1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 16:59:29.54 ID:kGkNGpdH0
食蜂「さて…まずは何からしようかしら…」

食蜂「そうだわ!>>3しましょう!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370073569

引用元: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370073569/

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 17:01:20.86 ID:dwdME0FQo
黒子の美琴への好意を封印してみる
4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 17:22:59.69 ID:kGkNGpdH0
>>3


食蜂「常盤台の食堂に着いたわ」


黒子「お姉様ぁぁん!!」シュバッ

美琴「ちょっ!いきなりくっ付くな!」ビリビリ

黒子「あふんっ!」シュー


食蜂「白井さんの御坂さんへの好意を消してみようかしらぁ?えい☆」ポチッ


黒子「ん☆」シュー・・

美琴「全くもうアンタって子は…。…そういえば今日は二人っきりでお茶しに行く約束だったわよね?」

黒子「あー、今日はいいですわ」

美琴「あれ、やっぱ行かないの?」

黒子「というよりも、別に特別お姉様と行かなくてもいいかなーなんて」

美琴「…そう」
6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 17:39:47.66 ID:kGkNGpdH0
 翌日

美琴「おはよう黒子」

黒子「ああ…、はい」

美琴「…ね、ねぇ黒子」

黒子「なんですの?御坂先輩」

美琴(せ、先輩…!?)

黒子「用事があるなら早くしてくださいまし。これから風紀委員の仕事があるというのに」

美琴「う、うん…。何でもないの」

黒子「用もないのに呼び止めないでくださいな」

美琴「…」


美琴「……一番の親友まで離れていっちゃった…」ウルッ



食蜂「これは面白いことになってるわねぇ☆」キラッ

食蜂「次は何をしましょうか…。>>7しようかしら?」
7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 17:51:02.46 ID:3wu//pvBo
常盤台中でゲコ太ブームを起こす
8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 18:03:23.80 ID:kGkNGpdH0
>>7


食蜂「ねぇ、最近流行りの物とか知らないかしらぁ?」

縦ロール「流行りの物ですか。それならゲコ太というカエルのマスコットがとても可愛らしくてですね」

食蜂「ふむふむ。もう黙って良いわよ?☆」ポチッ

縦ロール「はい。わかりましたわ女王様☆」


食蜂(じゃあ図書館と食堂で生徒を洗脳しちゃおうかしら…)



ーーーーーーーー洗脳中…ーーーーーーーー
9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 18:11:36.11 ID:kGkNGpdH0
・・・

黒子「あ、御坂先輩、これ、ゲコ太ストラップですわよね!?」

美琴「…あ、うん。そうだけど…」

黒子「ゲコ太可愛いですわよね~…!最近、とても興味が湧くようになりまして」

美琴「マジっ!?実はこれね~実は特売品なのよ~!」

黒子「へ~!さすが!御坂先輩凄いですわね!」

美琴「そ、それほどでも//」

黒子「すみません、少しお借りしてもよろしいですか?友達にも見せたいので!」

美琴「あ、友達、ね。…うん、いいわよ。無くさないでね?」

黒子「わかってますわ!」タタッ

美琴「…趣味を共有できるようになったのにこの寂しさは…」
12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 18:41:48.35 ID:kGkNGpdH0
婚后「どう?これ!」スッ

湾内「おお!これもまた可愛らしい…!」

泡浮「私達の物と色違いバージョンですわね!」


縦ロール「こ、これは…!常盤台でゲタ太が大流行してますわ!」

美琴「本当ね…。天国のようだわ…」ホワァァン

縦ロール「御坂さん…!いきます…!?」

美琴「縦ロさん…!いきましょう…!!」

美・ロ「「みんなぁ~!私たちもゲコ(ry」」


黒子「どうですのこのゲコ太!御坂先輩のですの!」

女生徒「わぁ…!特売品ですか~!少し手にとっても…?」

黒子「壊さなければいいと思いますわ」ハイ

女生徒「わぁ~…!…あっ」

黒子「あっ」



食蜂「なんか人間関係が崩壊してきたわねぇうふふふ」

食蜂「次は何をしようかしらぁん?>>14かいいかもしれないわねぇ」
13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 18:53:45.00 ID:n0H/jf2Mo
ゲコ太グッズのプレミア品販売会やシークレットライブ式のゲコ太ショー(共に人数制限有り)を行わせ、ゲコラーを争わせる
14 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 18:55:05.56 ID:tknasC8a0
15 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 19:45:39.52 ID:kGkNGpdH0
>>13


食蜂「今この状況でゲコ太好きを争わせたらどうなるか…見ものねぇうふふ」

食蜂「まずはゲコ太グッズの製作会社に限定品の特注を入れて…お金はいらないわ。能力があるもの」ドヤァ

食蜂「シークレットライブは適当にどこかの空き地を使って、役者は操ればいいわね」

食蜂「…ふふふ楽しみだわぁ☆」
16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/01(土) 20:08:42.77 ID:kGkNGpdH0
 数日後


ザワザワ…

[ゲコ太!シークレットライブショー!~全てのゲコラーよ、集まれゲコ!~ ※5名様まで]

[ゲコ太プレミアムグッズセット5名様プレゼント!シークレットライブショーのチケット同封!]

美琴「ちょ…何よ…これ…」ガクガク

縦ロール「こ、こんなこと…って…」ブルブル

黒子「ありえない…ですの…」ビクビク

婚后「ちょ…湾内、さん…私の顔に…お水を…かけてくださらない…?」

湾内「わかりましたわ…」シュブシャアア

婚后「うぶぇっ、つべちっ……こ、これは…リアル、ですのね…!?」

泡浮「そ、そのようですわ…!」


ウウッ
ウウウウウウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッッッ!!!!!!!!!

美琴「なんてことなのッ!この不条理わぁ!!」

黒子「この黒子!!感無量ですわぁぁぁ!!!!」

縦ロール「こんなことってー!!!」

婚后「きゃあああああああああ!!!!」

湾内「きゃああああああああ!!!!」

泡浮「きゃあああああああああ!!!」


食蜂(ふふふ…)
22 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 19:27:33.20 ID:yVAdTe2l0
ナレーション「時は大戦国(常盤台戦国)ゲコラー時代…」

ナレーション「ゲコラー達の技と術、全てを兼ね備えそれらを他ゲコラーより超越し者こそが手に入れることのできる宝がある…」

ナレーション「その宝とは…、プレミアゲコゲコグッズセット!ゲコ太シークレットライブショーのチケット同封!」

オーディエンス「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

ナレーション「しかァし!そのセットを手にすることができるのはたった5名だけ!」

ナレーション「戦え!蹴落とせ!狂おしいほどの欲求を心のままに解き放てェ!」

ナレーション「開ッ幕!!」

ナレーション「大覇星祭改めッ!常盤台の真のゲコラーを決める大会!!」

ナレーション「常盤台覇星祭(ときわだいはせいさい)だァァァァァァァァ!!!」

オーディエンス「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」



ナレーション「ナレーターはわたくし、一方通行がお送りしますンでよろしくゥ!!」キラッ

解説「解説はわたくし打ち止めが担当しますっ!ってミサカはミサカは張り切って自己紹介してみたり!」
26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 19:48:25.03 ID:yVAdTe2l0
ナレーション「…さァ!ということで始まりましたこの常盤台覇星祭!いやァ、とても楽しみですがこの大会の魅力はなンでしょう解説者の打ち止めさン?」

解説「そーですねー。やっぱり可憐なお嬢様が女の子らしい可愛い趣味のために女同士の骨肉の争いを繰り広げるというのが最大の魅力ですかね、ってミサカはミサカは思ったことをそのまま言ってみたり!」

ナレーション「それはまたそそりますねェ!ッエーイ!…っと失礼。取り乱してしまいましたが」

解説「イッエーイ!ミサカも同じ気持ちだよー!ってミサカはミサカは胸のうちを暴露してみる!」

ナレーション「さて、最初で最後の競技は『能力者使用可のガチトーナメント』ですがいかがですかァ?」

解説「これはやはり女同士の骨肉の争いが一番見られる競技なんじゃないでしょうか、ってミサカはミサカはまともな解説をしてみる!」

ナレーション「やはり見ものですねェ…と、早くも開始時刻です!では、いきましょう!競技スタァァートォォ!!」

ピィィィィ!!
27 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 20:37:37.10 ID:yVAdTe2l0
第1回戦

美琴「卑怯よねぇ…。私がレベル5だからってレベル3以上の能力者を10人も束にするなんて」

女生徒「いきますわ御坂様!ゲコ太はわたしません!」バッ

ボォ! バシュー! キュィィン! ズバァ! シャキィィン!

美琴「まとめて来たってそんなの通用すると思う?」チャリーン!

女生徒「あ、あれは…超電磁砲!?」

美琴「死にさらせぇぇぇぇ!!!」バチュゥゥゥゥウウウウンン!!!

女生徒「———」

ドッガァァァァァアァアアアアアアンン!!!

女生徒「」

美琴「10人とも気絶程度だけど何日かは眠ったままかもしれないわね…」

ナレーション「開始秒5秒で瞬殺ゥ!!御坂美琴選手勝利ィィ!」

打ち止め「いやー見事な手並みでしたねー。レベル5の威厳を見せ付けたというところでしょうかー。ってミサカはミサカは解説に専念してみたり!」
28 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 22:44:02.06 ID:yVAdTe2l0
・・・数十分後

第11回戦

黒子「瞬殺してあげますわ…」

女生徒「1年坊が調子乗ったら痛い目見ますわよ…?」ゴゴゴゴ

黒子「それはどうでしょうか?」シュンッ

女生徒「えっ、どこへ行っ」

黒子「遅いですわよ…!」タッチ

シュンッ ズゴッ

女生徒「」

黒子「チョロいですわ」

ナレーション「オォットォ!?これは番狂わせだァ!!なンと女生徒は一瞬にして壁へ頭をめり込んでしまったァァ!!」

解説「動かさないようにしておいて後でまた空間移動すればいいかもね、ってミサカはミサカはテキトーに答えてみたり」


次→>>30>>32
30 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 22:47:13.76 ID:wC7vyDLr0
婚后
32 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 22:58:09.79 ID:/Gw8okClo
エカテリーナちゃん
33 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/02(日) 23:22:12.50 ID:yVAdTe2l0
>>30gt;>32おいww


第15回戦

婚后「エ、エカテリーナちゃん…ですって」

エカテリ「しゃーですの」

婚后「し、仕方ないですわ!たとえ貴女を倒してでも…ゲコ太を手に入れなければならない道にいる…!」

エカテリ「っしゃあ!いくわよ!」バッ

婚后「かかったわね!」タッチ

エカテリ「何しゃあがるんでs」

ズビョッショォォォォォォォォォン!!!

ズヒュゥゥゥーーーーーーン!!

エカテリ「ぐ…しゃあ…」ブチャッ

婚后「トンデモ発射場ガールの異名は伊達じゃないということよ!」

解説「自分のペットをミサイル並にぶっ飛ばすなんて人間として疑っちゃうってミサカはミサカは憤りを露にしてみたり」

エカテリ「」ゴフッ
34 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 17:26:18.18 ID:kM/T6cg40
第20回戦

女生徒「とりゃあ」

湾内「いきますわよ」ブシャアアアア

女生徒「ひでぶー!」ボッシャアン

湾内「水遁・水牢の術…」

女生徒「—!—!」プカプカ

女生徒「—!…!——……!」プカプカ

女生徒「——…——…」プカプカ

女生徒「」プカプカ

湾内「勝ちましたわー!」ボッシュウゥゥ

女生徒「」プハァ

解説「今時、水牢の術を知ってる人は何人いるんでしょうか、ってミサカはミサカは興味本位で疑問を投げかけてみたり!」
37 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 18:27:59.72 ID:kM/T6cg40
第22回戦

女生徒「では尋常に!」

泡浮「いきますわよ!」

女生徒「やぁ!」ブンッ

泡浮「念動力ですわね、この程度ならっ」ヌヌヌ

女生徒「あ、あら?操っている岩が地面に落ちましたわ…」

泡浮「私の能力は物体の浮翌力を増減させる流体反発(フロートダイヤル)!それを応用すれば…ぁ!」ヌヌヌ ガコッ

女性徒「なっ!?岩を持ち上げてるですって!?」

泡浮「ッ…とりゃぁぁぁああああ!!」ヌヌヌ ポーイ

女生徒「えっ!?ちょ!待っt」

ドゴグシャアアッッ!!

泡浮「勝負ありですわ!」

解説「うわぁ…ってミサカはミサカは言葉にできない状況を感嘆詞だけで表現してみたり…」

一方「チッ…嫌な思い出が甦ってきちまったぜ…」
38 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 18:31:20.78 ID:kM/T6cg40
縦ロール「私の相手は…あなたですのね」

縦ロールの相手>>40
1、美琴
2、黒子
3、婚后
4、湾内
5、泡浮
40 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 18:35:01.58 ID:0W51BqOX0
41 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 18:52:24.61 ID:kM/T6cg40
湾内「私が相手ですわ」

縦ロール「ではいきますわよ」

湾内「はいですわ!」


第24回戦

湾内「はぁぁあ!」ブシュゥゥゥウ・・・

縦ロール「てやぁぁぁ!」タタタッ

湾内「あら?ちょっとお待ちください」

縦ロール「なんでしょう?」キッ

湾内「そういえば縦ロール様の能力はどんなものなのですか?」

縦ロール「私の能力?私の能力は>>43すわ」

(原作で明かされていないので何か一つ。レベルの指定>>46
43 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 18:59:45.79 ID:yK4ho59AO
乳輪を大きくする
46 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 19:02:53.14 ID:hX/ZDfCAO
レベル4
78 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 22:28:47.17 ID:kM/T6cg40
縦ロール「私の能力?私の能力はレベル4の予知能力(ファービジョン)ですわ」

湾内「っ…!?」

縦ロール「さぁて、今から何が起こるでしょうか?」

湾内「ぐっ…しかし、ゲコ太グッズは…!」

湾内「私の物ですわぁ!!」ズブシャァァァァアアア

縦ロール「無駄ですわ。私にはあなたの1年後でさえも見透かすことができるのですよ?」

湾内「余裕かましてくださって、まぁ…」ビシャシャシャシャシュシュ

縦ロール「あなたは次に『この攻撃まで予知できたかしら?』と言う」

湾内「はぁ!この攻撃まで予知できたかしらぁ?」

ボコッ ボコッ ボコッ ズズォォォォォォオオオ

解説「こ、これはぁ!?なんと泥を操っている——いや!大量の水分を含ませた泥を、水ごと持ち上げているのかぁ!?」

湾内「いくらなんでも水で操作する泥で視界と四肢の動きを塞がれてはどうにもできないしょう!」バッ

ブチャッ ズチャッ ブシャッ ベチャッ グチャッ

縦ロール「うふふ。見える見える…。湾内絹保の敗北の瞬間が見えますわぁ…」
81 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 23:08:18.54 ID:kM/T6cg40
湾内「はぁ!」ズズズズズズズズズ

縦ロール「あなたは次に『私に泥の砲弾をぶつけて戦闘不能にしようとする』」

湾内「これで終わりですわっ!」ズゴッシュゥゥゥゥウウウウウ

縦ロール「ここで私にその砲弾は当たらない。何故なら—」


キュイーン!

上条「おい、テメェら!!こんなところで何やってやがる!!」


縦ロール「—『不思議な右手を持つ殿方が現われて私を救ってくださる』からですわ」
83 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 23:29:36.57 ID:kM/T6cg40
ナレーション「なッ!?とンでもない番狂わせだァ!!一人の男が乱入ゥ!大会はどうなってしまうンでしょうかァ!?」

上条「…おい一方通行、お前何やってんだこんなところで…?」

解説「打ち止めもいるよーっ!ってミサカはミサカは自己の存在を猛烈アピールしてみたり!」

上条「…と、とりあえず…。おい!常盤台の中学生!なんでこんなに喧嘩してんだよ!?」

湾内「お退きなさい!…私たちは絶対に曲げられない信念を掛けて争っているのですわ…!」

縦ロール「あなたは次に怪我をしますわよ?」

上条「え、俺?」

ズブシャアアアッ バキィッ

上条「どぶっー!!」ドサッゴロゴロ

湾内「よ、よそ見なんてするから…!当てないつもりでしたのに!」

縦ロール「そして次に殿方は『説教を始める』のですわ」

上条「ぐっ…おい、テメェ…!」

湾内「…ひっ」
85 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 23:38:47.05 ID:kM/T6cg40
上条「何が信念だ…!こんな、女同士で殴り合うのが信念だってのか…!?」

湾内「…」

上条「そんなんじゃ…、そんなんじゃあ…!」

湾内「…」


上条「裏設定的に俺が勝てねぇだろうがっ!!」


湾内「…は?」

上条「俺はふざけた裏設定のせいで、信念の揺るがない奴には勝てないんだよっ!」

上条「もしもこの常盤台中の生徒がみんな…、曲がらねぇ信念を持ってるってんなら…」

上条「俺はその幻想をぶちころせねぇ!!」

湾内「」


縦ロール「時間ですわ」


ズバァァァァァァァァアアアアアアアアアアンン!!!!


上条「」
89 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/03(月) 23:54:55.90 ID:kM/T6cg40
美琴「…アンタ。こんなところまで遠路はるばる何しに来たのかなぁ~ん?」チャリーン ビリッビリッ

上条「…み、みさ…、…御坂さんちーっす!」ダダダダダダダ

美琴「死に腐れぇぇぇぇぇぇぇぇぇえええええ!!!」バチュゥゥゥゥゥゥゥゥウウウウウウウウンン!!!

上条「にぎゃああああああああああああああ!!!!」ッダダダダダダダダダダ

パキィン ズッギャアアアアアアアアアアン!!!

一方通行「人殺しは、い・け・な・い・ぜ・?」ファッサァアア

美琴「」

上条「」

縦ロール「いくら未来が見えていたとはいえ、こんなこ非常識なことあっていいんでしょうか…?」

湾内「」パクパク

解説「お姉様は怒りの超電磁砲を逃げる上条当麻にぶち込むも一方通行のベクトル操作によって弾かれたということです。ってミサカはミサカはちゃんと解説者やってんじゃんってところを見せ付けてみたり!」

上条「…つ、つか、どこに御坂が怒る要素があったんでせう…?」アセアセ

美琴「ア、アンタがここここの大会をぶち壊し壊しにしししようとしてじゃないの!!」アセアセ

上条「言葉がおかしいぞ御坂」
90 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 18:00:20.96 ID:dzSsqTFL0
一方通行「じゃ、部外者には帰って貰いますンで」ファサファサ

上条「でも!」

美琴「私たちの想いを踏みにじる気…?」

上条「ぐっ…!」

一方通行「おい、行くぞォ。乗りなヒーロー」ファサファサ

上条「…おう」ストン

一方通行「行ッくぜェェェェェィィイヤッホォォウ!!!」ズギャッシャァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアンンンン!!!!!

上条「」アババババ



ナレーション「どうやら湾内絹保選手、戦意喪失の模様ですゥ」

解説「あなたどこ行ってたの?…まぁいいか。この場合、縦ロールさんの勝ち抜けとなります、ってミサカはミサカはルールを説明してみたり」

湾内「」パクパク

縦ロール「やはり私の勝ちは決まっていたのですわ」
91 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 18:29:56.88 ID:dzSsqTFL0
食蜂「久しぶりに登場だわ。一応、このssの主人公なのに今まで空気とか」

食蜂「でもまぁ、縦ロールちゃんが頑張ってくれてるようだしぃ?」

食蜂「むしろ苛めちゃおうかしらねぇ!きゃはっ☆」

食蜂「ところで今の湾内さんの敗北で上位5名が決まったわねぇ…」

食蜂「うふ、うふふふ。ゲコ太のグッズだとかショーのチケットだとかまさかあんなに簡単に信じてくれるなんてねえ?」

食蜂「うふ。実はあのゲコ太グッズの中身はチケットだけで、その行き先はオバケ屋敷だったのよー!」
92 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 18:52:11.82 ID:dzSsqTFL0
食蜂「そういえばオバケ屋敷のキャストはまだ決めてなかったわね」

食蜂「まず、和風オバケを5体、西洋オバケを5体欲しいところねぇ」

以下、挙げてけ
113 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 22:56:00.69 ID:dzSsqTFL0
 数日後


食蜂(そろそろ、ね)コソコソ


ザッ ザッ

美琴「ここかぁ~!」

縦ロール「ここが例のシークレットライブショーの会場…!」

黒子「グッズセットの中身がこのチケットだけだったのは少々残念でしたけど…」

泡浮「このショーが見られるなら全てチャラですわ!」

婚后「でも、随分と殺風景な場所に建ってますこと、この建物」

美琴「そんなことどうだっていいわよぉ~!さ!さ!中に入りましょう!」キラキラ

黒子「御坂先輩、暑苦しいですの。こんなことでは常盤台の名に恥じてしまいますわ。それにしても日ごろから言ってますでしょう。淑女たるもの(ry」

美琴「っ…黒子。アンタ一体どうしたっていうのよ…」ズキッ

縦ロール「あら?これは…そういうこと」

婚后「どうかなされました?」

縦ロール「いえいえ、そんなことより早く入りましょう!」

美琴「っ…そ、そうね!今日は思いっきり楽しんじゃいましょう!」
114 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 13:21:39.49 ID:MWpPiaws0
ピラッ

泡浮「この垂れ幕の柄も可愛かったですわねー…ってあれ」

婚后「なんかやけに暗いし静かですわね」

美琴「まだ、準備が終わってないのよ!さ、行きましょ」ルンルン

黒子「全く先輩は…」

美琴「入場口は…あそこか」スタスタ

美琴「お邪魔しまーす!」スッ

芳川「…」スッ

美琴「おっと、すみません。スタッフの方ですか?」

芳川「まぁ、そういうことになるかしらね」

美琴「は、はぁ…。ゲコ太ショーの会場はこの奥ですか?」

芳川「そうかもしれないわね」

美琴「…?とりあえず私はこれで」スッ

芳川「そうね」スタスタ

美琴「あれ?一緒に来るんですか?」

芳川「お気になさらず」

美琴「はぁ…。あ、すみません、会場の方向—ひっ!?」
116 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/05(水) 13:37:56.26 ID:MWpPiaws0
芳川?「ふふふ…驚いたかしら?」コンコン

美琴「き、狐…!?」

芳川?「何言ってるのかしら?私は私よ」

美琴「嘘よ…!なんであんな一瞬で狐に…しかも喋ってる…」

芳川?「そう、私の正体は狐よ。でも、」カァッ!

美琴「う、眩しいぃ!」グッ

シュー・・・

芳川「人間の姿にもなれるの。ふふ」

美琴「そ、そんな…。もしかして肉体変化(メタモルフォーゼ)!?いや、でもこの人は大人だし…」

芳川「それじゃあ、さよなら」カァッ!

美琴「うっ、また!」グッ

シュー・・・

芳川?「うふふ…」コンコン タタタタッ スッ

美琴「な、なんなの…あれ」
117 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 15:09:44.37 ID:BfNyDRuV0
黒子「御坂先輩、どうしたんですの?」スッ

縦ロール「汗が凄いですわよ?」スッ

美琴「い、いや、なんでもないの」

美琴(あんなこと誰も信じてくれるわけないわよね…)

泡浮「しかし、ショーの会場って本当にここなんでしょうか…?」

婚后「妙に暗いですわよね」

美琴「今はただの暗い通路でも、進んでいけば明るい会場に出るのよ、きっと!」

黒子「とりあえず、先に進んでみませんこと?」

縦ロール「それがいいですわ」

縦ロール(ふふん。食蜂様、私はもうとっくに見抜いていますことよ?)
118 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 16:39:38.09 ID:BfNyDRuV0
~ 建物の外 ~

スタスタ

芳川「……」

食蜂「…いい演技だったわよ~?褒めて遣わすわぁ」

芳川「それは光栄ね」

食蜂「はい、お給料」スッ

芳川「ありがとね。大事に使わせてもらうわ」

食蜂「ふふっ。まさかあの御坂さんをこんな簡単な手で騙せるなんてねぇ」

芳川「閃光玉で目を眩ませてる隙に狐と入れ替わって、」

芳川「トランシーバーで何か喋ると、受信型発声機をつけた首輪が私の声を出し、狐が喋ってるように見える」

芳川「確かにこの程度であの超電磁砲を騙せるなんて」

食蜂「しかも、今御坂さんたちが通ってる通路は冷房ガンガン。肌寒く感じる」

食蜂「御坂さん以外の4名は、今自分たちが置かれている状況を恐怖するように操作してあるわ」

食蜂「雰囲気作りは完璧…あとは現場のスタッフが頑張るだけねぇ☆」
119 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 16:43:08.67 ID:BfNyDRuV0
美琴「……」スタスタ

黒子「……」スタスタ

婚后「……」スタスタ

泡浮「……」スタスタ

縦ロール「……」スタスタ

婚后「…だ、誰か喋りなさいよ…」ビクビク

泡浮「無理もないですわ…、こんな雰囲気じゃ…」

黒子「なんか怖いですわ…」

美琴「肌寒いわね…」

スゥー・・・

美琴「ひっ」

??「……」スゥー・・・

黒子「だ、だ誰です、の?」ビクビク

婚后「正体を、あ、現しなさい…!」ビクビク

??「私はァ…」

泡浮「その風貌…雪女です、の…?」

雪女「そうねェ…」

美琴「…ん?アンタ…」
120 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 16:54:37.21 ID:BfNyDRuV0
美琴「アンタ、もしかしてアクセr」

雪女「」ヒュオオオオオオ

美琴「うッ…!?寒っ!」

黒子「まさか、本物ですの…?」

婚后「ここは学園都市ですのよ!?オカルトなんてあるはず…」

雪女「それはどうかし、らァァ!?」ビュゥゥゥゥゴォォォォォォォォォォォ

美琴(この肌寒い空気を丸ごと操ってるの…!?やっぱりコイツ…一方通行じゃね?)

雪女「どうかしらァ…?これでも本物じゃないとでも…?」

黒子「ふ、ふん、馬鹿馬鹿しい!この程度、並の風力使いですら真似できますの!」

雪女「……」

黒子「そこをお退きなさい!さもなければ、この鉄の釘を体内に…!」チャキッ

雪女「やってみればァ?そんなもの効くかしらねェ…」

黒子「っ!…それなら後悔するなですの!」チャキッ シュンッ

雪女「フッ…」パキィン

黒子「なっ…!?」

泡浮「白井さんの空間移動が!?」
121 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 17:08:09.73 ID:BfNyDRuV0
雪女「ヒャァァァァァァァッ!!!」ッゴォォォォォオオオオオ

美琴「うっ!」

黒子「そんな…私の空間移動が効かない、なんて…」

婚后「わ、私の攻撃ならっ!…何か発射物…こ、この鉄の釘を!」ピトッ ズヒューーーーーーーン!!

雪女「効かぬゥ!!」パキィン

婚后「なッ!?跳ね返って」

美琴「婚后さん危ない!!」ビリビリジジジジ

婚后「鉄の釘を電磁力で止めたのね…助かりましたわ」

美琴「ふぅ…」

雪女「…貴様らでは相手にもならぬわ。消すかァ…」

美琴「なッ!!」

黒子「そんな…こと!」

雪女「キェェェェエエエエエエエエエイイィィィィィィイイイイ!!!!」バッ!

泡浮「襲い掛かってくる!!?」

婚后「い、いやっ!やめてぇぇぇぇぇえ!!」

黒子「こないでくださいですのっ!」

美琴「うりゃあっ!!」ビリビリ

雪女「」ボフンッ

美琴「…えっ?」
122 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 17:23:48.11 ID:BfNyDRuV0
黒子「白装束だけ残して消えましたの…」

美琴「どういうこと…?」

天の声『キハハァ!!テメェら三下とのお遊びはもうお開きだァ!!だが、もし暇になったらまた付き合ってくれよなァ!!』

泡浮「どこからか声が響いてる…雪女の声ですわ!」

婚后「あの一瞬でどこに行ったのかしら…?」

美琴「クソ!あいつめ!次あったらただじゃおかないんだから!」ビリッ

・・・

食蜂「ご苦労さん☆」

一方通行「…チッ…。テメェみてェな三下に協力するのは反吐がでるが…」

食蜂「何よぉ?例の物はちゃんとここにあるわよぉ?」スッ

一方通行「チィ…」バッ

食蜂「そんなにぶん取らなくてもいいじゃないかしら?打ち止めちゃんのためなんでしょう?このプレミア付きゲコ太グッズ」

一方通行「……」スタスタ

食蜂「相変わらず無愛想な人ねぇ。ナレーターやってるときはあんなに活き活きしてたのに」
126 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 20:08:53.92 ID:BfNyDRuV0
縦ロール「さ、先に進みましょう」

泡浮「!こんなところもう…」ブルブル

婚后「泡浮さん…?ゲコラーとしてのプライドはどこへ行ったんですの?」

泡浮「はっ!」

黒子「そうですの…。この奥には…!」

美琴「ゲコ太が待ってるのよ!」

泡浮「そ、そうでしたわ!どんな困難が来ようとも、絶対に会場へたどり着いてみせますわ!」

婚后「そのいきですわ!」


??「ふふふ。その自信がいつまで続くやら」


美琴「!?新手か!?」

??「ふふふ。あなたたちはここで終わりです」

黒子「シーツのオバケ…そんな子供の仮装パーティみたいな格好じゃ私たちは騙せないですわよ!」チャキッ

??「鉄の釘か。そんなもの!ふんっ」

黒子「なっ!釘があのシーツの方のほうへ吸い寄せられて!?」

スイー パシッ

??「ふむ。なんとも容易いな」クギ<サワサワ

黒子「ぐぬぬ…」

美琴(今の力って…電磁力…!?)
127 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 20:25:09.96 ID:BfNyDRuV0
婚后「でもこの程度なら!」ピトッ ズヒューーーーーーン!!

??「長テーブルに噴射点をつくり飛ばしてくるか。しかし、遅いな」スッ

ガシャンッ ガラー

婚后「避けたですって!?」

??「そろそろ本気でいくか。いでよ!我がきょうだい!!」

バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ バッ

黒子「こ、この数!」

縦ロール「100体ほどいますわね…」

??「ふふふ」フワ~

フワ~ フワ~ フワ~ フワ~ フワ~ フワ~ フワ~ フワ~ フワ~ フワ~ フワ~ フワ~ フワ~

泡浮「み、皆さん浮いてますわ!」

美琴「!やっぱりこの力!」ビリビリジジジッ

??「!?」ストッ

美琴「正体を現せ!この電撃使いめ!」バッ

御坂妹「あっ」バッ

美琴「…やっぱりアンタ達だったのね…」ハァ

御坂妹「何故、分かったのですかお姉様、とミサカは率直な疑問を投げかけます」

美琴「電磁力よ電磁力!アンタ達の発する電磁力が私に分からないとでも思ったの!?」

御坂妹「さすがはお姉様。私たちでは遠く及びませんね、とミサカは返答に納得しつつお姉様を褒めちぎります」

黒子「なんだ…妹さんでしたの?」

美琴「そ、そんな感じよ」
128 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 22:38:57.38 ID:BfNyDRuV0
美琴「で、あいつらはみんな帰らせた訳だけど」

黒子「結局、あのオバケの格好した御坂先輩の妹さんは何がしたかったんですの?」

美琴「まぁ、まぁ、別にいいんじゃない?先に進もう先に!」

婚后「そうですわね。所詮、最初の雪女の人だってイタズラかもしれませんことよ」

泡浮「しかも、ここにはレベル3以上の能力者が揃ってますし!」

縦ロール「きっと、大丈夫ですわよ。私の能力は未来予知ですし」

美琴「そ、そっか!縦ロールさんは未来が見えるんだっけ、それなら私たちは無事にゲコ太ショーに行けてるのかしら?」

縦ロール「大丈夫ですわよ」ニコッ

美琴「そう…」ホッ

黒子「そうと決まったら進みますの。ここで時間を食ってるのが惜しいですわ!」

泡浮「う~!早くショーを見たいですわね!」


以下から次の仕掛け人を選ぼう>>130


 和風
市松人形の格好の神裂さん
芳川の玉藻の前
落武者風の闇咲さん
河童の上条
雪女の格好した一方通行←済

 洋風
フランケンシュタインの駒場
狼男の浜面
お化け姿の御坂妹←済
ラミアのむぎのん
キョンシ—のエツァリ

ちなみに、あと3名くらいに絞りたいと思う。
そのつど安価で選ぶ
130 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 22:40:44.11 ID:/nnniWJ70
上条とむぎの
135 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/06(木) 23:25:24.11 ID:BfNyDRuV0
美琴(さてさて、今度は何がでてくるのかな~ん?っと)スタスタ

黒子「あ、あれはなんですの?」

泡浮「脇の通路から何かが…」

コソコソ・・・ニョロッ

婚后「もしかしてあれは愛しのエカテリーナちゃん!?待ってて、今行くわ!」スタタタ

美琴「待って!罠かも知れないわ!…って、行っちゃった…」ハァ


キャァァァァァァァァァーーーーーーーーーーー!!!


一同「「「!!!」」」

美琴「やっぱり罠だったんじゃ…!?」ダッ

??「罠、ねぇ。ふふふ」

美琴「あ、アンタはッ!!」キッ

麦野「また、会ったわねぇ、第3位の ク ソ ガ キ ちゃん」ニコッ

美琴「また、貴様はぁぁぁ!!!」ビリビリビリ

麦野「おっと、危ないわねー」パシィン

美琴「くっ!バリアか!」ビリッジジ・・・
136 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 07:14:42.06 ID:nVW0aZrc0
麦野「大丈夫よ?この子は気絶してるだけだし」スッ

婚后「」グテー

美琴「尻尾で吊り下げて…って、アンタその下半身…」

麦野「あら、気づいた?あはは」

黒子「御坂先輩!婚后は…、ッ!?」ダッ

泡浮「きゃああああああ怪物うううううううううう」

美琴「アンタ…下半身が蛇に…!?」ガクガク

麦野「ふふふ。綺麗でしょ?」

黒子「きっ、キモいですの!」

麦野「カチーン。むかついた。殺しちゃおっかな~?」キュィイィィイイン

美琴「!!危ない黒子!避けて!!」

黒子「えっ?なn」


ズバァァァァァン


黒子「」カハッ


美琴「黒子ぉぉぉぉぉぉぉおおおおおお」
138 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 08:40:05.26 ID:nVW0aZrc0
麦野「( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・(  ゜∀゜)ハァーハッハッハッハ!!」

美琴「貴様ァァぁぁぁぁぁぁあああああああああ」チャリーン ビリビリッ

麦野「やるってるの?」キュィィィイイン キュィィィイン キュィィィン←3個をまとめる

美琴「らぁぁぁぁぁぁぁっぁあああああ」

麦野「オラァァァァァァァアアアアアア」

バチュゥゥゥウウウウウウウウウウン!!

ビィィィィィィィィイイイイイイイイイイム!!!

ズガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ

泡浮「近くにいるだけで…死んでしまいますわっ…!」ガクガク

縦ロール「とりあえず逃げm」


キュイーン


美琴「…え?」

麦野「…は?」


河童「お前ら何やってんの?」


麦野「河童…だと」

美琴「河童…ですって」
139 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 09:08:50.21 ID:nVW0aZrc0
河童「何でこんなところで喧嘩してんだよ」ペタペタ

美琴「こ、こないで!」

麦野「消えろ!気持ち悪い!」

河童「レベル5同士がぶつかったら周りがどうなるかわかってんだろーが」ペタペタ

麦野「来んじゃねぇ!!」ビィィーーーーム

河童「いい加減やめろっつってんだよ」キュイーン

麦野「くっ…!なんなんだコイツぁ!」

河童「ちったぁ周りのことを考えろよ」ペタタタ

美琴「キメェっつの!」ビリビリッ

河童「…チッ。口で言ってもわからないようだな」キュイーン

美琴「ぐっ…!」

河童「なら、拳で語るしかねぇ」ペッタッタッタッタ

麦野「来んなっつってんだよ!」

美琴「こ、来ないで!」
143 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 21:24:12.67 ID:nVW0aZrc0
河童「さて、どっちから説教してやろうか?」

美琴「…麦野、ここは共闘よ」

麦野「…チィ、癪だが仕方ねぇか…」

バチバチッ
キュィィィン

河童「お前達、まだそんな荒っぽい真似を続ける気なのか!それなら」ペッタッタッタ

麦野「いくわよ!!」キュィィィィイイン

美琴「言われなくても!!」バチバチッ

河童「テメェらの幻想は…!」グッ

河童「ここで…!」スッ

河童「跡形もなくぶっ壊してやる!」ペッタッタッタ

美・麦「「おらあああああああああああああああ」」

河童「おおおおおおおおおおおおおお」ペッタッタッタ


ズバッチュュゥゥゥゥゥアアアアアアアアアン!!!!
144 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 21:42:48.27 ID:nVW0aZrc0
そのとき、天使が舞い降りた。


一方「三下どもが粋がってンじゃねェぞォォォォォ!!!」ファッサァ ズキューーーーーーン!!



エイワス「私だ」バシンッ


一方「ぐぼェぇ!?お前だったのかァァァ!!」グシャア ドッテン ゴロゴロ・・・

河童「エ、エイワス…だと」

美琴「え」

麦野「あ」

エイワス「私は無用な争いは好まないのだ」ズオオオオオオオオ

輝く翼でメルトダウンレールガンを相殺。

美琴「あ…あ…」

麦野「な…なんてこと…」

河童「太刀打ちできそうもねぇ…」


食蜂「なんか凄いことになってるわぁ」ポカーン
145 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 09:41:02.50 ID:PEHipGwh0
食蜂「なんか私では収拾つけられなさそうだしぃ、帰ろうかしら?」ウーン

バッキャァァン!!

一方「おぶううううううう」ヒューン

食蜂「どぶべっ」ドゴッ

一方「」ドサッ

食蜂「」ドサッ

エイワス「やり過ぎたな。関係の無さそうな一般人まで巻き込んでしまったか。これでドロン」ボフン


美琴「」パクパク

麦野「」パクパク

一方「」グフッ

食蜂「」ブヘッ

河童「……」
148 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 10:11:27.71 ID:JfagBEo90
上条さん誘惑して御坂に見せつける
151 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 12:06:24.41 ID:PEHipGwh0
>>148


食蜂「上条さんを誘惑してそれを御坂さんに見せ付けるのもいいわねぇ」

食蜂「ふふふ。そうと決まったら即行動よ」ダッ


・・・・・


上条「はぁ…。今日も特売を見逃しちまった…不幸だ」ズーン

「もしもし?上条さん?」

上条「ん?」

食蜂「こんにちは!ミサキちゃんの登場なんだゾ☆」

上条「あ、ああ。食蜂か。何か用か?」

食蜂「そうねぇ…ちょっと付き合ってくれないかしら?」

上条「何をだ?」

食蜂「決まってるじゃない?デートよデート!」

上条「はぁ!?いきなりデートのお誘いって上条さんにはそんな恋愛ゲー展開あるはずが!?」

食蜂「気にしない、気にしない」ガシッ

上条「おわっ!?いきなり腕を組むな!」ドキドキ

食蜂「上条さんは…私のこと嫌い…?」ウルウル

上条「え?いや、そんなことはないけど…」

食蜂「じゃあ、いいわよね!行きましょう!」グイッ

上条「おわっ!?だから、無理やり引っ張るなって!」
154 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 14:47:39.09 ID:PEHipGwh0
食蜂「まずは、そうねぇ…少し歩いてみましょ」ギュッ ニコッ

上条(うわぁ…可愛い)ドキッ


食蜂「……」トコトコ

上条「……」トコトコ

食蜂「……」トコトコ

上条「……」トコトコ

食蜂「上条さん」

上条「はっ、はい!?」ドキッ

食蜂「…そんなに驚かなくてもいいんじゃないかしら?」ムスッ

上条「いやぁ、不意打ちだったもので…ははは」

食蜂「そう、そんなことより」

上条(俺の意見はどうでもいいんですね、わかりましたよーだ)

食蜂「私のこと…どう思ってるのかしら?」

上条「えっ?あ、悪い奴じゃないとは思うけど…」

食蜂「そう、私は上条さんはかっこいいと思うけどなぁ?」

上条「は、はぁ。…え?えぇ!?」ビクッ
155 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:46:07.02 ID:PEHipGwh0
食蜂「そんなに驚くことかしらぁ?」

上条「お世辞ありがとう、っつか、上条さんがかっこいいだなんて万に一つもありませんのことよ?」

食蜂「…なんていうか…ヒクわぁ」スススス

上条「えぇ!?どうして、俺から徐々に後ずさりで離れて行ってるんでせう!?」

食蜂「無自覚とか最低よねぇ…。もはや女の子に対する冒涜だわ」

上条「…凄く心が痛いんですがそれは」

食蜂「あのね。みんな上条さんのこと信頼してるのを理解してあげないといけないと思うのよ?」

上条「は、はぁ…」

食蜂「御坂さんだって上条さんのこと、とても信頼してるはずよ?」

上条「あのビリビリが?wwないない!wwいっつも電気飛ばして俺死にそうだもん!ww」

食蜂「はぁ…デリカシーなさすぎよ。御坂さんに同情するわぁ」

上条「え?」

食蜂「まぁ、今日はそんな堅いこと抜きにして楽しむんだゾ☆」

上条「唐突すぎやしませんか」
157 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 23:32:55.15 ID:PEHipGwh0
食蜂「さっ!行きましょ!」グイッ モニュッ

上条「はぅぅ///」ドキッ

上条(胸当たってるぅぅぅぅぅ…あ、やっべマジやっべ大事なところが)

食蜂「どうかしたぁ?」ギュッ

上条「うぇいぁ!?いやいや!何でもありませんのよー!」

上条(爆ぜる…俺の下条さんが爆ぜてまうぅ///)

食蜂「おかしな上条さん」ニコッ

上条「は!?///そ、そうかなー?は、はは、はははは」ドキッ

上条(おい、コイツは俺を爆散させてぇのかよー!?)

上条「とりあえずっ!!」バッ

食蜂「きゃっ」

上条「ご、ごめん!…これ以上密着してたら俺の身が持たん…ふぅ」

食蜂「そ、そう。ごめんないさいね?」ニコッ

上条「///」


食蜂(フッ。計画通り)ニヤッ
158 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 23:47:51.17 ID:PEHipGwh0
 ~ その頃のビルの物陰 ~


美琴「あ、あれは…」ワナワナ

カミジョーサーン!
オォウ!?・・アタッテルアタッテル!

美琴「アイツ!またあんなところで…!」バチバチ

美琴「……」バチッ

美琴「……」

美琴「…食蜂の奴、アイツのこと…好きなのかな…」

美琴「アイツも私なんかより食蜂のほうが良いのかな…。胸大きいし」

美琴「……」フアン
159 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 00:01:20.84 ID:wIBo4KR+0
食蜂(ふむふむ。周りの人たちの記憶を見てみると、ついさっきまで御坂さん、この現場を見てたらしいわねぇ)

食蜂「あ、ごめんね上条さん。私、急用思い出しちゃってぇ」

上条「え?あ、そうか。じゃあ今日のところはお別れだな」

食蜂「そうね。じゃ、上条さん。またね☆」タタッ

上条「お、おぅ」ドキッ


食蜂(御坂さんを嫉妬させる作戦は大成功…ってところかしらね。うふ)

食蜂「じゃあ、次は何をしようかしら?>>162
162 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 00:05:08.16 ID:13kJb146o
姫神の影を濃くする
164 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 00:18:26.00 ID:wIBo4KR+0
>>162


食蜂「教員たちの記憶改竄して手に入れた『とある高校の学生名簿』よぉ」

ピラッ ピラッ

食蜂「上条さんのクラスは…おっとここね。…姫神…秋紗…?誰かしら。まぁ、誰でもいっかぁ☆」ニヤッ

食蜂「担任含めて、上条さんのクラスの人の姫神さんへの認識力を、路上のアリへの認識レベルまで低下、っと」ポチッ

食蜂「完全に認識できなくなるのも面白くないしねぇ」

食蜂「…私ってゲスいわねぇ(笑)」
167 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 00:32:08.03 ID:wIBo4KR+0
 授業中


吹寄「xをyと云々…」

小萌「吹寄ちゃん大正解なのですよ~!じゃ!次の問題もちゃっちゃと解いていきましょ~!誰か分かる人はいませんか~?」

姫神(…次の。次の問題なら。答えられるはず)

姫神(そして。上条くんに。少しでも認めてもらうんだから)

姫神「はいっ」バッ


シ~ン・・・


姫神「……?」

小萌「先生残念なのです…。分かる人が一人もいないなんて~」

姫神「は?」

小萌「本当に誰も分からないのですか?みんなはやればできる子たちなのですよ~!」

姫神「あの。だから私が」

小萌「はぁ…。では、この問題は先生が解いて見せるのですよ~」カキカキ

姫神「…え」

小萌「え~っとですね~。この問題は云々…」

姫神(…いくら。…私の影が薄いからって。これは酷いんじゃ?)グスッ

上条「」クカー
171 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 00:38:57.72 ID:wIBo4KR+0
 次の授業


先生「この問題分かる奴いるかー?」

姫神(今度こそ)

姫神「はいっ」バッ


シーン・・・


先生「…じゃあ、この問題は先生が解くぞー」

姫神(いくらなんでも。酷いよ)グスッ

上条「ん~…がんばれ~…」ムニャムニャ

姫神「ん。どこかから。エールが聞こえたような」

姫神(私。頑張るわ!)


食蜂(いいぞいいぞ)
172 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 00:46:13.81 ID:wIBo4KR+0
 さらに次の授業


先生「誰かこの問題わかるか?」

姫神(頑張るの。私!)

姫神「は、はいっ!」バッ


シーン・・・


先生「いねーのかい。じゃあこの問題は先生が…」

青ピ「は~い♪」バッ

先生「じゃあ、青髪。前に出てきて書いてくれ」

青ピ「わっかりました~」スタター


姫神(駄目。私もう駄目)ウルウル


上条「んぁ…ふぁ~。良く寝たぜ~」ノビー


食蜂(よしよし、順調よぉ!)
173 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 00:58:48.36 ID:wIBo4KR+0
 さらにさらに次の授業


先生「この問題わかるかしらぁん?」


姫神(どうせ。駄目なの。わかってるのよ)

姫神(私は。一生ヒロインになれない。かわいそうな少女)

姫神(せめて。もう少し。影が濃ければ)

姫神(最後の悪あがき。どうにでもなれー)

姫神「はい…」バッ


食蜂(きたっ今だ!それ☆)ポチッ


先生「おー、姫神ちゃん。珍しいわねぇ、できるかしらぁん?」

姫神(ほら。結局当てられ…)

姫神「あれ?」
174 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 01:00:21.54 ID:wIBo4KR+0
青ピ「なんや、姫神ちゃんも分かってたんか~い。あの美人先生に媚びるチャンスやったんやけどな~」

土御門「珍しいにゃー。いつもはあんまり目立たないのに今日の姫神秋紗は光って見えるぜよ?」

吹寄「頑張って!姫神!」

女子1「がんばれー!」

女子2「がんばってー!」

男子1「応援してるぞー!」

男子2「いけー!」

姫神「」ポカーン

上条「がんばれっ」ボソッ

姫神「!」

姫神「……」グスッ

姫神「はい。この問題は。ここが云々…」


姫神の望んだ世界がそこにはあった——
177 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 01:06:08.34 ID:wIBo4KR+0
食蜂「これであの人は人気者ねぇ」

食蜂「でも今まで人に注目されない状況に浸ってきた人が」

食蜂「外に出るたびに声をかけ続けられたらどうなるか…精神の専門家としては手に取るようにわかるわぁ。うふふ」

食蜂「でも、あの人の望みを叶えてあげたんだから関係ないよね!」

食蜂「次は、何をしようかしら?>>178
178 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 01:08:26.12 ID:RVcRiRtSO
こもえてんてーと青ピを生徒と教師の関係を越えてしまったイケナイカンケイに
182 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 02:02:01.02 ID:wIBo4KR+0
>>178


女子1「姫神さん、今日輝いていたわよ!」

姫神「私がクラスの人気者に。ふふふ」


上条「…おい、土御門。あれって」コソコソ

土御門「…ああ、カミやん。魔術かもしれないにゃー」コソコソ


食蜂「まじゅつぅ?なにそれおいしいの」

食蜂「と、そんなことよりあの青い髪の人…」

青ピ(どゅふ…小萌先生…おぅふ…小萌先生…もふもふしたいお…prprしたいお…)ハァハァ

食蜂「気持ち悪い妄想が筒抜けなのよねぇ…」

食蜂「キュピーン」

食蜂「いっそあのロリ先生と変態ピアスをくっ付けちゃおうかしらぁ?」

青ピ(うはww子萌先生かわゆすwwwwwwもふもふしたいおwwwwwwprprしたいおwwwwwwwwじゅるっ)ハアハア

食蜂(うわぁ…)
183 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 14:19:58.51 ID:IeXLvjjM0
小萌「ふんふふーん♪」カキカキ

青ピ(宿題の整理してる小萌先生…かわいいです…)チョロッ


食蜂「うわぁ鼻血垂らしてるわぁ」

食蜂「とりあえずお互いが両思いになるように仕向けるんだゾ」ポチッ


小萌「わぁー!?青髪ちゃんがまた宿題忘れてますー!!」

青ピ「あちゃー忘れてしもうたわーまたかいなー仕方ないなー説教うけるしかないやーん」クネクネ

小萌「ちょっと青髪ちゃん!?こっちに来るのです!!」プンスカ

青ピ「は~い」スタター

小萌「先生、いつもいつも言ってるじゃないですかー?宿題を出さないと補修ですからねー!?」

青ピ「小萌てんてーの補修ならぜひ受けたいくらいですやん!」キリッ

小萌「え…///」

青ピ「…え?」

小萌「青髪ちゃん…そんなに先生のこと…///」モジモジ

青ピ「///」ボフン
184 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 14:37:18.82 ID:IeXLvjjM0
食蜂「うまくいったわぁ」


小萌「せ、先生と青髪ちゃんはぁ…///教師と生徒の関係であってぇ…///そういう関係になってはぁ///」

青ピ「こ、小萌先生///」

小萌「なんですかぁ…?///」

青ピ「あ、愛してますぅ!!///」


クラス一同「!!!??」


青ピ「…あ」

小萌「あ、青髪ちゃん!そんな大胆な…!///」


男子一同「じろじろ」ジロジロ


青ピ「…うぅ、クラスの男子の目線が痛い…」

青ピ「…でも僕も男や!ここは腹ぁくくったる!」グッ

青ピ「こ、小萌先生ー!!」

小萌「は、はいなのですー!?」

青ピ「実は…実は…僕は前からー!!」

小萌「え、えー!?///」

185 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 14:55:16.53 ID:IeXLvjjM0
青ピ「先生のことが好きでしたーッ!!」

小萌「え、え!?えぇーー!!?//////」


シネ
シネ
シネシネシネ
アーオイピアスヲヤッツケロ~

青ピ(なんか聞こえるが気にしないよ僕ぁ!…しかし、言ってしもうたー!!///)

小萌「せ、先生はぁ…///」モジモジ

青ピ「あ、あの…すみせんいきなりこんなこと…」

小萌「い、いえっ!青髪ちゃんが謝ることはないですっ!…ただ、ちょっとビックリしちゃって…///」


「いいんじゃない?」


小萌「え?」

姫神「認めても。いいんじゃない?」

小萌「姫神ちゃん…」

姫神「教師と生徒が愛し合って。そのまま結婚したケースも多いんだし。もっと自分の気持ちに素直になって」

小萌「姫神ちゃん…。…わかりました」


小萌「青髪ちゃんっ!」

青ピ「は、はいっ!」
186 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 15:06:48.03 ID:IeXLvjjM0
小萌「せ、先生も…青髪ちゃんのことが…!///」

青ピ「!」



小萌「…好き、なのですよ///」



青ピ「///」ムフー!?

クラス「うおおおおおおおおおおおおおおおお」

小萌「///」

青ピ「///」

上条「…やりとげやがったな…アイツ」

土御門「俺ぁ感動したぜぃ…!」グスッ


吹寄「そ、そんなこといいんですか先生!生徒と教師が…その…付き合うなんて」テレテレ

小萌「吹寄ちゃん」ニコッ

吹寄「は、はい…?」

小萌「教師と生徒だけど愛さえあれば関係ないよね?…なのですよー」

青ピ「小萌先生ーーーーー!!」ブワァァ

吹寄「…」
187 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 15:08:56.20 ID:IeXLvjjM0
食蜂「…なんだか感動したわぁー」グスッ

食蜂「久々に純粋にいいことした気がするゾ☆」


食蜂「んー、次は何をしようかしら?>>190
188 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 15:13:09.87 ID:/CLOO0hN0
吹寄をカミやん病重症患者にかつ積極的かつ素直な性格に改変
190 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 15:17:07.30 ID:w9Nzl0RI0
193 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 15:29:59.14 ID:IeXLvjjM0
>>188


女子「姫神さん良いこと言った!」

姫神「ふふふ。私は人気者」


青ピ「小萌先生ー!」ダキッ

小萌「青髪ちゃーん!」ダキッ

クラス男子「シネシネシネシネシネシネシネ」ゴゴゴゴゴゴ



食蜂(学級崩壊も良いところね)

食蜂(あらぁ?あの人さっきからウロウロ一人で何をしているのかしら…)


吹寄「あ、あんな破廉恥な…ッ///」カァ

吹寄(で、でも…)チラッ

上条「……ん?吹寄。何か用か?」

吹寄「な、なんでもないわよ!」


食蜂「ふ~ん…。おもしろいこと思いついちゃったぁ~」

食蜂「あの人手強そうね…。でも、ここで私の改竄翌力が火を噴くんだゾ☆」ポチッ
194 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 15:42:02.84 ID:IeXLvjjM0
青ピ「やったよカミヤーン!僕ぁついに夢を叶えてしもーたわー!」ブワァァ

上条「やったな青ピー!」ダキッ

土御門「俺はお前ならやってくれると…くぅ!」グスッ

青ピ「うぅ…軍曹ぉー!」ダキッ

土御門「うおおー!」ダキッ


吹寄「バカじゃないの…」ハァ

吹寄「……」

吹寄「ん…あれ、これって」

吹寄「姫神さんや小萌先生という強敵がいなくなったってことよね…」

吹寄「…こ、これはイケル!」グッ


青ピ「…じゃ!小萌先生のところへ戻るで!」

土御門「おう!行ってこいだにゃー!」

上条「がんばれ、青ピー!」

土御門「……」グッ

上条「……」グッ

土御門「…ふぅ、あんまり感動しすぎて尿意が来たぜぃ(笑)」

上条「…おう(笑)行って来い」

土御門「じゃ、後でにゃーカミヤーン」タタター


吹寄(…今がチャンス…!)
195 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 19:24:21.90 ID:IeXLvjjM0
吹寄「か、上条当麻!」

上条「ん?何だ吹寄」

吹寄「いや、あの、か、上条くん。あのね」

上条「か、上条くん!?何だそれ!?」

吹寄「な、なんだ、そんなに意外か?」

上条「だって、お前っていつも俺に貴様ーとか言って見下してんじゃんか!?」

吹寄「ま、まぁ。じゃあ、今日からでも和解しようじゃないか!はははー!」

上条「…別にいいけどさ。で、用は何だ?」

吹寄「あ、そうだったわね。上条くん今日暇?」

上条「んー、暇っちゃ暇だけど」

吹寄「じゃあ、買出し手伝ってくれないかしら?買う量が多くなりそうなのね」

上条「そんなことか。いいぜ、付き合うよ」

吹寄「良かったわ、ありがとう。じゃあまた放課後に」

上条「ああ、わかった」


男子1「クソ…吹寄までもがカミジョー属性に堕ちてしまったか!」

男子2「まだだ!顔を赤らめて瞳を見つめるまでは確定というわけじゃないぞ!」

男子3「上条当麻…あの鉄壁の女を手にかけるとは末恐ろしい奴だぜ」
196 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 20:00:48.16 ID:IeXLvjjM0
 放課後

キンコンカーン

吹寄「じゃあ、行くか」

上条「おう」

テクテク

・・・

上条「なあ、吹寄。買出しって何の買出しなんだ?」

吹寄「学校の備品よ。ガムテープとか」

上条「ふーん」


美琴「…な、なんなのアイツぅ…!!」メラメラ


食蜂(うまいこと素直になってるみたいねぇ。なんだかオマケもついてきたみたいだしぃ?)


上条「な!?ビリビリ!」

美琴「ア、アンタ!この前に食蜂と一緒に腕組んで歩いていたくせに今度は他の女と…!!」

上条「な、何だよそれ!?つか、お前なんでそのことを…ッ!?」

美琴「なッ!べ、別に見てたとかそういうわけじゃ—」

吹寄「へぇ~…、上条くんそんなことしてたんだぁ?」

上条「ご、誤解だぁぁ~!!」


食蜂「ある程度やることはやったしぃ…次で最後にしようかしら」

食蜂「次は何をする?>>200
199 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 20:19:33.34 ID:ow4NZQdSO
とりまみこっちゃんを煽るだけ煽って上条さんとくっつく
200 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 20:20:14.03 ID:jrheMg4Po
203 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 20:54:11.64 ID:IeXLvjjM0
>>199


食蜂「色々やっても結局…」

食蜂「私は御坂さん弄りが楽しいのよね☆」


上条「はぁ…疲れたー…。まさか御坂と遭遇するなんて」

食蜂「こんにちは、上条さん。今度はどうしたのかなぁ?」

上条「んぁ?食蜂か…」

上条「上条さんは今猛烈に参ってるところなのですー…」

食蜂「大丈夫。私が癒してあげるんだゾ!」

上条「は?どうやって?」

食蜂「んっ!こうやって…!肩揉みなんだゾ…!」モミモミ

上条「おーぉサンキュー。お前肩揉みうまいんだなぁ…」ホエー

食蜂「このくらい…!どうって、ことっ…!ゼェゼェ…」モミモミ

上条「…おい、大丈夫か?もう息上がってるけど…」

食蜂「だ、大丈夫…よぉ…!まだ、まだ…、ぜぇ…かひゅー…かひゅー」モミモミ

上条「もういいよ!こっちの気苦労も絶えなくなるっつの!」

食蜂「そそ、そ、そう…なの…ぉ?じゃあ…もうこれ、で…おしまいね…」ゼェゼェ

上条「…体力無さ過ぎだろ」
204 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 21:28:42.64 ID:IeXLvjjM0
食蜂「そんなこと、ない、わよぉ…はぁはぁ」ゼェゼェ

上条「…ちっ。しゃあねぇなー」スッ

食蜂「はぁはぁ…え?」

上条「おぶってやるよ。お前、疲れ方とか半端ねぇじゃん」

食蜂「はぁ!?私は貴方なんかにおぶってもらうほど、弱く、ないっつの…!」ゼェゼェ

上条「あーはいはい。良い訳は署の方でー。ほら、乗れよ。寮までなら送ってやる」

食蜂「…んもぅ」トサッ

上条「おぉう!?」モニュッ

食蜂「…相変わらずねぇ」

上条「ふ、ふーんだ」


美琴「な、何よアレーッ!!?」バチバチッ
205 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:50:20.76 ID:IeXLvjjM0
上条「よいしょっと」スック

食蜂「はぁ…はぁ…。無理は、しないでねぇ…?」

上条「分かってるよ、っと。お前の寮ってどっちだ?」

食蜂「あっちよぉ…。…あ、御坂さん」

美琴「ふふーん…♪イチャイチャしちゃって、まぁ…」ビリッ ビリッ

上条「…お前、まさかこの状況で電撃ぶっぱする気なんでせうか…?」

美琴「もち♪」ビリリリッ

バチンッ

食蜂「ひゃうっ!?二人まとめてやるなんてーッ!?」

美琴「覚悟なさいよー?」ビリビリ

上条「ひっ…!?」

ズギャァアァァァアァァァアン!!!

キュイーン

上条「危ねー!?危ねー!!」

食蜂「」ガクガクビクビク

美琴「次、もっといくわよー?」ニコッ バチバチッ

上条「そんな無邪気な笑顔で殺人予告されてもっ!!」

上条「……」

美琴「…何よ。いきなり黙っ——」

上条「ごめんっ」ダダッ

美琴「逃げた!?」
207 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:53:48.16 ID:IeXLvjjM0
食蜂「走れぇー!」バシバシ

上条「た、叩くなっ!」ダダダダダ


美琴「…逃げられたわね…」

美琴「……」

美琴「……」

美琴「…何よアレ…」

美琴「…まるで」


美琴(…恋人同士じゃない…)
209 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/13(木) 00:28:05.79 ID:mWhaFzf50
上条「はぁはぁ…振り切ったか…ふぅ」

食蜂「上条さん、今日はありがとね?」

上条「ああ、気にするな。俺が勝手にやったことだし」

食蜂「あ、ここでいいわよぉ」

上条「そうか?じゃあ今日はさよならだな」

食蜂「そうねぇ。…あの…降ろしてくれない?」

上条「おっと、スマン」スッ

食蜂「ふぅ」ストッ

上条「じゃあまた」

食蜂「あぁん、待ってぇ」

上条「え?」

食蜂「」チュッ

上条「なッ!!?///」

食蜂「うふ。またねぇ」

上条「お、おう…」


食蜂(良い感じに私の演技力に騙されてるわぁ)
210 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/29(土) 05:15:07.33 ID:ARrU3ebq0
 翌日

上条「……くっつきすぎやしませんか」

食蜂「あらぁ?そうかしらぁ?」


美琴()ワナワナ コソコソ


食蜂(イイ感じイイ感じ)


食蜂「……ちょっとおトイレに☆」

上条「ん、ああ」

食蜂「……」タッタッタッ


美琴(なッ…!こっちに来る!?)


食蜂「どうも御坂さぁん?」

美琴「……な、何よ」

食蜂「これでわかったでしょ?」

美琴「!?」

食蜂「もう私達、恋人同士なの。他人のデートを邪魔するのは野暮ってものよぉ?」

美琴「……くッ」

食蜂「上条さんはもう貴女にはみむきもしないだろうけど…まだ続ける気?」

美琴「……」

食蜂「御坂さんは賢い子だから分かってくれると思ってたわぁ☆じゃ!」

美琴「……っ」フルフル
211 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/29(土) 05:19:24.88 ID:ARrU3ebq0
食蜂「おまたせ!」

上条「……ん、おう。じゃあ行こうか」

食蜂「うん!」


食蜂(御坂さんの思いは私が継いであげるんだゾ)

食蜂(私が上条さんのものになることでね☆)


終わり

おすすめSS