そこの突き当たりを右に行ったとこ」

男「わかった」

女「私、お昼ご飯の用意始めちゃうねっ」

男「お、女の手料理久しぶりだな。楽しみだ」

女「腕によりをかけて頑張ります!」ニコッ
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:33:44.18 ID:wqNl583m0
男「ふう~。人の家のトイレってなぜか落ち着かないよなあ」

男(そういえば、今日は女のご両親は居ないんだっけ)

男(旅行だって言ってたけど、後日改めて挨拶しないとな)

男(俺と女は、婚約したんだもんな……)

男(……そういえば、妹も居るんだったか)

男「きっと、女に似て性格の良い、美人な娘なんだろうな」

男「さ、手洗って出るか」ジャー

ガチャ……
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:36:02.71 ID:wqNl583m0
???「……ねえ」

男「え?」

???「もしかして、おねーちゃんの彼氏さん?」

男「あ、ああ、そうだけど。君が妹の……」ジーッ

男(うわ、家の中とは言えショートパンツにTシャツって)

男(目のやり場に困るな。それに……胸とかデカいし……)
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:38:09.15 ID:wqNl583m0
義妹「もう、どこ見てるの?」

男「え!? い、いや別に」チラッ

義妹「……ふーん。おねーちゃんにしては、上出来かも」

義妹「おにーさん、カッコイイよ」クスクス

男「そ、そうかな。ありがとう。これからよろしく。義妹ちゃん」

義妹「そうだね。よろしくお願いします。おにーさん♪」
10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:40:28.68 ID:wqNl583m0
『リビング』

女「あ、義妹ちゃん。もう帰ってたんだ」

義妹「うん。今日の部活は午前だけだから」

女「そっか。紹介が遅れたけど、この人が私の……」

義妹「彼氏さん、でしょ? 顔を見るのは初めてだけど」

義妹「カッコイイ人だね、おねーちゃん」ニコッ

男「いやいや、そんなことないよ」

女「ううん。男くんカッコイイよ?」ニコッ
11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:42:21.75 ID:wqNl583m0
義妹「うんうん。それで、この人がおねーちゃんの夫になるんだよね」ニヤニヤ

女「も、もう! 恥ずかしいからあまりからかわないでっ」

男「ははは。まあ、これからよろしくな。義妹ちゃん」

女「男くんと、仲良くしてね」

義妹「うん。そうだね。私、おにーさんの妹になるんだもんね」

義妹「……仲良く、しようね」
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:44:16.11 ID:wqNl583m0
『リビング/ソファ』

男「義妹ちゃんは、高校生だっけ?」

義妹「うん。女子校なんだー」

男「へえ~。何か部活とかやってるの?」

義妹「バスケ部だよ。結構強いんだ」

男(バスケ部か……。確かに、このムチムチとした太ももは
  日々の運動があってこそだよなあ。スタイルも良いし……)

義妹「おにーさん、どうしたの? ボーッとして」ジーッ
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:46:22.25 ID:wqNl583m0
男「な、何でもないよ。俺も高校時代はバスケやってたんだ」

義妹「そうなんだあ。じゃあ、今度一緒にやろーよ。友達も一緒に、ね?」

男「さすがに、女の子ばかりだと落ち着かないなあ」ハハ

義妹「えー、絶対楽しいのになあ~」

男「まあまあ。冗談はそのくらいにして」

男「女。何か手伝うことはないか~?」

女「大丈夫だよ。ありがと。もうちょっとで出来るから待っててね」ニコッ

義妹「ねえねえ、おにーさん。一緒にゲームしよーよ」

男「え? ああ。じゃあやろっか」

義妹「ぷよぷよでバトルだよ~」

義妹(…………ふふっ)
14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:49:02.47 ID:wqNl583m0
女「あ! いけない……お醤油切らしちゃってる」

男「ん、俺が買ってこようか?」

女「ううん。男くんは家に居て? すぐに買ってくるから」

義妹「おねーちゃん、私が行こうか~?」

女「大丈夫。義妹ちゃんは男くんと遊んでて?」

義妹「はーい。それじゃあ、行ってらっしゃい」

男「気をつけてな~」

男(女は相変わらずどこか抜けてるなあ)ハハ

男(まあそこも可愛いんだけどさ)

男(それにしても、義妹ちゃんと二人きりか……)

男(……なんか、落ち着かないな)

義妹「…………」
16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:51:25.53 ID:wqNl583m0
義妹「ね、おにーさん」

男「ん? なに?」

義妹「ゲームも飽きちゃったし。何か他のコトしよーよ」

男「え? 他の事って……」

義妹「夏休みの宿題、まだ全然終わってないんだあ」

義妹「おにーさん高学歴なんでしょ。わたしのセンセーになってよ」

男「まあ……俺に分かる範囲であれば教えてあげられるけど」

義妹「それじゃ決まり。わたしの部屋に行こっ?」

男「へ、部屋?」ドキッ

義妹「だって、ここじゃ集中できないんだもん。ほら、2階だよ」ギュッ

男(や、ヤバい。腕に胸が……)

男(ま、まあ……宿題手伝うだけ、だしな)

義妹(……ふふっ)
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:53:20.30 ID:wqNl583m0
『義妹の部屋』

義妹「どーぞ♪」ガチャ

男(やばい……何か良い香りが……)スンスン

義妹「とりあえず、そこに座っててね。お茶用意してくるから」

男「あ、ああ」

男(しかし、あまり女と似てないなあ)

男(顔立ちはともかく、性格はまるきり逆だ)
18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:55:14.21 ID:wqNl583m0
義妹「お待たせ。はい、麦茶で良かった?」コトン

男「ありがとう。それで、何を教えればいいんだ?」

義妹「ええっと……やっぱり数学かなあ。おにーさん理系?」

男「まあ、そうだね。理系科目なら教えられるかな」

義妹「さすが、頼りになるね。よろしくね、センセー」ニコッ

男「お、おう」

男(なんか、緊張するな……)ドキドキ
21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:57:12.76 ID:wqNl583m0
『15分後』

男「それで、ここはこうして……」カキカキ

義妹「…………」

男「……? 義妹ちゃん、どうしたの?」

義妹「……ねえ、おにーさん。ちょっと聞きたいコトがあるんだけど」

男「なに?」

義妹「…………」

義妹「おねーちゃんと、今まで何回エッチしたの?」
24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 20:59:13.32 ID:wqNl583m0
男「え!? ……は?」

義妹「だからあ、どれくらいおねーちゃんと、セックスしたの?」

男(な、何を言ってるんだこの子は)

男(わけがわからない……)

義妹「…………ふふっ」ジーッ

男「えっと、それは……」

男「そ、それより、義妹ちゃんパソコンとか持ってるんだね。女の子なのに珍しいね~」ガタン

男「あっ!!」

義妹「きゃっ」ビシャッ
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:01:11.15 ID:wqNl583m0
男「ご、ごめん。麦茶が……大丈夫?」

義妹「……うん。ヘーキだよ。もう、おにーさん慌てすぎだよお」クスクス

男「ほんとごめん。何か拭くものは……」キョロキョロ

義妹「……そこ、ハンカチがあるでしょ?」

男「ああ、これか」スッ

男「はい。テーブルの上も拭かないと……」

義妹「ねえ、おにーさん」

男「ん?」

義妹「……拭いて? そのハンカチで、私の濡れたところ」
27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:03:17.26 ID:wqNl583m0
男「濡れた……ところって」

義妹「ほらあ、ここだよ」クスクス

男(ここって……胸、だよな)ドキッ

男「流石にそれは……」

義妹「おにーさんのせいで、こんなに濡れちゃったんだよ?」

男「う……」

男(仕方ない、俺のせい、だもんな)ゴクリ

義妹「ほら、はやくう」

男「…………」スッ

義妹「んっ……」
30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:05:12.18 ID:wqNl583m0
男(しかしこの大きな胸……意識するなって方が無理だ)ドキドキ

男「……こ、これでいいかな」

義妹「……うん。よくできました」


ガチャ…… 

女「ただいま~」

義妹「あ、おねーちゃん帰ってきたね」

男「そ、そうだな。じゃ、俺は先に下に降りてるから!」ダッ

義妹「あっ、行っちゃった……」

義妹「……かわいいなあ、おにーさん」
32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:07:11.16 ID:wqNl583m0
『夜/玄関』

女「車に気をつけてね、男くん」

男「ああ。遅くまで悪いな。今度はご両親が居る時に来るよ」

女「うん。ちゃんと紹介するね」

男「……えっと、義妹ちゃんは?」

女「んー、何か調子悪いみたいで、部屋に居るみたい」

男「そっか。なあ…女」スッ

女「あっ……んっ」チュッ

女「……んもう、いきなり……キス、するなんて。義妹ちゃんも家に居るのに」カアア

男「明日からまた仕事だから、中々会えないしさ」

女「……そうだね。頑張ってね。男くん」ニコッ

男「ああ、それじゃお邪魔しました」ガチャ
34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:09:48.48 ID:wqNl583m0
『夜/帰路』

男「ふう……」

男「あの子……義妹ちゃん」

男「一体どんな意図があって俺に……」

『おねーちゃんと、何回エッチしたの?』

男「…………」

男「忘れよう。うん、それがいい」

ヴー ヴー ヴー

男「ん? メールかな」

男「……知らないアドレスだ」
36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:12:05.08 ID:wqNl583m0
gimai-ro-kyu1113@xxx.ne.jp
件名:義妹だよー
添付ファイル xxx.jpg

おねーちゃんからアドレス聞いちゃった♪
勉強のコトとか教えてほしーから。
いいでしょ?
今後もわたしと仲良くしてね?
おにーさん。
37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:13:03.28 ID:wqNl583m0
男「義妹ちゃん!?」

男「……女からアドレス聞いたのか」」

男「ん? この添付ファイルは……」ポチ

男「!?!?」

男「これは……あの時の写真!?」

『……拭いて? そのハンカチで、私の濡れたところ』
『おにーさんのせいで、こんなに濡れちゃったんだよ?』

男「こんなもの、いつの間に……」

男「…………」

男「……とにかく、今は何も考えないようにしよう」
39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:14:42.05 ID:wqNl583m0
『数日後/自宅』

男「ようやく今週も終わりか」ドカッ

男「さて、ビールでも飲みながらゆっくりしますかね」カシュッ

男「…………」ゴクッゴクッ

男「……」

男(あの日以来、未だ義妹ちゃんからのメールは送られていない)

男(写真の件もあるし……何となく嫌な予感がしていたけれど)

男「……取り越し苦労だったかな」

男「明日は何するかな。休みだし、女とデートでも……」

ヴー ヴー ヴー
41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:16:54.12 ID:wqNl583m0
男「……メール、か」

男「……!!」

男「義妹ちゃんから?」

義妹ちゃん
件名:でーと
添付ファイル xxx.jpg

おにーさん、久しぶりだね。
この数日、わたしのコトどれくらい考えた?
突然だけど、明日おにーさん休みでしょ?
全部知ってるんだから。
デートしよ。おにーさん。
11時に○○駅前で待ち合わせだよ。
遅れないでくること。
それじゃ、バイバイ。
43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:18:42.29 ID:wqNl583m0
男「……いきなりデートって、義妹ちゃんは何を……」

男「!? この添付ファイルは……」

男(写真だ。義妹ちゃんの)

男(胸を強調するようなポーズ……艶めかしい表情)

男「こんな写真……俺に送ってどうするつもりなんだ……」

男(しかし、本当にエロい身体だな……)

男(……だ、駄目だ。この子は女の妹なんだ)

男「はあ……。とりあえず、寝よう」
46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:21:18.46 ID:wqNl583m0
『翌日/駅前/11時』

男(時間通りに来てみたけど……)

男(本当に義妹ちゃんは来るんだろうか……)

男(からかわれているだけだったり……)

義妹「おにーさんっ」トン

男「うわっ、義妹ちゃん」ビクッ

義妹「ふふっ。おにーさん、今日もカッコイイね」

男「あ、ありがとう。義妹ちゃんこそ……うっ」

男(ミニスカート、そんなに短くていいんだろうか……)

男(真っ白で肉付きのいい太ももが……)ゴクリ

義妹「おにーさん。もうっ、どこみてるの?」クスクス

男「……え? あの、可愛いなと思って」

義妹「ほんと? エッチな目してたよ?」
49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:23:39.75 ID:wqNl583m0
男「し、してないって。それより、どこに行くんだ?」

義妹「その前に……」クルッ

男「え?」

義妹「おにーさん、今日はどうして来たの?」

男「……? どうしてって、誘ったのは義妹ちゃん……」

義妹「おにーさん、おねーちゃんの彼氏でしょ? これって浮気にならないかなあ~?」

男「そんなことは……、義妹ちゃんは、女の妹なわけだし……」

義妹「ふうん。女の子としては見ていないって意味かな?」

男「え? まあ……うん」

義妹「ふふっ、まーいっか。それじゃ行こう? おにーさん」ギュッ

男「え? ちょっと行くってどこに……」

義妹「付いてくればわかるよー」

男(義妹ちゃんが行きたい場所って……)

男(どこなんだ……?)」
53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:25:51.43 ID:wqNl583m0
『午後/遊園地』

義妹「あはは。楽しいね~、遊園地」

男「義妹ちゃん元気だなあ。俺なんかもう体力が……」ハア

義妹「え~? まだ遊び足りないよお」ギュッ

男「はあ……。ちょっと、休憩しようか」

義妹「じゃあ、そこのベンチに座ろー?」

男「あ、俺飲み物買ってくるよ」

義妹「わあっ。おにーさん優しい~」
56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:29:13.03 ID:wqNl583m0
男「えっと、コーラとオレンジジュースで」

店員「400円になりまあす」ニコッ

男(今日はどうなるかと思ったけど)

男(なんてことはない。義妹ちゃんも普通の女の子なんだ)

男(遊園地に行きたいだなんて……)

男(義妹ちゃんも普通の女の子なんだな)クスッ

男(このまま何も起こらなければいいけど)
57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:30:16.99 ID:wqNl583m0
男「お待たせ、義妹ちゃん。コーラとオレンジジュースどっちがいい?」

義妹「わたしはオレンジがいーな。ありがとね」

男「……ふう」ドスン

義妹「…………」

男「…………」

義妹「ねえ、おにーさん」

男「ん? なに?」

義妹「おにーさんは……。私のコトどう思ってるの?」ジーッ

男「ええ!? どう思ってるって……」ドギマギ

男(めちゃめちゃエロい……とは言えないよなあ)

義妹「ねえ……答えてよ……おにーさん」ウルウル
59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:32:33.16 ID:wqNl583m0
男(こ、これはまさか……)

男(これまで義妹ちゃんが俺にいろいろとヘンな事をしてきたのは)

男(まさか……俺に惚れているからなのか?)

男(でも俺には女が……)

男「え、えっと義妹ちゃん……」

義妹「……なーんて♪ 冗談だよ? おにーさん」クスクス

男「へっ?」

義妹「真剣な顔したおにーさんも、かわいいね」ニコッ

男「……大人をからかうもんじゃないよ」

義妹「ふふっ。ね、おにーさん。最後にお願いがあるんだけど聞いてくれる?」

男「……ああ。なに?」

義妹「私と一緒に……」

義妹「観覧車に乗ってほしいの」
60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:35:11.51 ID:wqNl583m0
『遊園地/夕方/観覧車』

義妹「良い眺めだね~。おにーさん」

男「そうだなあ」

男(観覧車なんて久しぶりに乗ったな)

男(女は高所恐怖症だから、女の子と乗るのは初めてだ)

義妹「ねえ、おにーさん」

義妹「今日は、楽しかったよ」

男「そっか。それは良かった」

義妹「ふふっ。おにーさんも?」ジーッ

男「ああ、もちろん。偶には遊園地もいいもんだなあ。良い息抜きになったよ」

義妹「そっか。それじゃ、私から一つ、お礼させて?」

男「ん? お礼?」

義妹「今日デートしてくれたお礼」

男「そんなの別に……」

義妹「……ねえ、隣に座ってもいい?」スッ
65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:38:05.14 ID:wqNl583m0
男「あ、ああ」

義妹「…………」ムニュ

男(そ、そんなにくっつかれると胸が……)

義妹「…………」

男「ぎ、義妹ちゃん?」

義妹「ねえ、おにーさん」

義妹「今日、デートの間ね。ずーっと私のおっぱい見てたでしょ」

男「!? そ、そんなことは……」

義妹「バレてないとでも思ったの? 女の子は結構気づくものなんだよ」クスクス

男「……すいません」

男(だって……あんな柔らかそうで大きい胸、見たこと無いし)

義妹「まあ、おねーちゃんは私ほどおっぱい大きくないもんね~」

男「……まあ、そうだな」

義妹「……ねえ、おっぱい、触らせてあげよっか」
68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:40:21.85 ID:wqNl583m0
男「!?!?」

義妹「触りたいんでしょ? おっぱい。ずーっと見てたもんね」

男「それは……、で、でも……」

義妹「ここなら、だーれも見てないよ? さわり放題だよ?」クスッ

男「…………」ゴクリ

義妹「……もう、度胸ないなあ、おにーさん」スッ

男「ちょ、なにを!?」

男(いきなり、義妹ちゃんが膝の上に……!?)

義妹「ほらあ、こうすれば触りやすいでしょ?」ムニュ

男(や、やばい……そんなに押しつけられたら……!)

男「……っ」バッ
70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:43:36.10 ID:wqNl583m0
義妹「あんっ。もう……おにーさん焦りすぎい」

義妹「もっと優しく、ゆっくりさわって?」

男「……はあ、はあ」ムニュムニュ

義妹「うわ−、やらしい手つき。おねーちゃんのおっぱいも、こうやって触ってるんだ」

男「はあっ……、はあっ」スンスン

義妹「犬みたいに匂い嗅いでるおにーさん、かーわいい」クスクス

義妹「……おっぱい、直に触りたい?」

男「…………っ」コクリ

義妹「しょーがないなあ。……はい、どうぞ」プルンッ

男「!? …はああっ!!」スーハー

義妹「きゃんっ。急に顔埋めないでえ」

男(なんて……柔らかくて……張りがあって……気持ちいいおっぱいなんだ)

男(もう、死んでもいいかもしれない……)
74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:46:29.87 ID:wqNl583m0
義妹「ふふっ。おにーさん、赤ちゃんみたい。私のおっぱい、吸いたいのかな?」

義妹「でもね、残念だけどおっぱいは出ないんだよ?」クスクス

男「はあ、はあ……」ペロ

義妹「ん……乳首気持ちいいよ。おにーさん」

男「んむっ、ちゅぱっはふう……」

義妹「結構、上手だね。わたしも興奮してきちゃった」

男「はあ、あむっ……んむっ……」」

義妹「……はい、おしまい」スッ

男「……え?」

義妹「おにーさん、暴走しすぎだよ。これ以上はおあずけ」

男「そ、そんな……」

義妹「ふふっ。そんなに私のおっぱいが気持ちよかったの?」

男「…………」

義妹「ほら、ちゃんと言わなきゃわからないよ?」
78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:49:10.83 ID:wqNl583m0
男「……気持ちよかった、です」

義妹「ふふっ、そっかあ。それじゃあ、ちゃんと言えたおにーさんに、ご褒美あげる」

男「……!?」

義妹「おにーさんのココ。こーんなに勃起しちゃって。ぱんぱんだねっ」クスクス

男「義妹ちゃん、そこは……」

義妹「いーのいーの。時間はまだたっぷりあるんだよ? それに……」ジーッ

義妹「私のおっぱいに、そんなに耐えられるとは思えないけど?」スッ

男「う、うああ」ボロン

義妹「うーわあ、これがおにーさんの勃起おちんぽかあ」スンスン

義妹「くっさーい。私のおっぱい舐めて、こんなに膨らませちゃって」

義妹「……ふふっ。お仕置き決定だね」ムニュ

男「ああっ。うっ……」ビクビクッ
81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:52:48.63 ID:wqNl583m0
義妹「パイズリ、してもらったことある? おねーちゃんじゃ出来ないよね?」

男「あっ……ない、よ」ハアハア

義妹「そっかあ。じゃあ、パイズリ童貞頂きだね。んっんっ」ズリュズリュ

男「うあああっ、それ、義妹ちゃん、やばい……って」

義妹「えー? まだ始めたばっかりだよ? それに……」ペロ

男「!?!?」

義妹「ここからはもーっと気持ちよくしてあげるんだから」ズリュッムニュッ

男「ちょ、義妹ちゃん!?」

男(ぎ、義妹ちゃんが……俺のを口に……!?)

男(義妹ちゃんの唾液が……ぬるぬるして……ああっ……!)

義妹「ふふっ。ふぇら、きもひいいれひょ? おにーはん」ジュルップチュッ

男「あああああ、うあああああっ」ガクガク
82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:56:17.74 ID:wqNl583m0
義妹「ふふっ。こんらに、がくがく、ひて、かあいいね」ニュッジュルッ

男「ああ、パイズリと、フェラ、気持ち、よすぎる……!」

義妹「んっ、ちゅぱっ、はむっ、んんっ! じゅっぽっ、じゅるっ」

男「あああ、もう、限界……」

義妹「あむっ、おにーひゃん、イくの? わたひの……おっぱいと、くひで」ズッチュ

義妹「ひいよっ。ひっぱい、ひーっぱいくちのにゃかで、んむっぶちゅっ」ニッチュ

男「ああああああ!! イクうううっ!!」ドピュッ

義妹「んあっ! ぶちゅっんああ、あむっ、ずっちゅちゅぱっ……」

義妹「はむっ……ああんっ……」ゴクッゴクッ

男(ぎ、義妹ちゃんが……俺の精子、飲んでる……)ガクガク

義妹「んああっ……んぐっ。……ふふっ。ごちそうさま」

男「はあ……はあっ……」

義妹「……義妹にイかされちゃったね。おにーさん♪」クスクス
85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 21:59:31.51 ID:wqNl583m0
『数日後/自宅/夜』

男「ようやく今週も終わり……か」

男「…………」

男(あれから、義妹ちゃんから毎日メールが届くようになった)

男(主に俺をからかうような内容に、1枚の写真を添えて)

男(その写真も、太ももをアップで撮ったもの、パンツ姿、お尻、腋など様々だ)

男「一体、義妹ちゃんは何を考えているんだ」ハア

男「だけど……」

男「写真、消すのはちょっともったいないよな……」

男「あ~。駄目だだめだ。義妹ちゃんは女の妹なんだぞ」

男「しっかりしろよ、俺」ブルブル

ヴー ヴー ヴー

男「ん? メールか」

男「……また義妹ちゃんから」
88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:02:37.30 ID:wqNl583m0
義妹ちゃん
件名:バスケしない?
添付ファイル xxx.jpg

明日、おにーさんお休みでしょ?
わたしが部活でバスケやってるの、話したよね?
実は、わたしの友達がおにーさんと遊びたいんだって♪
うちの学校に来てくれない? きっと退屈させないから。
じゃ、お昼過ぎにね。おやすみなさい。おにーさん。

男「…………」

男「……友達って、女子校のか」

男「うーん……。男一人は気まずいなあ」

男「でも……」

『添付ファイル xxx.jpg』

男(義妹ちゃんの、おっぱい。太もも。お尻……)

男「…………」

男「まあ、バスケするだけなら、いいか」

男「そうと決まれば、今夜ははやく寝よう」
89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:05:08.54 ID:wqNl583m0
『翌日/午後/○○女子校前』

男「ええっと……ここで、いいのかな」キョロキョロ

義妹「あ、おにーさん。こっちこっち」ブンブン

男「ああ義妹ちゃん。って……その格好」

義妹「ん? どうしたの?」

男(義妹ちゃんの体操服姿……胸が、目立ってエロいな……)

義妹「ふふっ。おにーさん、またエッチな目してるよ?」クスクス

男「あっ! え、えっと……バスケだっけ、体育館でやるの?」

義妹「そだよ。午前は部活で使ってたけど、午後は空いてるからね~」

義妹「居残り練習させてくださいってセンセにお願いしたんだあ」

義妹「貸し切りだよ? カシキリ♪」

男「そ、そっか。それで、友達は?」

義妹「中で待ってるよー。ほら、おにーさん。はやくはやくう」ギュッ

男(バスケするだけだ……。何もやましいことなんてない……はず)
91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:08:22.37 ID:wqNl583m0
『午後/体育館』

義妹「みんなー。おにーさん連れてきたよ♪」

友A「わあ、かっこいい人だね」パアア

友B「こんにちは! おにーさん」

友C「今日はよろしくお願いします!」ペコリ

友D「一緒にバスケ、楽しみましょう」ニコッ

男「どうも、男です。よろしくね」

男(よかった……。みんな良い子みたいだ)ホッ

男(まあ割と偏差値高い学校みたいだし、これなら安心だな)

友A「それじゃ、さっそくバスケやりましょう!」

友B「ほらおにーさん、こっちこっち♪」

友C「6人だし、3on3でいいよね」

友D「義妹ちゃんも、はやくきてー」

義妹「わかってるよー」

義妹「……ふふっ。おにーさん、今日は楽しもうね♪」
92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:11:51.13 ID:wqNl583m0
友A「はい、おにーさん!」

男「おう! ……っ、いくよっ友Cちゃん」ダムダム

友C「はい! よーっし」シュッ

友A「ないっしゅー友Cちゃん!」

男「ナイッシュー」フウ

義妹「あーあ、おにーさん上手すぎるよ」ペタン

友B「ほんとほんと。もうクタクタだよお」

友D「さすがに、汗かき過ぎちゃったかなあ……」

男(……汗、か)

男(考えてみれば、いま俺ってすげー羨ましい状況なんじゃ)

男(体操服姿の女子高生5人に囲まれてバスケなんて)

男(やばっ。考えたら興奮してきた……)ギンギン

義妹「おにーさん、ぼーっとしてどーしたの?」ジーッ

男「えっ!? いや何でもない。それより」

男「義妹ちゃんたちは普段から体操服で練習してるのか?」
95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:14:30.02 ID:wqNl583m0
友A「いえ。普段は練習用のウェアなんですけど」

友B「午前の部活でいっぱい汗かいちゃったんで」

義妹「おにーさんのために、『体操服』に着替えたんだよ」クスクス

男「え? それって……」

友C「だって……男の人と会うのに、汗臭かったら嫌じゃないですかあ」

友D「まあ、結局びしょびしょなんですけどね~」

男「はは……そっか」

男(びしょびしょ……女子高生の、汗……)ジーッ

義妹「…………」

義妹(おにーさん、ほんと可愛いなあ)

義妹「ふふっ。またお礼、してあげなきゃねっ」
97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:16:48.03 ID:wqNl583m0
義妹「それじゃ、そろそろ終わろっか」

友A「そうだね~。はあ、疲れたあ」

友B「でも、今日は楽しかったよねえ」

友C「おにーさんと一緒だったしね」

友D「また、来てくださいね? おにーさん」ニコッ

男「あ、ああ。みんなお疲れ」

男(はあ……。流石に疲れたけど)

男(女子高生とバスケできるなんて、滅多にないしな)

義妹「…………」
98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:18:33.36 ID:wqNl583m0
義妹「……ねえ、おにーさん」

男「ん? なに?」

義妹「これから、私たちはコートの簡単なお掃除しちゃうから」

義妹「おにーさん、ボールを体育館倉庫に片付けてくれないかな」

男「わかった。えーっと、倉庫は……」キョロキョロ

友A「あっちですよー」

男「ああ。あそこか。ようし」ゴロゴロ

義妹「…………」

義妹「それじゃみんな、行こっか」クスクス
100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:21:12.86 ID:wqNl583m0
『夕方/体育館倉庫』

男「ボールはここに置けばいいのかな」

男「……これでよし。それにしても」

男「体育館倉庫ねえ……」

男「何かこうしていると、学生時代に戻った気分になるなあ」

男「跳び箱とか、マット運動とか」

男「大人になったらやらないしなあ」

男「…………」

男「さて、俺もみんなの掃除を手伝うとするか」クルッ

ガチャン……

義妹「おにーさんっ」
102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:23:53.99 ID:wqNl583m0
男「……義妹ちゃん、それにみんなも」

男「どうしたの? 鍵なんてかけて」

義妹「ふふっ。せーの」

友A「えーい!!」

友B「どーん!!」

男「うわっあああああ」バタン

男「あいたた。一体何が……」

友A「あはっ。おにーさんの腕ふっとーい」

友B「男の人って、たくましいね~」

男「ちょ、ちょっと!!」

男(じょ、女子高生が、俺の両腕に……)

義妹「ふふっ。おにーさん、赤くなってかわいーね」パシャッ

義妹「女子高生2人にくっつかれて、マットに寝そべるおにーさん」

義妹「こんな写真。おねーちゃんに送ったらどうなるかなあ」クスッ

男「なっ!?」
104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:26:47.66 ID:wqNl583m0
義妹「なーんて。冗談だよ」クスクス

男(い、一体、何を考えてるんだ……義妹ちゃん)グッ

友A「あんっ。腕、動かさないでくださいよお」

友B「もう、おっぱいに当たっちゃいます」

男(はっ! 女子高生のおっぱいが押しつけられて……)

男(それに、汗と女の子の匂いが混じって、何か……)ボーッ

義妹「……おにーさん」

男「…………っ」

義妹「おにーさん。興奮してるでしょ」ジーッ
108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:29:13.50 ID:wqNl583m0
男「し、してない」

義妹「うそ。だって……」スッ

義妹「おにーさんのココ、こんなに膨らんでるよ?」スリスリ

友C「うわあ。おにーさん、勃起してるの?」

友D「おにーさんって、変態さんだったんだあ」

男「な、なんでこんなことを……」

義妹「だって、おにーさん。バスケしてる間もずーっと私たちのこと」

義妹「エッチな目で見てたでしょ?」

男「なっ……!?」

友C「気づいてるんですよ? 私たちのおっぱいとか」

友D「太ももを追いかけるおにーさんの視線に」

義妹「だからね? エッチなおにーさんにはお仕置き」

男「お仕置き……」
110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:32:26.18 ID:wqNl583m0
友A「ねえ、おにーさん。おっぱい触りたい?」

友B「触りたいんですか? おにーさん」

男(……ああ。もうどうにでも、なれ)バッ

友A「あんっ。いきなり激しいよお」

友B「もう、友Aちゃんだけじゃなくって、私も~」

義妹「あーあ。欲望に負けて、女子高生のおっぱい触ってる~」

義妹「とんだ変態だね。おにーさんは」クスクス

友C「それじゃ、お仕置きだね」

友D「こーんなに膨らんで、痛そうだね」ジーッ

男「っ……!?」ボロン

友C「わあっ、汗と混じって、ヘンな匂いだね」

友D「私たちで、こんなに大っきくしちゃったんだあ」

男(ああ……女子高生に見られている……)
113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:35:56.46 ID:wqNl583m0
友C「変態なおにーさんには、足で十分だよね」

友D「そうだね。すぐイッちゃいそうだしね」

義妹「ふふっ。女子高生に足蹴にされるのは、どんな気分?」

男「はあ……はあっ」

男(もう、何も考えられない……)

義妹「なんにも喋れないの? だらしないなあ」クスクス

友C「指でぐにぐにされるの、気持ちいいですか?」

友D「頭のところ、擦ったらどうなるのかな?」

男「……っはあ! そ、そこは……」

友C「ビクビクして可愛いね、おにーさん」

友D「もっと気持ちよくしてあげるからね」

男「はあっ……ううっ……」

義妹「おにーさん」スッ
115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:38:27.38 ID:wqNl583m0
義妹「私だけ仲間外れなんてひどいなあ」

義妹「ほらっ」

男(……? なんだ? 義妹ちゃんが俺の顔の上に……)

男「……!? ぐむっ!」

義妹「ほら、私の『ココ』舐めていーよ?」

義妹「女子高生のアソコ。生で見たことないでしょ?」

男(ああっ……すげーイイ匂いだ)

男(義妹ちゃんの……汗かいたアソコ……)

男「っふ! ふむっ……すー、はあああ」

義妹「あんっ♪ もうおにーさん犬みたい」クスクス

義妹「そんなに慌てなくても、わたしは逃げないよー」フリフリ

男「ふうっ、はあっ! ぺろ、ぺろぺろ、んっ、ちゅっ」

義妹「もう、くすぐったいよお。それじゃ、私も舐めてあげるね?」スッ

男(……!? 女子高生の足コキに加えて)

男(義妹ちゃんのフェラまで……!!)
116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:41:09.85 ID:wqNl583m0
義妹「うわあ、運動後だけあって、おにーさんのおちんぽ、くっさーい」

義妹「はむっ。むちゅっ、じゅぽっじゅるるっ」

友C「義妹ちゃん、次、私も舐めていいかなあ」

友D「ずっるーい。私も~」

友A「その次はわたしだよ~」

友B「もう、みんなあ。仲間外れ禁止~」プクー

男「はあっ……うあああっ!!」

男(もう……そろそろ、出る……)

友C「うっわあ、義妹ちゃんの口で、おにーさんビクビクしてるね~」

友D「私たちも、もっとがんばろーね」ギュッギュッ

男「ちょっ……そんなに激しく……」
119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:44:17.80 ID:wqNl583m0
義妹「じゅるっ……んむっ……はむっ……。おにーさん、もうイッちゃうの?」

男「はっ……ああああっ……」ビクビクッ

義妹「もう、仕方ないなあ。じゃあ、私たちにかけていーよ♪」

男「ああ……やばい……もうっ」

義妹「あむっ……ずりゅ…ちゅっ、ずりゅ……にっちゅっ」

友C「おにーさんイッちゃうの? 義妹ちゃんのフェラでイッちゃうの?」

友D「女子高生に足コキされて、射精しちゃうの?」

義妹「ほら……、おにーひゃんっ、いっれ……ひいよ……じゅるるるるるるるっ」

男「ああああ!!! やばっ!! い、イくっっっっ!!!!!!」ドッピュドピュッ

友C「あんっ、熱いのがいっぱいだよお……」

友D「あーあ、イっちゃったね。ソックスがぐちょぐちょだよ?」

義妹「ずりゅりゅ……ちゅぽ……ふふっ。気持ちよかった? おにーさん」

友A「あーん。ずるいよみんなあ。私たちも」ペロ

友B「おにーさん、まだまだ頑張ってもらうよ~」ペロペロ

男「ああっ……はあっ……」
121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:48:51.49 ID:wqNl583m0
『夜/帰路』

男「…………」

義妹「~~~♪」テクテク

男「なあ、義妹ちゃん」

義妹「ん? なあに? おにーさん」クルッ

男「もう、こんなことはやめよう」

義妹「……こんなことって?」

男「その……今日みたいなことだよ」

男「こんな事、やっぱり駄目だ。俺は女の彼氏だし」

男「君は女の妹だ! 今更かもしれないけどさ……」

義妹「……ふーん」

男「だから、今後はもう……」

義妹「ねえ、おにーさん」

男「…………」
124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:52:09.76 ID:wqNl583m0
義妹「おにーさんさ、おねーちゃんと結婚するつもりなんでしょ?」

男「あ、ああ。そのつもりだよ」

義妹「そっか。そうだよね。私、おにーさんの妹になるんだよね」

男「まあ……そうなる、かな」

義妹「……ねえ、今からする質問に、正直に答えてくれる?」

男「え?」

義妹「…………」ジーッ

男「ああ、わかった」

義妹「ふふっ……」

義妹「おねーちゃんとセックスする時と、わたしにエッチなコトされてる時」

義妹「どっちの方が気持ちよかった?」

男「……なっ!?」
126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:55:07.90 ID:wqNl583m0
義妹「どっちの方が、興奮した?」クスクス

男「うっ……そ、それは……」

義妹「…………」

男「……義妹ちゃんの方、かな」

義妹「……ふふっ。うれしーな」ニコッ

義妹「わかった。もう、終わりにしてあげる」

男「……!!」

義妹「ただし、条件が一つあるよ?」

男「……条件って?」

義妹「ふふっ。今日から2週間、射精しないこと」

男「え……!? それってつまり」
129 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 22:58:20.81 ID:wqNl583m0
義妹「いわゆるオナ緊だね。あ、おねーちゃんとのセックスも
    もちろん禁止だよ? 精子を出しちゃ駄目なんだから」

男「…………」

義妹「わたしの言うとおりにしてくれたら、今後はこういうコトしないよ」

義妹「2週間後。最後に、とーっておきのご褒美あげて、終わりにしてあげる」ニコッ

男「……とっておきの、ご褒美?」ゴクリ

義妹「約束を守ってくれたら、死んじゃうくらい気持ちいいコト、してあげるよっ」クスクス

男「…………」

男(律儀に従う必要なんてないけど)

男(撮られた写真の事もあるしな……)

男「わ、わかったよ」

男「……それで、やめてくれるのなら」

義妹「ふふっ。それじゃ、またメールするからね。おにーさん」タッタッタ

男「…………」

男「義妹、ちゃん……」
131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:01:39.73 ID:wqNl583m0
『1週間後/自宅/夜』

男「はあ……やっと、休みか」

男(まだ1週間……)

男(一応、オナニーはしてないけど……)

男(別に、義妹ちゃんに従う必要なんてないんだよな……)

男(監視されているわけでもないんだし……)

男(……でも)

『約束を守ってくれたら、死んじゃうくらい気持ちいいコト、してあげるよっ』

男「……ご褒美……」

ヴーヴーヴー
132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:04:22.15 ID:wqNl583m0
男「……また義妹ちゃんからメールか」

男(ここのところ毎日、写真を添えたメールが送られてくる)

男(内容は他愛ないもの。新学期の出来事、部活の話題が中心だ)

男(しかし、写真は欠かさず、一枚ずつ添付されている」

男(きわどい写真ばかりだ。俺の性欲を刺激しようとしてるんだろうか)

男「こんな写真、全部削除してしまえば……」

男「……でも」

男(義妹ちゃんの胸、太もも、下着……。色んなものが、目に焼き付いて離れない)

男「……くっ。もう、今夜は寝よう」
134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:06:53.00 ID:wqNl583m0
『同時刻/女実家』

女「最近、男くんの顔見れてないなあ」

女「一応、メールのやりとりはしているけど」

女「体調とか、崩してないか心配だよ……」

義妹「あ、おねーちゃん。どしたの? 浮かない顔して」

女「え? ああ。義妹ちゃん。ちょっと、男くんのことでね」

義妹「おにーさんのこと? あ、ひょっとして、浮気されたとか?」
135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:09:11.00 ID:wqNl583m0
女「ええ? そんなこと無いよお。男くん、そういうコトできない人だから」

義妹「……ふーん。おねーちゃん、おにーさんのコト信じてるんだね」

女「うん。大好きだから、当然だよ」ニコッ

義妹「…………」

義妹「まあ、おにーさんならきっと大丈夫だよ」ニコッ

女「……! そ、そうだよね。今度の週末に顔見に行ってみるよ」

義妹「うん。そうしなよ」

女「それじゃ、私お風呂入るね~」バタン

義妹「いってらっしゃーい」

義妹「……あと一週間だね、おにーさん♪」
138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:12:19.77 ID:wqNl583m0
『2週間後/自宅/夜』

男「ようやく、週末か……」

男(なんとか、2週間耐えきったぞ)

男「…………」

『わたしの言うとおりにしてくれたら、今後はこういうコトしないよ』

『最後に、とーっておきのご褒美あげて、終わりにしてあげる』

男「……とっておきのご褒美ってなんだろう」

男「って! 義妹ちゃんは女の妹なんだ。やましいコトを考えるな……」ブンブン

男「ふう……。ビールでも飲むかな」

ピンポーン
139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:15:02.72 ID:wqNl583m0
男「ん? 誰だ? こんな時間に」

ガチャ……

女「……こんばんは。男くん」

男「あ、女か。どうした?」キョトン

女「えっと、最近お仕事とか忙しくって、なかなか会えなかったでしょ?」

女「……急に、男くんの顔が見たくなったんだ」

男(俺も最近は忙しかったしそれに)

男(義妹ちゃんとのこともあったからな……)

男「そ、そっか。とりあえず上がりなよ」

女「うん。お邪魔します」バタン
141 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:17:03.68 ID:wqNl583m0
男「…………」

女「…………」

男「飲み物、コーヒーでいいか?」

女「あ、うん。ありがとう」

男(……女。何だか元気がないな)

男(……まさか、義妹ちゃん。女にあの事を話したんじゃ……)コポコポ

男(いやいや、そんなことはない……はず)

男「はい、コーヒー。熱いから気をつけて」

女「うん。いただくね」
143 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:19:56.08 ID:wqNl583m0
男「…………」

女「…………ねえ、男くん」

男「……なに?」

女「最近、何かあった?」

男「……!? どうして…そんな事聞くんだ?」

女「えっとね。最近あまりお話できなかったでしょ? だから……」

男「……女」

女「ちょっと……心配に、なっちゃって」グスン

男「…………」

男(俺は……。女を不安にさせているんだ)

男(本当に……最低だ……)

男「……大丈夫だよ」

女「……ホント?」

男「俺は、女のこと好きだから」
144 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:21:47.12 ID:wqNl583m0
女「……っ! そ、そっか。そうだよね!!」パアア

男「……ああ。当然だよ」

男(そう……俺は、女のことが好きなんだ)

男(義妹ちゃんのことなんて……)

男(…………)

女「ねえ……男くん」

男「ん? なに?」

女「……明日、休みでしょ?」

男「ああ、そうだな」

女「じゃあ……えっと、久しぶりに、しない?」カアア

男「……!!!」

女「えっと……駄目……かなあ」ピトッ

男「…………っ」

『ふふっ。今日から2週間、射精しないこと』

『おねーちゃんとのセックスももちろん禁止だよ? 精子を出しちゃ駄目なんだから』
146 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:23:47.88 ID:wqNl583m0
男(俺は……、俺は)

1「女、大好きだよ……」

2「ごめん。今日はどうしても駄目なんだ」

>>152まで 多い方で。
152 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:24:57.75 ID:oTAp/GPmP
1
161 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:29:30.86 ID:wqNl583m0
2で

男「……ごめん。今日はどうしても駄目なんだ」

女「えっ……。あっ……そ、そうだよね。男くんお仕事で疲れてるよね」アセアセ

男「ら、来週はかならず……な。約束」

女「……うん。わかった。じゃあ、わたし帰るね」

男「もう……帰るのか?」

女「わ、わたしちょっと明日用事あって……」

男「そ、そっか」

女「うん。それじゃあ、またメールするね」

男「ああ。……ありがとな。来てくれて」

女「……うん。バイバイ、男くん」バタン

男「…………」

男「俺は……何やってんだ」ガシッ

ヴーヴーヴー
164 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:32:19.21 ID:wqNl583m0
男「……携帯……メールか」

男「……!!!」

義妹ちゃん
件名:よくできました
添付ファイル
こんばんは。おにーさん。
私の言うとおり、ちゃんとオナ緊できた?
ふふっ。従順なおにーさんにはご褒美をあげます。
明日、私の家にきてねっ♪
とーっても気持ちいいコト、してあげる。
おやすみ。おにーさん。

男「…………」

男「添付ファイルは……ナシか」

男「……写真、何枚あったっけ」

男「15枚くらいか……」

男(義妹ちゃんの胸、お尻、太もも、腋、パンツ、制服、足の裏、エトセトラ……)

男「はあっ……こんな写真を送って、なんてエロい娘だ……」ハアハア

男「ああっ……義妹ちゃん」

男「……明日になれば……義妹ちゃんに……」
167 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:35:49.10 ID:wqNl583m0
『翌日/女実家前』
義妹「おにーさん。久しぶりだね」ニコッ

男「はあっ……何で、制服?」

義妹「ふふっ。その方がおにーさん、嬉しいでしょ?」クスクス

男「……義妹ちゃん、……女は?」

義妹「んー? おねーちゃんは、何処かに出かけてるよ?」

男「そ、そっか……じゃあ、ご両親は?」ハアハア

義妹「おとーさんもおかーさんも、居ないよ~」

男「…………っ」ハアハア

義妹「その様子だと、ちゃーんと約束、守ってくれたんだね」ニコッ

男「あ、ああ。義妹ちゃんの言うとおりにしたよ……」

義妹「ふふっ。そっかあ。それじゃ、私の部屋に行こっ?」

男(ああ……。義妹ちゃんの部屋……女子高生の部屋)

義妹「ほらほら急いで?」ギュッ

男「……ああっ」

義妹「ふふっ。ご褒美たーいむ♪」
171 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:38:40.58 ID:wqNl583m0
『午後/義妹部屋/ベッド』

義妹「……さてと」ボフッ

義妹「よく頑張ったね。おにーさん」

義妹「オトコの人って、普通2週間も射精しなかったら大変でしょ?」クスクス

義妹「だから……」

義妹「ご褒美に、おにーさんが『したい』こと、なんでもさせてあげるっ」

男「っ、義妹ちゃんっ!!」ガシッ

義妹「きゃあっ!? も、もう……がっつきすぎだよお」

男「はあっ……義妹ちゃんのおっぱい、大きくって……やわらくてっ」スーハー

義妹「もお、くすぐったいよ。ほらあ、直にさわって?」プルン

男「ああっ……ちゅっちゅぱあっ…れろっ……はああっ」

義妹「もう……いきなり乳首吸うなんて、おにーさんは子供だなあ」クスクス

義妹「ほら、もっといろんなトコ、舐めていーよ」

男「はああっ……ぺろっ……れろっ……」
172 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:41:09.11 ID:wqNl583m0
義妹「ふふっ。もう私しか見えてないみたいだね」

義妹「しょうがないなあ。もっとサービスしてあげる」

男「っ!?!?」

義妹「よいしょっ。おにーさん、パイズリ大好きだよねっ」

男「あっ!! ああっ……そんなことされたら……」ビクビクッ

義妹「あはは。だーめ。絶対にイかせないんだからっ」ガシッ

男「ううっ! 根元、そんなに握ったら……」

義妹「イくのは最後までおあずけだよ」

義妹「我慢できたら……さいっこーのご褒美あげるからね」

男「はあっ……ああっ……」

義妹「んっ……んっ……ねえ……おっぱい、気持ちいいでしょお?」ズリュッニュルッ

男「ああっ……義妹ちゃんのおっぱい、気持ちいい……」

義妹「ふふっ……。じゃあ、これはどうかなあ?」ペロッ

男「うあああっ! 今舐められたら、あああっ」

義妹「だめだよお。まだイかせないっ。もうちょっとの辛抱だよ~」ギュッ
174 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:43:51.08 ID:wqNl583m0
義妹「んっ……じゅるるるっ……ちゅぱっ……にっちゅっ……」

義妹「……ふふっ。エッチな汁が溜まってるんだね……」

義妹「はむっ……おいひいよっ……おにーひゃんの……おひんぽっ……れろっ……にっちゃ」チュパ

男「はあっ!!……はああ……」

義妹「……さてと。それじゃあそろそろ」スッ

男「……!!」

義妹「私も、下着脱いじゃおっかなあ♪」

男「あっ……! 義妹ちゃんの……」ギンギン

義妹「ふふっ。もう、そんなにやらしい目で見ないで?」ヌギヌギ

男「ふっあああ…すう、はあああ」クンクン

義妹「こらあっ、匂い嗅いじゃだめだよお」
176 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:46:29.91 ID:wqNl583m0
男「ああっ。義妹ちゃん! 義妹ちゃんのおまんこ……すー、はああっ」

義妹「かーわいいなあ。おにーさんは。もっと舐めていいよ」

男「……!!! ぺろっ……はああっ!……んむうう、ちゅっ」

義妹「ひゃんっ! ……もう、そこ敏感なんだからあ」

義妹「……ねえ? おにーさん」

男「はあっ……はあっ……ちゅぱっ……ぺろ…れろ」

義妹「そろそろ、イきたい?」ジーッ

男「はあっ……イきたい!」

義妹「ふふっ……。彼女の妹で、イきたいの?」クスクス

男「彼女の、妹で……はあっ……イきたいっ!」

義妹「そっかあ……。それじゃあ」

義妹「……わたしと、セックスさせてあげる♪」
178 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:48:46.72 ID:wqNl583m0
男「はあっ……義妹ちゃんが……俺の上に跨がって……」ビンビン

義妹「もう、そんなに大っきくしちゃって……」クスクス

義妹「私の膣内に挿れるの、そんなに楽しみだったの?」

男「あああっ……」コクコク

義妹「毎日毎日、わたしの写真眺めながら妄想してたの?」

義妹「ほんと、おにーさんはとんでもない変態さんだねっ♪」

男「はあっ……義妹ちゃん、はやく……ううっ」

義妹「もう、焦りすぎだよ? ……ふふっ。そろそろかな?」

男「……な、何が?」

ガチャ……

『ただいま~。義妹ちゃん、帰ってる~?』
180 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:50:27.71 ID:wqNl583m0
男「お、女の声!?!?」

義妹「あーあ。おねーちゃん帰ってきちゃったね~」

義妹「おにーさん。どうしよっか」

男「えっ……はあっ…ど、どうするって……」

義妹「彼女の妹で、こーんなにチンポ勃起させてるの、おねーちゃんに見られてもいいんだ?」コスコス

男「 ああっ……それはっ……」

義妹「どうするの? イきたいんでしょ? おねーちゃんの足音が聞こえるね~」トントン

男「はああっ!……もう、限界だ……」

義妹「……おにーさん。わたしのおまんこに、挿れたい?」クスクス

男「い、挿れたい! 義妹ちゃんとセックスしたい!!」

義妹「おねーちゃんに見つかっちゃうよ? 義妹とセックスしてるとこ、見られちゃうよ?」

女「義妹ちゃーん。居るのー?」トントン
186 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:52:30.89 ID:wqNl583m0
男「それでもいい!! 義妹ちゃんに、挿れさせてください!!!!」

義妹「ふふっ。おにーさん墜ちちゃったね」

義妹「じゃあ、私の膣内で、いーっぱい、出してね♪」

男「あっ……ああっ……」ニュルッ

義妹「気持ちよすぎて……死んじゃうかもねっ」ギュッ

男「うああ……あああああああ」

ヌプッ……ニュル……  ガチャ……

女「義妹ちゃん、ただいまー……っ!?!?」

男「……!?!? うわああああああああああっっ!!!!!!!」ズリュズリュッ

男「い、イくううああうああああああああああああ!!!!!!」ドピュドピュルルルル

義妹「あはっ♪ 義妹のおまんこに中出ししてるんだね。おにーさん」ジュッポ

義妹「あんっ! 2週間溜めたせーし、いーっぱい、私のおまんこに出てるよっ」ニッチュッ

義妹「これじゃあ妊娠しちゃうかもねっ! 責任とってくれるよね? おにーさんっ」ズッチュズッチュ

男「うああああああああっあああ!!! ああっ……うううっ」ピュッピュッ
191 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/06(月) 23:54:22.29 ID:wqNl583m0
女「……ぎ、義妹ちゃん……? 男くん……これは……」ガクガク

義妹「おねーちゃん。ごめんね? おねーちゃんより」ニッチュニッチュ

義妹「私の方が先に、おにーさんの精子で妊娠しちゃうみたいっ♪」ジュプッ

義妹「ちゃーんと責任とってくれるって、約束してくれたんだあっ」

男「あっ……ああああっ……」ドピュッドピュ

女「……男……くん……」ペタン

義妹「……ふふっ」

義妹「義妹に中出ししちゃったね。おにーさん」

おわり

おすすめSS