1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/22(金) 05:48:26 ID:cVDyjlG6
ピピピピと目覚まし時計の音がなり響き、それでも起きない、俺を妹が起こしに来る。

キョン妹「キョーン君!おーきて」

妹の声に起こされた俺は、すぐに登校の準備をした。

キョン「行ってきます」

そう一言呟くと、俺は玄関を飛び出し、学校に向かった。

引用元: http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1408654106/

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/22(金) 06:01:55 ID:cVDyjlG6
学校に着くと、案の定谷口が居た。

だが、俺はこの教室に何か違和感を感じた。

キョン「なあ、谷口今日はアイツ来てないのか?」

谷口「国木田の事か?アイツならまだ来てないぞ、まあ、無理もねえよ」

谷口「お前、アイツと俺ぐらいしか友達いねぇもんな」

キョン「違う!国木田じゃない、居ただろうアイツが居ただろ涼宮....」

キョン「涼宮?涼宮って誰だ?」

谷口「おいおい、お前おかしいんじゃねぇのか?涼宮さんって人のことは、お前が言い出したんだろ」

谷口「何で俺に涼宮さんの事を聞いてんだよ?俺が知るはず無いだろ?」

キョン「ああ、すまない、少し取り乱した。」

だが、俺は確かに涼宮という奴の事は知っている筈だ、知らなければ、あんな強烈な違和感を感じる筈は無い。

きっとその涼宮という奴は、誰よりも早く登校し、学校生活を満喫してた奴に違いない。
3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/22(金) 06:18:57 ID:cVDyjlG6
放課後俺は、何故か文芸部室に向かっていた。

文芸部室までの通路は通った筈も無いのに、何故か凄く懐かしかった。

キョン「失礼します」

と一言言い、文芸部室の扉を開けた。

何故だろう、知らない筈なのに俺は、そこに誰が居るのか知っていた。
4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/22(金) 06:35:48 ID:cVDyjlG6
キョン「長門?」

そう俺が、問うと彼女はコクリと頷く、その仕草が妙に懐かしく、俺は、何故か嬉しかった。

キョン「長門、お前はさ、涼宮って人の事、知ってるか?」

長門「知らない、けれど私達は彼女に会った事はある」

彼女って事は、涼宮って奴は女なのか。
6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/22(金) 17:53:16 ID:cVDyjlG6
その後、長門と別れ、俺は家に帰る事にした。

何か、大事な事を忘れているような、そんな気がしてならなかった。

家に帰ってもその違和感は、無くならなかった。
7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/22(金) 18:02:06 ID:cVDyjlG6
その夜、俺は夢を見た。

ハルヒという女の子に、振り回される夢だ。

理不尽な要求をされたり、奢らさせられたり、普通なら俺は、最悪の夢を見たというだろう。

何でかは、分からない、とても楽しかった。

キョンと俺の事を呼ぶ声、俺の事を指差す人差し指、何度も聞いた、何度も見た、それ全てが懐かしかった。
8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/22(金) 18:14:49 ID:cVDyjlG6
この夢ではSOS団という部活に俺は所属しているらしい。

メンバーは、神の力を持つハルヒに、古泉という超能力者に未来人の朝比奈さん、そして驚く事に長門が居るのだ。

SOS団の場所は今の文芸部室。もしこの夢の世界が俺の本当の世界なら、文芸部室までの道が懐かしかったのも頷ける。
9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/22(金) 18:41:40 ID:cVDyjlG6
何故だろう、この夢の中では違和感を感じなかった。

これが俺の忘れてしまった、大事な何かなのだろうか。

夢の中とは思えない程長く充実した時間だった。走馬灯とはこんな感じなのだろうか。

遂に、この世界も終わりの時が来た。夢から覚めたのだ。
10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/22(金) 18:53:50 ID:cVDyjlG6
夢から覚めた俺は、布団から出て時間を確認する。

ー午前3時ー

まだ、寝れた筈なのに起きてしまった。もうあの世界には行けないかもしれない、そんな後悔があった。

やはり、夢から出ると違和感は多少感じた。

あの世界は俺の本当の世界なのだろう、そう思った。

窓の外の、夜空を見ながら彼女が、彼女達が夢で歌っていた、懐かしい歌を呟く。

キョン「アルハレタヒノコト...」

end

Next episode ready?_

おすすめSS