1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 10:09:08 ID:kEQnjMJs
ルル「挿げ替え。こんなギアス何の役に立つんだ?」

c.c.「知るか。自分で考える事だな。」

ルル「与えておいて勝手な・・・」

c.c.「そうとも、私はc.c.だからな。」

ルル(とりあえず使ってみるか。能力を知る事には後々の行動が出来ないからな。)

ルル「まずは>>3にでも使ってみるか。」

引用元: http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1349399348/

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 10:40:57 ID:X8sQF2wk
自分

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 10:56:19 ID:kEQnjMJs
ルル「じ、自分にかけるのか!?何か嫌だな・・・」

c.c.「まぁやってみればいいさ。」

ルル「まぁ安価じゃあ仕方ない。いくぞ!!」キュイイイン

ルル「・・・」

ルル「本当に何も起こらなか・・・」

c.c.「ん?どうした。」

ルル「お、俺の・・・」

ルル「俺のケツ穴とムスコの場所が入れ替わっている・・・!」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 11:01:21 ID:kEQnjMJs
c.c.「マジか!?そ、それはまた大変だな・・・ブプゥ」プルプル

ルル「笑うな!クソ、なんて問題外なギアスだ!!」

ルル「だが能力がわかった以上、とりあえず対処は出来そうだな。」

c.c.「とりあえずそれでトイレ行って来い。お、面白い事になるぞ・・・ブププブゥ」クスクス

ルル「どれだけドツボにハマってるんだお前は・・・」

ルル「なんか腹立つから元に戻しておこう・・・」キュイイイン

c.c.「ち、つまらん。」

ルル「今度は他人でやってみるか。よし、>>8だ!」

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 12:19:01 ID:HZkmkfvI
コーデリア

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 13:13:22 ID:AYPcELX6
ルル「ほほう、コーネリアか。姉上は武道に長けている。」

ルル「姉上の力を奪い、ゼロとしての活躍の幅を広げていくか。」

c.c.「まぁ、頑張ってこいよ~。」フリフリ

ルル「だらけ過ぎだろ・・・」

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 15:01:58 ID:AYPcELX6
ルル「よし、俺の尻とコーネリアの胸を入れ替えてやる」キュイイイン

コーネリア「アハハ・・・ん?」

ユフィ「どうかしましたか、お姉さま?」

コーネリア「あ!いや、なんでもないよ。」

コーネリア(なんだ?胸に違和感が・・・)

ルル(よし、姉上の巨乳が俺の尻に移ったか・・・だがまだ気付いていないのか?)

スザク「・・・」カツカツ

ルル(む、スザクか。見つかる前に撤退しておくか。)コソコソ

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 15:08:34 ID:AYPcELX6
ルル(ふぅ、うまい事政庁から出る事が出来たか。中々に緊張するな。)

ルル(やばい、緊張しすたみたいだ。と、トイレ行きたい・・・)

ルル「お、コンビニがあったか。」タッタッタ

女店員「いらっしゃいませ。」

ルル「すみません、トイレ借りてもいいですか?」

店員「はい、どうぞ。」

ルル「ありがとうございます。」

スタスタ・・・

女店員「!!」

女店員(な、何?あの子のお尻、なんてエロいの///)ハァハァ

ルル「?」プリンッ

18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 15:13:33 ID:AYPcELX6
ルル「ふぅ・・・何とか間に合ったか。」ズボン脱ぎ脱ぎ

ルル「後は・・・ってしまった!!俺のお尻は姉上の胸になっていたんだった・・・」

ルル「く、迂闊だった!くそ!!」胸モミ

ルル「!!」モミモミ

ルル「ヤバい・・・なんて揉み心地がいいんだ・・・」モミモミ

ルル「うぐ!トイレしたかったの忘れてた・・・もう、我慢できない・・・うぅぅ」モミモミモミモミ

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/05(金) 15:34:10 ID:AYPcELX6
コーネリア(何だ!?胸に異物が??しかも臭い!!)

コーネリア「早く部屋に戻って・・・」

ギルフォード「姫様、どうかなさいましたか?」

コーネリア「ぎぎぎぎギルフォードか!ちょ、ちょっと外で待って」

ギルフォード「姫様!胸の辺りが変に膨らんでおりますが、なにかあったのでは?」

コーネリア「まままま待てギルフォード!今開けるのは・・・」

ギルフォード「このギルフォード!姫様の為にはたとえ火の中胸の中!!」

コーネリアの服ハギハギ

「「・・・・・」」

その後、政庁からコーネリアとギルフォードの悲鳴が轟いたのは、いうまでもなかった・・・

30 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/06(土) 08:39:15 ID:GyJMnR.w
ルル「シュ、シュナイゼルだと・・・!?」

c.c.「これはまた、大変な安価が来たな。」

ルル「安価である以上、それを遂行するしかない・・・」

ルル「クソ!安価した奴め・・・(怒)」

c.c.「ま、頑張って来いよ~。」

31 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/06(土) 10:09:04 ID:GyJMnR.w
ルル「さて、再び政庁に侵入出来たが、よく考えたらシュナイゼルは本国にいるんだった。」

ルル「はぁ、もう帰るか・・・ん?」

ルル「あれは確か、スザクの上司だったか。確か名前はセシル。」

セシル「・・・」カタカタ

ルル「仕事中か。そうだ、あいつにギアスを使ってみるか。」

ルル「よし、俺とセシルの>>33を入れ替えるか。」

33 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/06(土) 11:02:42 ID:LzsEPjII
アソコ

35 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/06(土) 12:17:16 ID:GyJMnR.w
ルル「アソコって・・・///」

ルル「まぁ、尻と胸交換するよりはまだ幾分マシか。」

ルル「では早速。」キュイイイン

セシル「・・・!」ビクッ

セシル「////??」アタフタ

ルル「遠くて聞こえにくいが、相当焦っているな。」

ルル(俺の股間も変にスースーするな。)

ルル(そうだ!ついでにユフィの方にも行ってみるか。)コソコソ

42 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/06(土) 21:02:04 ID:GyJMnR.w
ルル(顔か・・・フフフ、ユフィやコーネリアを驚かせるにはもってこいだな。では)キュイイイン

ユフィ「zzz」スヤスヤ

ルル「あれ?何も起きない。まさか顔は交換出来んのか??」

ルル「ち!仕方が無い。別の場所にするか。」

ルル(入れ替えたのは、アソコとお尻だけだからな。顔がダメなら・・・)

ルル(>>45にするか。)

45 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/06(土) 22:37:17 ID:hSnx2oAo
足の小指

49 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/07(日) 20:24:51 ID:4aUVzNE.
ルル(小指って・・・えぇい!なんて微妙なところを指名したんだ!!)

ルル(まぁ安価ではやるしかないな・・・)キュイイイン

ルル「・・・」

ルル「微妙すぎてリアクションが出来ない・・・」ショボン



ルルーシュがそんな事をしている頃・・・

セシル「あ、あぁん!何なのこの感覚!?」シコシコ

セシル「男性のムスコがこんなに気持ちいいなんて・・・ハァン!」ビュルル!!

50 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/07(日) 20:32:24 ID:4aUVzNE.
ルル「はぁ~、なんか最後はくだらない締め方をしてしまった・・・」

c.c.「お帰り。随分楽しんできたようだな坊や。」グーダラ

ルル「黙れ魔女・・・」

c.c.「フンフ~ン♪」ピザパクパク

ルル「・・・」

ルル(体の一部を女性の物に取り替えたから気付いたんだが、c.c.のお尻は中々にいいな・・・)ゴクリ

ルル(欲しい、c.c.のあのエロいヒップを俺の一部にしたい)ハァハァ

52 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/07(日) 21:16:11 ID:4aUVzNE.
ルル(行くぞ、c.c.。お前の尻を貰う!!)キュイイイン

c.c.「ほー、これが今の流行ファッションかー。」

ルル(く、何も起きない。やはり駄目なのか・・・いや!此処で諦めてはブリタニアを倒すなど夢のまた夢だ。)

ルル(こんな所で諦めてたまるか!ギアスフルパワーだ!!!)キュイイイイイイイイイン!!!

その時、一つの奇跡が起きた。ギアスが効かないc.c.にギアスが掛かったのである。
c.c.のお尻が急に平らになり、代わりにルルーシュのお尻が女性特有の丸みとエロさを持ったヒップへと代わっていたのである。

ルル(いょっしゃああああああ!!!遂に、遂に、遂にc.c.にギアスを掛ける事が出来た!!)

ルル(そして、c.c.のあのエロイ尻を俺の物にする事が出来た!フフフ、フハハハハハハ!!!)

c.c.「お、このファッション中々良いな。」キョーミシンシン

64 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/08(月) 18:08:27 ID:LPDmNpFs
ルル「だからシャルルは・・・ちょっと待てよ・・・」

ルル「確かこの間違うクラスにシャルルという女子高生が転校してきたな・・・」

ルル「噂じゃあ、かなりの美人と聞いたが・・・そいつなら何とかなるかもしれん・・・。」

ルル「よし!そうと決まったら、早速行動するか。」

79 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/10(水) 09:28:48 ID:lEjZ1Jf.
ルル「右目かよ!だが安価ならちゃんとやらねばな。」

ルル「まぁ目が変わったぐらいじゃあ気付かれる事もないだろう。えい!」キュイイイン

シャル「それでさー・・・」

キャッキャッ、ウフフ

ルル「よしよし、気付かれていないな・・・・って」

ルル(しまったぁぁぁぁぁ!!!右目には挿げ替えるギアスがあったんだ!エライ事してしまったぁぁぁぁぁぁ!!!)

ルル「仕方がない、こうなったら今の体で楽しむか。」

ルル「学園内やクラブハウスじゃあバレるから・・・あそこのコンビニにする。」

82 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 07:56:29 ID:FHFNiAxU
政庁近くのコンビニ

女店員「いらっしゃいませー。」

ルル「すみません、トイレ借りても宜しいでしょうか?」

女店員「良いですよ・・・ハッ!!」

女店員(この子はあの時の・・・なんか胸とか大きくなってない?)

ルル「ありがとうございます。」スタスタ

女店員(お尻もさらに丸みと可愛さを増している!!)ハァハァハァハァ

ルル(何だろう、あの店員なんか怖い・・・)

83 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 08:08:22 ID:FHFNiAxU
バタンッ←トイレのドアを閉めた音

ルル「フフフ、では早速楽しむとするか・・・」

ルル「まずは胸だな。ここまで大きいと揉み応えもありそうだな。」モミモミ

ルル「ハフゥ。中々いいな・・・」モミモミ

ルル「お尻はどうだ?あの魔女のだからかなりの重量感だが・・・」ムニムニ

ルル「オォ~!凄く気持ちいい。アイツの尻はいいモノだな。」ムニムニ

ルル「さて・・・後はココだな・・・」

ルル「俺より年上のだから処女ではないかもしれんが・・・それでも十分そそられるな///」ハァハァ

ルル「よし、ではさっそk」

バンッ!! バタンッ!←トイレのドアが開いてしまった音

ルル「へ?」

84 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/11(木) 08:21:43 ID:FHFNiAxU
女店員「・・・」ジー

ルル「あ、あのー何しているんですか?一応まだ俺トイレ使っているんですが・・・」

ルル「それに俺は男ですよ。女性の貴方が一緒に入ったらマズイ・・・」

井上「私は井上よ、井上直美っていう名前があるの。少なくとも君よりは年上よ。」

ルル「そ、そうなんですか。あの井上さん、男性の用足しに入るのは・・・」

井上「そんな大きな胸や可愛らしい縦筋ちゃんを持っているのに?」ニヤニヤ

ルル「ギクッ!?」

井上「大丈夫、貴方を通報する訳じゃないわ。」

ルル「え、じゃあ何の用が・・・?」

井上「何も気にしなくていいわ!君の体を全てお姉さんに委ねれば大丈夫よ!」ハァハァハァ

ルル「ちょ、この人怖い!」ガクブル

88 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/12(金) 19:50:38 ID:.svIsWwE
井上「ふふ、すっごく綺麗な顔ね。整っているのが良くわかるわ。」スリスリ

ルル「ああああ、あの・・・」

井上「ボーイッシュな顔立ちにこの巨乳は中々そそられるわねぇ~。」モミモミ

ルル「ふわぁぁ!や、やめろ!胸を揉むな・・・」

井上「そして止めに薄い原っぱが生えているおマ○コにわがままヒップ。いいわぁ、あなた凄くいい!」クチュクチュ

ルル「ひっ!や、やめて///」

井上「いい具合にほぐれてきたところで・・・」ぺロリ

井上「いっただっきまぁ~す♪」ガバァ!!

ルル「らめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ////」

91 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 09:48:50 ID:HwemGgQY
バンッ!バタンッ!←トイレのドアが開いて閉められた音

スザク「僕も混ぜてよ!」

カレン「私も混ぜてよ!」

井上・ルル「え!?」

92 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 19:31:07 ID:BfWw6sew
スザク「フヘヘ。ルルーシュのマンコにお尻、フヘヘ・・・」ニヤニヤ

カレン「ティヒヒ。井上さんとルルーシュのマンコ、ティヒヒ・・・」ニヤニヤ

井上「あ!えっと、ちょっとぉ・・・」ヒヤアセ

ルル「と、とりあえずスザク!お前は近寄るな!!後カレン、これ以上の疑似レズプレイは無理だから!!」

カレン「それなら大丈夫よ。」ガサゴソ

カレン「私の下半身は立派な男児だから」ムスコドーン!!

ルル「」

井上「ちょ、それどうしたの!?」

カレン「学園にいるシャルって娘が私にムスコをつけてくれたのよ。」

スザク「正確にはムスコが生えてしまったセシルさんのとカレンのマンコを交換しただけなんだけどね。」

ルル(つまりあれ俺のムスコかぁぁぁぁぁぁぁ!!!?)

93 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/13(土) 20:08:56 ID:BfWw6sew
ルル「おい井上早くそこをどけ!このままじゃあ・・・」

スザク「隙アリぃぃぃぃ!!!」ズボリッ

ルル「あひぃぃぃぃぃぃ!!!マンコにスザクのムスコがぁぁぁぁぁ!!!」ビクン

カレン「ちょ、ズルいわよスザク!!」

カレン「あんたがルルーシュに挿れちゃったら・・・」

カレン「もう私、井上さんにしか挿れられないじゃないのぉぉぉ!!!」ズボリ

井上「ああん!私の中にカレンのムスコがぁぁぁぁ!!!」ビクビク

スザク「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」パンパンパンパン

カレン「オリャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」パンパンパンパン

ルル「ふわああああ!!だめぇぇぇぇぇ、そんなに挿れないでぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

井上「ひぎいいいいいい!!!!ゴリゴリするううううううううう!!!!」

スザク・カレン「「おう・・・!」」ビュウルルルル

ルル・井上「「ひゃあああん(アヘ顔)」」ビクビク

98 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 08:48:45 ID:OAbrunCY
数分後

スザク「う~ん、日本人のマンコなんて久しぶりだよ。ちょっと緩くなっちゃっているけど。」パンパン

井上「あはん!売国奴のチンポきもちいいのぉ!!」

カレン「あんた前にもsexした事あるの?」パンパン

スザク「僕一応枢木家の息子だから、よく妾になりたいって女の子が多かったんだよ。まぁ殆どヤルだけヤッて追い払っちゃったけど。」パンパン

カレン「うわぁ、外道・・・」パンパン

スザク「そういうカレンだって男子を逆レイプしまくりじゃないか。」パンパン

カレン「私はいいのよ、これで両想いになれるんだから。ねぇ、ルルーシュ。」パンパン

ルル「はひぃ!俺カレン大好き!カレンもカレンのムスコも大しゅきぃぃぃ!!!」ビクビク

カレン「あはぁ!私もルルーシュの事大好きだよ♪」パンパンビュウルルル

ルル「きゅうううん♥」ビクビク

99 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 08:53:56 ID:OAbrunCY
トイレの外



c.c.「まったく、相変わらず変な奇跡を起こすなあの坊やは。」

c.c.「まぁ私のお尻は後で返してもらうとするか。」

c.c.「しかし早くトイレに行きたいんだがなぁ・・・仕方がない、ルルーシュの尻の方に転送するか。」

c.c.「ふん!ふぬぬぬ・・・」只今力み中

100 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/14(日) 09:50:03 ID:OAbrunCY
政庁 コーネリアの私室

コーネリア「すまんなユフィ、肩揉みなんて何年振りだろうか・・・」

ユフィ「気にしないでお姉さま、この所色々ありましたから。」

コーネリア「さすがにあんな事はもう御免だがな・・・」ハハハ

ユフィ「大丈夫ですよお姉さま。あら?」

コーネリア「どうしたユフィ?」

ユフィ「お姉さまのお胸の形が変わっておりませんか?それに何か匂いますし・・・」

コーネリア(え!それってまさか・・・)恐る恐る

コーネリア(あああ、私の胸からまた汚物がああああ!しかも今度のはいやに長いだとおおお!?)

ユフィ「チョットお姉さま大丈夫ですか!?私が見てみます。」

コーネリア「ああ!ユフィ、ちょっとタンm」

ベリベリッ

ユフィ「」

その日の晩、政庁で総督と副総督の悲鳴が鳴り響いたのであった・・・




おすすめSS