1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 21:58:55.02 ID:xG/UyvfuP
 

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1375534735/

3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 22:05:11.29 ID:xG/UyvfuP
学園2階 男子更衣室

大和田「な、なんで!てめぇがいるんだよ!」

不二咲「え、えっと…ごめんなさい!」ウルウル

大和田「ごめんなさいじゃなくて!!」

大和田「どうやってここに入った!」

不二咲「……」(どうしよ…男の子だってことが大和田くんに…)
6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 22:10:59.79 ID:xG/UyvfuP
大和田「あのなぁ…黙ってもも仕方ないだろ」

不二咲「か、借りたんです!桑田くんの生徒手帳を…」

大和田「はぁ!?」

不二咲「ひっ…えっと……玄関ホールに亡くなった方の生徒手帳があって…」

不二咲「その…」

大和田「なんでそんなことする?そもそも、女子更衣室にいけばいいじゃねぇか!」

不二咲「それは…」

大和田「…こんな状況だ。怪しいって思われるようなことはすんな」

不二咲「そんな…怪しいだなんて」ウルウル
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 22:16:03.74 ID:xG/UyvfuP
大和田「悪いが…見逃すわけにはいかねぇ」

不二咲「うぅ…」

大和田「おめぇ…ここで何するつもりだった!?」

大和田「まさか!!誰かを殺ろうって!」

不二咲「ちがう!!!ちがう!!」ウルウル

不二咲「そ…そんな…殺すなんて…ひどいこと」シクシク

大和田「お、おい…泣くなって」アセアセ

不二咲「お、男の約束…」シクシク

大和田「あ…あぁ…すまんすまん!状況が状況だったから!」

大和田「怒鳴らないから…」
10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 22:26:37.83 ID:xG/UyvfuP
不二咲「ボク…強くなりたいんだ……やっぱり」

不二咲「だから、ここで体を鍛えようって」

不二咲「でも…女の子のみんなに頑張ってるところ見られるのが…恥ずかしくて」

不二咲「女の子のくせに…って思われるのが」

大和田「誰もんなこと思わねぇよ。大体、筋トレなんてしょっちゅうやってる連中なんて」

大和田「女でもいるじゃねぇか。大神とか…」

不二咲「でも…やっぱりボクなんか…場違いかなって」

大和田「……」

不二咲「ねぇ、大和田くん?」ウルウル

大和田「なんだ?」
11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 22:32:57.38 ID:xG/UyvfuP
不二咲「このことは誰にも言わないで欲しいんだ…」

大和田「……」

不二咲「ダメかな?」

大和田「わかった…。これも男の約束だ」

不二咲「あとね…頼み事ばっかりで悪いんだけど……そのぉ」モジモジ

大和田「…?」

不二咲「ボクを鍛えて欲しいんだ!大和田くんみたいに強くなりたいんだ」

大和田「……」(強い…強くなりたいだと……俺みたいに?)
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 22:38:10.12 ID:xG/UyvfuP
大和田「まぁ…いいけどよ」

不二咲「ちゃんと!本気で鍛えてよ?力抜いたりなんかしないでね!?」

大和田「お、おうよ」(女の子相手だと…調子くるうな…)

大和田「んじゃ、早速」

大和田「簡単に腹筋からでも」

不二咲「はいっ!!」ニコッ

——
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 22:45:25.16 ID:xG/UyvfuP
朝 食堂

苗木「あれ、大和田くんどうしたの?何か、あまり元気じゃないみたいだけど」

大和田「…あぁ?いや、ちょっと昨日鍛えすぎてよ…」(手本、見せすぎた…)

葉隠「おっ?早速更衣室でトーレーニング?」

石丸「うむ!体を鍛えるということはとてもいい事だ!」

不二咲「お、おはよう」トボトボ
14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 22:51:17.13 ID:xG/UyvfuP
朝比奈「不二咲ちゃんおはよう!寝坊かな?」

苗木「確かにいつもは結構早くに食堂に来るもんね」

不二咲「え、えっと…ちょっと体調が悪くて」オロオロ

朝比奈「えぇ!大丈夫!?」

不二咲「う、うん。大したことじゃないし」

朝比奈「でもぉ!」

大和田「あぁもうっ!本人が大丈夫っつってんだからいいだろ!?」
15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 22:57:51.40 ID:xG/UyvfuP
その夜

男子更衣室

不二咲「」キョロキョロ

不二咲「」ソー…

大和田「うーすっ。心配すんな。俺以外誰もいねぇぞ」

不二咲「ふぅ、よかったぁ」

不二咲「今日もよろしくお願いします」ペコリッ

大和田「おう。体調はどうだ?あまり無理すんなよ?」

不二咲「大丈夫!お昼に部屋で十分休んだから!」

大和田「そ、そうか。そんじゃ昨日と同じで腹筋と腕立てと」

——
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:06:32.28 ID:xG/UyvfuP
不二咲「お、終わったぁ」バタァ

大和田「…ご苦労さん」

不二咲「ボクも大和田くんみたいにいっぱい筋肉つくかなぁ」

大和田「えぇ……」

大和田「あ、諦めなければな!」

不二咲「うん!がんばるよ!!絶対に諦めない!」ニコッ

大和田「お、おうよ///」

不二咲「大和田くんみたいに強くなるよ!」

大和田(強く……そうだよ…俺は強ぇんだよ…誰よりも…おめぇよりも…)
18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:13:54.28 ID:xG/UyvfuP
不二咲「どうしたの?大和田くん」

大和田「い、いや…なんでもねぇ」

不二咲「な、何かあるんなら…その、相談してね?」モジモジ

不二咲「ぼ、ボクで良ければだけど//」モジモジ

大和田「お、おい。ありがとな」

大和田(…おめぇに相談?ありえねぇ……俺はおめぇを頼るほど弱くねぇんだ)ワナワナ
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:20:44.13 ID:xG/UyvfuP
次の日

食堂

大和田(今日の夜もあの子とトレーニングかぁ)モグモグ

不二咲「」チラッ

大和田「…?」

不二咲「///」モジモジ

大和田(あぁ……変な約束するんじゃなかった)

苗木「やっぱり、昨日もまたトレーニング?」

大和田「え」

苗木「なんだか、寝不足って感じが」

大和田「ま、まぁな。退屈だし…それくらいしかすることがねぇ」

大神「うむ」
20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:25:33.31 ID:xG/UyvfuP
その夜、突如モノクマによって体育館へ呼び出された一同は

新たな”動機”として、他人知られては困る過去や思い出の書かれた

封筒を突きつけられたのだった。


大和田 紋土 自室

大和田「……」

大和田「俺の弱さ……これが…」

大和田「くっ…」ドンッ

大和田「いつまで経っても俺は……」
21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:31:35.59 ID:xG/UyvfuP
更衣室

大和田(……)

大和田(兄貴を殺しちまった俺は…もう……ずっとNo.2のままだ…)

大和田「俺は兄貴を超えられなかった…それはこの先もずっと」

不二咲「大和田くん」

大和田「!?」

大和田「よ、よう…遅かったじゃねぇか」

不二咲「ごめん…ちょっといいかな」
23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:40:35.09 ID:xG/UyvfuP
大和田「な、なんだよ?あ、あれか?やっぱり毎日は辛いか?はっはっは」

不二咲「ううん。違うんだよ…」モジモシ

大和田「…え?」

不二咲「実はボク…男の子なんだ……」

大和田「…は?」

大和田「な、なに言ってんだよ?」

不二咲「ボク…男なのに…心も体もとても弱くて」ウルウル

不二咲「だから…こんな格好して……自分の弱さから逃げてさ」

大和田「…逃げる」

不二咲「でも!ボク!このままじゃ嫌だって!思ったから!」

不二咲「だから!変わりたいんだ!!弱い自分を壊して!そう思ったんだ!」

不二咲「だから…大和田くんにこうしてトレーニングに付き合ってもらってたんだ…」モジモジ
25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:42:48.00 ID:xG/UyvfuP
不二咲「騙すような真似してごめんなさい!」ウルウル

不二咲「怒ってるよね?大和田くんは親身になってトレーニングに付き合ってくれたのに」ウルウル

大和田「弱い自分を壊す…だぁ?」プルプル

不二咲「…え」

大和田「……俺みたいに強くなりたいだぁ?」

不二咲「…お、大和田くん?」オロオロ
28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:46:00.93 ID:xG/UyvfuP
大和田「ふざけんじゃねぇえよぉお!!!!!!!!!」

大和田「嫌がらせなのか!!!!俺に対する嫌味か!!????」

大和田「俺が強いだと!?」

不二咲「ひぃ…」ウルウル

大和田「何様のつもりだ……おめぇ…」

大和田「俺の何を知って強いだなんて…言える…」

大和田「自分の弱さとも向きあえねぇ…」

大和田「そんな俺のどこが強いってんだよぉおおおおおおお!!!!!!!!!!」

不二咲「ひぃ!」キャッ
30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:50:09.22 ID:xG/UyvfuP
和田「……」ハァハァ

不二咲「う、うぅ…」シクシク

大和田「俺は……俺は何を…」

大和田「何してんだ俺は……」

不二咲「……」シクシク

大和田「…すまない。また、怒鳴っちまった…」

大和田「へへ…結局、男同士の約束も守れやしねぇ」ウルウル

大和田「とんだ腰抜け野郎だ」ウルウル

不二咲「お、大和田くん…」

不二咲「な、何があったの?」ウルウル
32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/03(土) 23:54:34.65 ID:xG/UyvfuP
大和田「……」

不二咲「え、えっと…」シクシク

不二咲「ご、ごめんなさい!変なこと言い出して」シクシク

不二咲「こ、こんなボクに話すことなんて何もないよね」シクシク

不二咲「そ、それじゃぁこれで」

大和田(いいのかよ…これで……自分の嫉妬ぶちまけておいて謝りもしねぇで)

大和田(また、そうやって引きずるのかよ……自分の弱さをよ…)

大和田「ま、待ってくれ!!不二咲」

不二咲「…え?」

大和田「お、俺も…話す。あの封筒の内容…」
34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 00:00:44.12 ID:WiR1aLFsP
——


大和田「つまり……俺は兄貴を殺しちまったんだよ…」

不二咲「……」

大和田「おめぇの方が俺よりもずっと強いんだよ…」

大和田「おめぇには自分の弱さと真正面から向きあおうって言う強さがある」

不二咲「そんな…ボクが大和田くんより強いだなんて」

大和田「俺は自分の弱さのせいで兄貴を殺した…兄貴を超えられないままチームを引き継いで…」

大和田「弱いままずっとだ…ずっと……」

大和田「ずっと…逃げてきたんだよ…俺は」
35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 00:09:23.69 ID:WiR1aLFsP
大和田「もう、俺からお前に教えることなんて何もねぇよ…」ウルウル

大和田「変わろうって気持ちがあるだけでも十分じゃねぇか」

大和田「俺みたいな腰抜けからは何も得られやし」

不二咲「そんなことない!!!」ギュッ

大和田「…え?」

不二咲「違うよ!大和田くん!大和田くんはずっと強かったんだよ!ずっと!」

大和田「お前…」

不二咲「だって…大和田くんのことを誰よりも知ってる…大和田くんのお兄さんが」

不二咲「大和田くんを強いって認めてたんでしょ!?」

大和田「あ、兄貴が…」

不二咲「じゃないと…大和田くんを2代目なんかに選ばないよ…」ウルウル

大和田「お、俺は…兄貴を超えることだけを考えてた……」

大和田「兄貴を超えられない俺が2代目になんかなれるはずないって思ってた…」

大和田「だから…あの時、俺は…兄貴に勝負を」ウルウル
36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 00:17:48.10 ID:WiR1aLFsP
大和田(俺に…纏わりついていた弱さって…何だったんだろうな……)

大和田(兄貴に認められた日…2代目になったあの日から……そんな弱さなんて消えてなくなっていたはずなのに……)

大和田(受け継ぐはずだった兄貴の偉大さを俺は勝手にプレッシャーとして背負って…)

大和田「何してたんだよ……俺は」ウルウル

大和田「兄貴……すまねぇ…」シクシク

大和田「何も兄貴から受け継いでいなかった…」シクシク

大和田「やっぱり、俺は馬鹿野郎だ…」

不二咲「…変わろうよ。一緒に」

大和田「不二咲…」
39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 00:27:20.55 ID:WiR1aLFsP
不二咲「ボクも頑張るからさ!一緒に変わろうよ!」

大和田「で、でも俺は」

不二咲「大丈夫だよ!」グスン

不二咲「大和田くんは誰がなんと言おうとボクの中では強くてかっこいい男なんだから!」エヘヘ

大和田「…ば、ばか!そういうとストレートに言うなよ!は、恥ずかしいじゃねぇか///」

不二咲「そ、そうかなぁ」エヘヘ

おわり

おすすめSS