1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:05:43.42 ID:prDFl6pB0
レッド「もちろんだよ」

ナナミ「私という忘れ物は?」

レッド「それは……」

ナナミ「いつか取りに来てくれるの?」

レッド「……うん。約束する」

ナナミ「本当に!?」

レッド「うん。ナナミさんの事好きだし」

ナナミ「嬉しい。じゃあ気を付けてね。はい、タウンマップ」

レッド「ありがとう。それじゃあね」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1327251943/

2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:10:26.02 ID:prDFl6pB0
ナナミ「……はぁ…行ってしまった」

ナナミ「まああのバカも行ったから良いんだけど……」

ナナミ「まさかレッド君も行ってしまうなんて……」

ナナミ「私はアイツとも……」

ナナミ「参ったわ」

ナナミ「オーキドの面倒もしないといけないのに……」

ナナミ「レッド君のお母さんのところに行こう」

ナナミ「もう何度足を運んだことやら……」

3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:14:05.55 ID:prDFl6pB0
プルルルルル

ナナミ「あ……」

プルルル

ナナミ「……出なきゃダメなのかなぁ……」

プルルルルルル

ナナミ「……」

ルルルルル

ナナミ「ああ! もう出るわよ!」
4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:16:19.75 ID:prDFl6pB0
ピッ

ナナミ「……」

ナナミ「チッ……ここからかよ」ボソボソ

ナナミ「ううん……私だ。どうした?」

ナナミ「……挑戦者? キミ達じゃ止めれなかったのか?」

ナナミ「……だらしない。まぁいい。すぐに行く」

ピッ

ナナミ「はぁ……」

5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:18:38.63 ID:prDFl6pB0
ナナミ「着替えて行かなきゃ……」

ゴソゴソ

ナツメ「良し!」

ジム

ナツメ「なんだ? もうおしまいか?」

挑戦者「くそー」

ナツメ「あとを頼む。私は帰るから」

ジムトレ「さっすが」

9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:22:15.96 ID:prDFl6pB0


ナツメ「よし、さっさと着替えよ」

ゴソゴソ

ナナミ「ふぅ…やっぱりこっちの方が良いわ」

ナナミ「毎回抜け出すの大変だったし」

ナナミ「はぁ……もうジムリーダー辞めたい」

ナナミ「でもレッド君が来てくれるまでジムリーダーやらなきゃ」

ナナミ「私を倒してくれたらもう引退するわ」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:24:28.26 ID:prDFl6pB0
ドンドン

レッド『ナーナミさん』

ナナミ「レッド君!」

ガチャ

レッド「へへ。どうも」

ナナミ「どうしたの? まさか私の事が恋しくなって……」

レッド「それもあるけどオーキド博士にお使いを頼まれてきたんだ」

ナナミ「あ、そう」

12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:27:29.88 ID:prDFl6pB0
レッド「聞いてよ。頑張って2匹目を捕まえたんだよ!」

ナナミ「へぇ~。なんというポケモンなの?」

レッド「トランセルなんだ。見たい?」

ナナミ「ええ」
ナナミ(いやっちゅうほどジムとかで見たけど)

レッド「びっくりして倒れないでね」

ナナミ「私は大丈夫よ」

レッド「よし、出てこい」ポイ

トランセル「……」

13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:30:59.22 ID:prDFl6pB0
ナナミ「へぇ~……これがトランセル。図鑑やテレビとかよりも生で見ると面白いのね」
ナナミ(個体値は……まずまずか…でもこのトランセル……色違いなのよねぇ)

レッド「どうかしたの?」

ナナミ「あ、いや。図鑑とかで見るトランセルよりも色が違うから……」

レッド「そうなんだよ! 珍しいと思って捕まえたんだ」

ナナミ「大事に育ててあげてね」

レッド「うん」

プルルル

ナナミ(くそ! またかよ!!)

14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:33:19.73 ID:prDFl6pB0
ナナミ「おじいちゃんのお使いはもう済んだの?」

レッド「うん」

ナナミ「だったら今日はもう日が暮れて危ないから私の家に泊まってプルルルル

ナナミ「……」

レッド「ポケギアさっきから鳴ってるよ」

ナナミ「……ちょっとごめんね」

レッド「あ、うん」

ガチャバタン

ナナミ「……私だ」

16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:37:03.11 ID:prDFl6pB0
ナナミ「……は? 今日あるのか? 聞いていないぞ」

ナナミ「…………そこをなんとか出来ないのか?」

ナナミ「えと……今日は大事な用事があるんだ」

ナナミ「頼むわよ。埋め合わせに今度毛づくろいしてあげるから……」

ナナミ「……エリカェ…」

ピッ

ガチャバタン

レッド「あ、ナナミさん……あの…」
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:38:32.38 ID:prDFl6pB0
ナナミ「ごめんねレッド君。実は急用が出来ちゃって……えと…今度帰ってきたとき遊びにいらっしゃい」グイグイ

レッド「え? あ、うん」

ナナミ「ほんと、ごめんね。じゃあ最初のジム目指して頑張ってね」

レッド「うん」

バタン

ナナミ「……」

ナナミ「くそ! どいつもこいつも私とレッド君の間を邪魔して!!」

ゴソゴソ

ナツメ「フーディン、テレポートだ」

シュン



18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:41:15.14 ID:prDFl6pB0
ポケモンリーグ

ドラゴンマント「ぺちゃくちゃ」

ナツメ「……」

ナツメ(……そう。良いわ。そこは右に行くのよ)

ナツメ(ちがう! そっちは何もないわよ。でもおっちょこちょいで可愛いわね)

マント「ナツメ君聞いているかね?」

ナツメ「……ロケット団の処理」

マント「大まかだが大体あってるからよしとするか」

ナツメ(ああ、また同じとこぐるぐる回っちゃって……)

19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:43:06.69 ID:prDFl6pB0
どうしよう
眠いしもう書くことないんだけど
21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:44:22.30 ID:prDFl6pB0
ネタくれ
三時までに書き終えたい
23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:48:16.92 ID:prDFl6pB0


ナナミ「……暇ね」

ナナミ「おじいちゃんの世話はしないから楽だけど……」

プルルル

ナナミ「チッ……」

ピッ

ナナミ「私だ。いい加減キミ達で止めてみたらどうだね?」

レッド『え?』

ナナミ「レッド君!?」
ナナミ(やべ! 誰から来るか確認するの忘れてたわ!)

24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:50:25.61 ID:prDFl6pB0
レッド『えと……その…』

ナナミ「……あ、あはは。今テレビでそういうカッコいい事言う女人がいたの」

レッド『物まねですね』

ナナミ「そうそう」
ナナミ(危なかった)

ナナミ「で、どうしたの?」

レッド『恥ずかしい話なんですけど……最初のジムリーダーが倒せなくて……』

ナナミ「最初のジムリーダー?」
ナナミ(タケシか……負けろよ。大人げない)

27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:53:39.55 ID:prDFl6pB0
レッド『困ったら聞いてって言われたんで聞いたんですけど……対策とかありますかね?』

ナナミ「そうね……でももう一度挑んでみて」

レッド『え? でも……ピカチュウがぼろぼろに……』

ナナミ(アイツ殺す)
ナナミ「大丈夫。私の御加護が付いた今、レッド君のピカチュウは無敵なのよ」

レッド『はぁ…じゃあ挑んできます』

ナナミ「結果教えてね。勝った知らせを待ってるから~」

ピッ

ナナミ「フーディン、テレポート」

シュン

28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:56:31.77 ID:prDFl6pB0
ジム

レッド「バタフリー!」

バタフリー「無理」バタリ

タケシ「どうした? また敗北か?」

レッド「くそ! 頼むピカチュウ」

タケシ「相性が悪かったな」

ジム・外

ナナミ「……フーディン、私が教えたな。指を振るで出したい技が出せるエスパーを」

フーディン「……」コクリ

33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 02:59:46.08 ID:prDFl6pB0
ナナミ「じゃあジム内をみずびたしにするんだ」

フーディン「……」コクリ

フーディンの指を振る
みずびたし

ジム内

レッド「電気ショックだ!」

タケシ「無駄無駄ァア!!」

バシャァアアアアアアア

イワーク「ぎょえー」バタリ

37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:02:04.08 ID:prDFl6pB0
タケシ「なっ、何が起こったんだ?」

レッド「なんだかよくわからないけど勝った!」



ナナミ「……よし、帰るわよ」

シュン



ナナミ「そうなの? おめでとうレッド君♪」

レッド『あろがとうナナミさん。本当に御加護のお蔭だったかも』

ナナミ「この調子で頑張ってね」

レッド『うん。それじゃあね』

ピッ

38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:05:00.60 ID:prDFl6pB0
ヤマブキジム

ナツメ「……つまらんな」

挑戦者「ちっくしょー! 行って来い! オコリザル!」

ナツメ「やれやれ……相性が悪いな」

プルルルル

ナツメ「!?」

プルルルル

挑戦者「ポケギア鳴ってますよ」

ナツメ「あ、ああ…」

40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:07:43.70 ID:prDFl6pB0
ジムトレ「ナツメさんどうかしましたか?」

ナツメ「ちょっと席を外していいか?」

ジムトレ「それはちょっと……いくらジムリーダーでも厳しいですね」

挑戦者「俺の勝ち?」

ナツメ「ぐっ……こんな格闘タイプばっかに負けるわけにはいかない」

プルルルル

ナツメ(……このコールは100%レッド君からだわ……おそらくカスミに苦戦……どうすれば…)

ジムトレ「ナツメさん」

42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:11:38.83 ID:prDFl6pB0
ナツメ(こうなったら……)

ナツメ「おい、ちょっとだけ目を瞑ってろ」

ジムトレ「僕もですか?」

ナツメ「ここにいる者、全員だ。早くしろ!」

ナツメ以外「……」ギュッ

ナツメ(フーディン、任せたぞ)

シュン

7番道路

ナツメ「やっぱりレッド君からね。あーあー」

ピッ

ナツメ「もしもしレッド君?」

44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:16:48.40 ID:prDFl6pB0
レッド『あ、ごめん。コールしっぱなしで』

ナツメ「レッド君なら良いのよ。寧ろ出るの遅くなっちゃってごめんね」

レッド『あ、それは良いです』

ナツメ「それで、どうしたの?」

レッド『あの……フラッシュって秘伝マシン持ってますか?』

ナツメ「フラッシュ?」
ナツメ(フラッシュって事はカスミとマチスを倒したのね。じゃあイワヤマトンネルか)

ナツメ「フラッシュがどうかしたの?」

レッド『実はイワヤマトンネルって言うところが真っ暗で……』

ナツメ「……う~ん。家まで来れる?」

レッド『ちょっと時間かかるけど今日までには……』

ナツメ「じゃあ待ってるわ」

レッド『本当? ありがとーナナミさん大好き』

ナツメ「えへへ。ありがと。ごめんね。今忙しくてさ……じゃあ後でね」

レッド『うん』

ピッ
45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:18:56.99 ID:prDFl6pB0
ナツメ「早く戻らなくては……」

シュン

ヤマブキジム

ナツメ(フーディン、どうだ?)

フーディン「……」

ナツメ「……そうか」

ジムトレ「あれ? ナツメさんが2人いる」

ナツメ「バカタレ。私が2人いるわけないだろう」

46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:21:18.61 ID:prDFl6pB0
ジムトレ「ですよね」

ナツメ「で、もう帰って良いか?」

挑戦者「勝負だ!」

ナツメ「……」

ジムトレ「さーせん。オナシャス」

ナツメ「なあ」

挑戦者「なんだ?」

ナツメ「私は今とても忙しいんだ。だから一体勝負で勘弁してくれないか?」

挑戦者「良いぜ。いけ! オニドリル!」

挑戦者は負けた

47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:22:44.27 ID:prDFl6pB0


ナツメ「不味い不味い。もうすぐレッド君が来る」

ピンポーン

レッド『ナーナーミさん!』ドンドン

ナツメ「しまった! 思ってたよりも早い」

ゴソゴソ

ガチャ

ナナミ「はぁはぁ……おまたせレッド君」

50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:26:51.67 ID:prDFl6pB0
レッド「随分慌ててたね」

ナナミ「ちょっとね……」

レッド「へ~……あれ…これってバッジ?」

ナナミ「ん? あっ!」
ナナミ(しまった! 外すの忘れてた!!)

レッド「ナナミさん似合ってるよ」

ナナミ「ほんとう? ありがとう~」

レッド「それで秘伝マシンは……」

ナナミ「あ、はい、どうぞ。グリーンには秘密よ」

レッド「もちろんだよ」

51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:29:27.63 ID:prDFl6pB0
ナナミ「じゃあさ、今日は泊まって行きなよ。前回は用事で泊まれなかったし」

レッド「え? 良いの?」

ナナミ「私の手料理しかお持て成しが出来ないけどね」

レッド「じゃあお言葉に甘えて」

ナナミ(よし!)



ナナミ「レッド君はお風呂入っている間に手持ちをチェック」

ナナミ「……」

ナナミ「なるほどね」

54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:35:06.97 ID:prDFl6pB0
ナナミ「ピカチュウは電気玉にボルテッカー・アイアンテール・10万ボルト・電光石火」

ナナミ「……オーキドやるじゃん。このピカチュウ6Vなんて」

ナナミ「次にバタフリーは……特性が複眼だから……蝶舞・眠り粉・サイコキネシス・シャドーボールと」

ナナミ「……アナタは初顔さんね」

ナナミ「……まあこんなものね」

ナナミ「この子も……」

レッド「ふぅ……上がったよー」

ナナミ「よしオッケー」

ナナミ「じゃあ私もはいろうかな」

レッド「良いお湯だったよ」

ナナミ「そう? じゃあその後、私と気持ちいコトしよっか♪」

レッド「? うん」

56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:38:43.46 ID:prDFl6pB0
次の日

ナナミ「じゃ、じゃあ頑張ってね//」

レッド「いっ、行ってきます//」

バタン

プルルルピッ

ナナミ「私だ」

ナナミ「……ロケット団が?」

ナナミ「ふ~ん。まあ頑張れ」

ピッ

ナナミ「……ってレッド君が戦いに行っちゃうじゃない!!」

ナナミ「悪の組織なんか私が先に倒しておかないと」カチカチ

ナナミ「……エリカ、さっきの話で場所はどこだ?」

59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:44:48.05 ID:prDFl6pB0
ナツメ「……騒ぎを起こさないでほしいものだ」

サカキ「……」

ナツメ「しかし、何故貴方が……トキワのジムリーダーが」

サカキ「ふっ……君と同じ、いずれこうなるとわかっていたさ」

ナツメ「……はぁ。で、目的は?」

サカキ「いや、キミにやられているようじゃ最後のジムリーダーとしての立場がないからロケット団は解散する。本職に戻るよ」

ナツメ「そう」

サカキ「君もいつかはばらすんだろうな?」

ナツメ「……私の勝手だ」

サカキ「そうだったな……フフフ」

俺「俺も就寝に戻らねば」

62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:48:10.54 ID:prDFl6pB0


プルルルル

ピッ

ナナミ「もしもしレッド君?」

レッド『あのヒント良いですか?』

ナナミ「どうかしたの?」

レッド『寝てるポケモンってどうすれば良いんですか?』

ナナミ「寝てるポケモンってカビゴン?」

レッド『うん。今グリーンと蹴ってるんだけど起きないんだ』

65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:53:34.48 ID:prDFl6pB0
ナナミ「えっと……ポケモンの……」
ナナミ(あ……フジジイから笛貰うはずだけど……ロケット団解散したから貰えないじゃん。やっちまったぁあああああああ)

レッド『ナナミさん?』

ナナミ「あ、えっと……グリーンに代わって」

レッド『わかった……ホイヨ』

グリーン『よお、嫁』

ナナミ「なっ!?」

グリーン『レッドが彼氏ってまあそれは置いといて。。どうすれば良いんだよ?』

ナナミ「……なんで私に聞くの?」

67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 03:59:06.24 ID:prDFl6pB0
グリーン『レッドがねーちゃんはものすごく詳しいって言うから』

ナナミ「……そうね…ゴーリキー持ってる?」

グリーン『ああ』

ナナミ「じゃあ……」
ナナミ(ちょっと待って! グリーンのゴーリキーにインファイト伝授させたら火力が馬鹿にならないわ)

グリーン『ねーちゃん?』

ナナミ「今どこにいるの?」

グリーン『16番どうろ』

ナナミ「じゃあ、11番道路まで来て。あ、タマムシシティにジムあるでしょ? エリカさんに勝った?」

グリーン『まだ』

ナナミ「じゃあ倒してきて。レッド君にもそう伝えて」

グリーン『ああ』

ピッ

70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 04:04:07.39 ID:prDFl6pB0
ゴソゴソ

ナツメ「行くわよ」

11番道路

ナツメ「インファイト」

エルレイド「しゃー」ドガドガ

カビゴン「いたいごんいたいふぉい」

のそのそ

ナツメ「これでよし」

プルルルルル

ピッ

ナツメ「……もしもしレッド君?」

レッド『炎で優秀なポケモンってなんですかぁ?』

ナツメ「炎?」

72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 04:07:38.30 ID:prDFl6pB0
レッド『エリカさん、草専門で、相性が良くないんです』

ナツメ「バタフリーで倒せないの?」

レッド『バタフリー使えるの?』

ナツメ「エリカ……さん…って毒タイプも入ってるポケモンがいるの」

レッド『そうなの?』

ナツメ「だからエスパーで攻めても十分よ」

レッド『わかった。ありがとう』

ナツメ「エリカさんの毒牙にも気を付けてね」

レッド『うん』

ピッ

ナツメ「さて、監視に行くか」

73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 04:08:13.85 ID:prDFl6pB0
エリカ「眠り粉」

俺「急に眠くなってきたから寝よう」

76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/23(月) 04:12:19.96 ID:prDFl6pB0
この後の展開はナツメ戦で同一人物の事ばらしてそれでも私の事好きですか?

レッド「すきだよ」

終わり

って感じ
だから後は妄想で行けるだろ?
無理だったら続きからかな? もうちょい早い時間から続き書くよ
約20時間後くらいに

おすすめSS