1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/13(火) 22:36:06.64 ID:aJX310WlO
桐乃「遊びに行ってあげるから」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1331645766/

6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/13(火) 22:40:46.67 ID:s+99t+Wv0
京介「え、また合い鍵つくらねぇと」

桐乃「は?またってどういう事?」

京介「黒猫と真奈実とあやせにも欲しがられてさ」

桐乃「ふ…ふーん、でアンタあげたの?」

京介「まあ一人暮らしだし来てくれるんなら良いかってな」



みたいな桐乃涙目まだ?
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/13(火) 22:54:31.99 ID:K/Ev78ho0
京介「ああん? なんでアパートの鍵なんだよ、部屋に期待なら電話で言ってくれよ」

桐野「な、なんていうか……別に何だっていいでしょ! なんで一々あんたに断って行かないといけないのよ!///」

京介「まぁなんだっていいけど……ほい」チャリ

京介「あんまり俺の居ない時部屋に上がらんようにしてくれよ」

桐野「わ、わかってるしぃ!!(うっひょ~www、兄貴の部屋の鍵ゲットwwwwwww)」

京介(ニヤニヤしてる怖い)


こんな感じか
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/13(火) 23:09:18.64 ID:aJX310WlO
よよよ
22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/13(火) 23:14:58.10 ID:K/Ev78ho0
桐野「ふんふふ~ん♪」スタススタ

黒猫「……あら、あれはクソビッチじゃない……上機嫌にどこに向かっているのかしら……?」

桐野「そんなーやさーしーくーしないでぇ~どんな~顔~すぅれぇばいいの~↑ルルルールルー」

黒猫「……臭うわね」

ピポパ……プルプルプルプル

黒猫「もしもし先輩?」

京介『ん~、どうした黒猫』

黒猫「先輩クソビッチになにかした?」

京介『なっ、なんもしてねえよ! 俺が変なことするわけねぇだろ!』

黒猫「なんでそんなに狼狽してるのか不思議だけど……今日彼女不審だからちょっと聞きたくなって」

京介『あぁ、そういや今日部屋の鍵渡した時なんか企んでそうな顔してたけどなぁ……』

黒猫「……なんですって?」
31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/13(火) 23:30:25.60 ID:K/Ev78ho0
黒猫「あなた……実の妹になんで部屋の鍵を渡す必要があったのよ」

京介『うぇっ、そりゃなんというか……その場の雰囲気だなうん』

黒猫「……チッ」

京介『舌打ちとか怖いんでやめて下さい』

黒猫「まぁいいわ——ところであなた今部屋にいるの?」

京介『今はバイト先だ。今日はバイト終わったら帰るからあと二時間くらいは帰らないぞ』

黒猫「そう……わかったわ。手間とらせたわね」

京介『遊びに来てくれるつもりだったのか? なんか悪いな』

黒猫「いいわ、また夜の帳が堕ちればいずれ再びまみえるでしょう」

京介『お、おう。じゃぁな』プチッ

黒猫「……さて、尾行開始しましょうか」
35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/13(火) 23:44:30.18 ID:K/Ev78ho0
桐野「んーと、確かこの近所にスーパーがあったはずよねー……おっ、発見発見」

黒猫(スーパー……家で料理のしないあの女には無縁の場所のはず……)

桐野「バイトから帰ってくる前にカレーでも作ってやるとするかー、ホンットあたしできた妹よね~うへへへ」

黒猫(外でなにラリってるのかしら……これだから万年発情ビッチは)

桐野「じゃがいもでしょーにんじんでしょー……まぁこんなもんよね。ルーのパッケージに書いてある材料揃えりゃ問題ないっしょ」

962円ニナリマース

ハーイ

桐野「さーて、そんじゃ向かうとしますかねー」ニッシッシ

黒猫(どうやら会計を終えたようね。私の予想が正しければ行先は——)
41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:05:24.92 ID:paN1dQhs0
桐乃「とうちゃ~く!」

黒猫(やはり目的地は先輩のアパートか……予想どおりね)

桐乃「えーっとあいつの部屋は……ここね」ガチャッ

桐乃「おっじゃまっしまーす」バタン

黒猫(不味いわね、このままじゃ———)

42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:06:26.83 ID:paN1dQhs0
——————

京介「ただいまー」ガチャリ

桐乃「あっおっかえりー! 遅いじゃんなにやってたのよ!」

京介「きっ、桐乃!? なんでお前俺の部屋にいるんだよ!?」

桐乃「えっへっへー、だって合鍵もらってるしー? そんなことよりお腹すいてない?」

京介「ん? まぁ空いてるっちゃ空いてるが……まさかこのカレーの臭い……」

桐乃「アンタのことだから碌なもの食べてないと思ってね—、私がわざわざ作ってあげたんだから感謝しなさいよね」

京介「あっ、ああ! すげー嬉しいよ!」

桐乃「///」

—————

黒猫「ゴフッ———こ、これだけは阻止しないと!?」
48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:18:17.04 ID:paN1dQhs0
黒猫「……」ピンポーン

桐乃「!? ……普通に考えてまだ帰ってくるには早いしインターホン押すんだから兄貴じゃないよね……セールスかなにかかしら」

黒猫「……」ピンポーンピンポーン

桐乃「ま、まぁあたしが出てもどうにもなんないから居留守使うか」トントントントン

黒猫「……」ピンポーンピンポーン

桐乃「まったくしつっこいセールスね一回鳴らして出なかったら諦めなさいよねー」トントントン

黒猫「……」イラッ

黒猫「!!!!!!(連打)」ピンピンピンピンピンピンポンピンポンピンポン

桐乃「ひ、ひぃっ!?」

黒猫「開けなさい———っ!!」ドンドンドンドンドンドンッ

桐乃「なっ、なんなのよおおおおおおおおおおおぉぉ!!!???」
52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:35:37.44 ID:paN1dQhs0
黒猫「……」ズズズズズ

桐乃「……なんであんたここに来たのよ」

黒猫「——そうね、近くまで用事があったから帰りに寄ってみたのよ」

桐乃「嘘くさっ! アンタあたしのことスト—キングしてたんじゃないのっ!?」

黒猫「——ふぅ、まったく根拠もなし決めつけで詰問するなんて愚者のやることじゃない?」

桐乃「あたし女の勘がビンビン叫んでんのよ」

黒猫「ブッ———女の勘()。片腹痛いわ、出直してきなさい」シッシッ

桐乃「むっきぃ————!? じゃ、じゃあなんでアンタ扉を馬鹿みたいに叩いたりしたのよ普通おかしくない!?」

黒猫「……グッ(痛いところを)」

桐乃「そ、そーだよねーおかしいよねー! なんでぇ? あんたなんであたしがいること知ってる風だったのぉ?」

黒猫「………」
54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:45:13.71 ID:paN1dQhs0
黒猫「……そ、それはっ……」

桐乃「それは~? なに~なにかな~黒猫さ~ん?」ニマニマ

黒猫(ぶっ、ブチ殺したいわね)

黒猫「あっ、あれよ。先輩からあなたが鍵を預かったことを聞いて悪戯しに来てないか覗いておいてくれって言われたのよ!!」

桐乃「兄貴がぁ~? へぇ~ふ~ん……まぁいいわ。 とりあえず納得しといたげる」

黒猫「あ、ああぁありがとう」ビキビキ

桐乃「……ねぇあんた暇でしょ、暇よね?」

黒猫「……そうね、いま手持ち無沙汰ではあるわね」

桐乃「それじゃさ……か……」

黒猫「か?」

桐乃「かっ、カレー作るの手伝ってくれない?」
56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 00:56:25.38 ID:paN1dQhs0
黒猫「まさか玉ねぎ切るのが苦手と言い出すとは思わなかったわ」トントントン

桐乃「し、仕方ないじゃん! 目に染みるんだもん!」

黒猫「我慢しなさいなその位、しかもまともに一人でカレーを作ったことがないですって……私からしたらあなた宇宙人ね」トントントン

桐乃「ぐっ……だ、だって家で料理なんて全然したことないもん、まともに包丁持ったのなんて家庭科の授業くらいよ……」

黒猫「あなた食べ専だから顔が丸くなるのよ……ハッ」

桐乃「あ、ああああんたねえええええええ!!」

黒猫「さぁて具材も切れたし煮込むわよ。 私がお米といでいる内にお肉を炒めときなさい」ジャー

桐乃「言われなくてもやるわよ! これで美味しく作れなかったらアンタ本気で怒るかんね」

黒猫「まかせなさい、先輩の口に入るものですもの……変なもの作ったりしないわ」

桐乃「ムッ……だったらいいわよ……ふんっなによ」
59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:06:48.00 ID:paN1dQhs0
フツフツフツ

桐乃「完成したわね」

黒猫「ええそうね。あまり凝れなかったけれどまぁ普通の一般家庭の味になったわ」

桐乃「まぁ市販のルーだしねぇ、あとは兄貴が返ってくるのを待つだけよ」

黒猫「そうね…………」

桐乃「……なんで黙んのよ」

黒猫「私は先輩と別れたけれど、……先輩のことまだ好きよ」

桐乃「……わざわざ言われなくても分かってるし」

黒猫「先輩も大学生になるし、これからまたたくさんの女性と知りあうのでしょうね」

桐乃「…………」

黒猫「……ねぇ」

桐乃「……なに?」

黒猫「その……あのね。……私と先輩と、明日一緒にデートしない?」

桐乃「……え? ……デート?」
61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 01:14:48.63 ID:paN1dQhs0
桐乃「で、デートってえっ、三人で?」

黒猫「そう三人で。明日ちょうど休日だし」

桐乃「…………それってさ、———ううん、わかった。…うん、いいよ」

黒猫「そう———よかったわ」

桐乃「……あ、あのさっ」

黒猫「なにかしら?」

桐乃「色々手伝ってくれて、ありがとね」

黒猫「気にしないで良いのよ。私たち———フッ、どうやら腐れ縁のようだからね」

桐乃「———そっか、そうだよねー。フフッ」

ガチャッ

ウォッ、ナンダコノ靴!?

黒猫「さて、お出迎えしてあげましょうか?」

桐乃「はいはい、ホントしょーがないなー」

おしまい

おすすめSS