1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:07:00.46 ID:iu3SmnrW0
現パロ
ネタバレってほどでもないけどほのめかす程度にはあるので注意




デジカメを両親に買ってもらった。


ミカサ「エレン、おはよう」

アルミン「おはよー。今日は時間通りだね」

エレン「俺だって寝坊ばっかするわけじゃないぞ!それよりさ、見てくれこれ」

ミカサ「カメラ……」

アルミン「わー、デジカメじゃないか。どうしたの?」

エレン「誕生日プレゼントに買ってもらったんだ。試しに二人撮らせてくれよ」

アルミン「もちろんいいよ」

ミカサ「…ここでいい?」

エレン「おう!そこの木の下でいいや。じゃあ撮るぞー」


カシャッ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373389620

引用元: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373389620/

2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:08:19.24 ID:iu3SmnrW0


アルミン「けっこうよく撮れてるね」

ミカサ「エレンは写真を撮る才能がある。たぶん」

エレン「いや、普通に撮っただけだろ。お前適当か」

ミカサ「そんなことない」

エレン「ほんとかよ…まあいいや。よっし。まだまだ撮るぞ!」

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:09:32.76 ID:iu3SmnrW0


休み時間

ジャン「ぐー…ぐー」

ライナー「こいつ結局授業の最初から最後まで寝てたな」

ベルトルト「チャイムが鳴っても起きないのは感心するよ…」

コニー「ジャンの奴よだれ垂らしてるぜ!うはははは!」

エレン「おっ じゃあせっかくだから写真撮ってやろっと」

アルミン「え、エレン?それはさすがにジャンがかわいそうなんじゃ」

エレン「前に俺が居眠りしたとき顔に落書きしてきたのって、だれだっけ」

コニー「こいつだな」

エレン「はい、ジャン、ポーズとれよー」

ライナー「聞こえてねえだろ」


カシャッ
4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:11:01.14 ID:iu3SmnrW0


エレン「……おいっ ちゃっかりジャンの後ろでキメ顔するなよコニー、ライナー!これすげえ笑える」

アルミン「……っく……ふふっ…」

コニー「俺イケメン!」

ジャン「……ん。あれ。授業終わったのか……おいなんだよお前ら?にやにやしてキメーな」

エレン「いやなんでも」ソソクサ

ライナー「ベルトルト、次の授業ってなんだっけか」ソソクサ

ジャン「おい!なんなんだよ!!」

5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:11:57.01 ID:iu3SmnrW0


エレン「次はだれ撮ろうか……あ、クリスタとユミル。なに見てんだ?」

クリスタ「雑誌だよ。エレンも見る?」

エレン「うーん、服ばっかだな」

ユミル「女子向けだしな。つーか正直私も見てて飽きてる」

クリスタ「えーっ 楽しいじゃんっ」

エレン「そんなことより写真撮らせてくれよ」

クリスタ「写真…?いいよ、別に」


エレン「よし、じゃあ笑ってくれ」

クリスタ「にーっ」

ユミル「かわいく撮れよー」


カシャッ
6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:12:24.62 ID:iu3SmnrW0

ユミル「お、結構いいじゃん。あとで私にもくれよ」

エレン「いいぜ」

クリスタ「あっ…私目ぇつぶっちゃってる」

エレン「いや、これはこれでいいだろ。じゃあ、邪魔したな」

クリスタ「ええっ……あ、ちょっと…」

クリスタ「エレンー!」

ユミル「ぶっはwww」

7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:12:59.41 ID:iu3SmnrW0


昼休み

エレン「お昼早く食べ終わりすぎた」

アルミン「また写真撮りにいけば?」

エレン「そうだな。じゃあ屋上にでも行ってみるか」

アルミン「いってらー」

エレン「いってき!」


ミカサ「……あれ、エレンは?」

アルミン「写真撮りにいったよ、また」

ミカサ「一緒にトランプやろうと思ったのに…!……二人でババ抜きやろうか、アルミン」

アルミン「ふ、二人でかい?せめてババ抜き以外でやろうよ」

8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:13:29.74 ID:iu3SmnrW0

ビュンッ!!


サシャ「うああああああああああっ!」

コニー「うおおおおおおおおおおっ!」

エレン「うわ。風かと思ったらサシャとコニーだった。二人ともあんなに急いでなにを…」

サシャ「一日3個限定☆巨人パンデラックスは私のだぁぁぁぁっ!」

コニー「期間限定☆超大型やきそばパンは俺のだぁぁぁぁぁぁあぁあ!」

エレン「ああ。学食のパン争いに参加してるのか。記念に1枚とっておこう」

エレン「二人ともまるで戦場に赴く兵士の顔つきだ。鬼気迫るあの表情は被写体としては十分すぎるな」



カシャッ

ウオオオオオオオオオオオ
ガアアアアアアアアアア

エレン「……ちょっとぶれたな」

9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:14:13.56 ID:iu3SmnrW0

屋上


アニ「……」ヒョイ

ライナー「あっ!おいアニ!勝手に俺の弁当箱から卵焼きを盗むな!」

ベルトルト「ライナーの卵焼きおいしいよね」

アニ「……まあまあ」モグモグ

ライナー「おいい!くそ、お前の唐揚げもらいうけるぞ!」シュッ

アニ「唐揚げはだめ。このきゅうりならいい」

ライナー「等価交換がそれじゃ成り立たねえ!俺の卵焼きはそんなに安くないぞ」

エレン「やっぱいた。なあ、3人まとめて写真撮らせてくれ」

ベルトルト「ああエレン。いま写真撮るのはまってるんだっけ」

エレン「そうそう」

10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:14:46.20 ID:iu3SmnrW0

エレン「じゃあそこにいてくれよな」

ライナー「なんかポーズするか?」

ベルトルト「どんなのにする?」

アニ「……」スッ

エレン「…アニ、ベルトルトの背中に隠れられると映らないんだが」

アニ「私はいい」

ベルトルト「なんでさ、アニ」

アニ「なんか写真撮られるの苦手だし」

エレン「頼むよ、アニ。全員の写真撮りたいんだよ」

アニ「……」

ライナー「アニ。なっ」

アニ「……わかった」

エレン「ありがとな!」


カシャッ

11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:15:12.72 ID:iu3SmnrW0

エレン「うん、3人とも仲よさそうでいい写真だ」

ライナー「アニお前、顔ひきつってんぞ」

アニ「うるさいな……」

ベルトルト「あはは」

エレン「協力ありがとな!じゃあ俺戻るわ」

ベルトルト「また教室でね」

12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/10(水) 02:17:11.94 ID:iu3SmnrW0
っていう、ただエレンが写真とってくだけの話です
続きはまた明日に
24 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 22:09:29.01 ID:lM+S5fvJ0
エレン「放課後だ」

アルミン「写真撮りにいく?」

エレン「行くぜ」

ミカサ「行こう」

25 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 22:14:43.45 ID:lM+S5fvJ0

グラウンド


エレン「おーい野球部ー!毎年大会予選落ちの野球部ー!」

ミーナ「失礼ね」

トーマス「ミーナがノーコンなのが全面的に悪いと思う」

ミーナ「ノーコンじゃないし!ちゃんと前方には投げられてるし!」

サムエル「そうだな、次はストライクゾーンに投げるだけだな」


ミカサ「野球部なんてあったんだ」

アルミン「ミ…ミカサ、しーっ」

ミカサ「モゴモゴ」

トーマス「今何かカチンとくる一言が聞こえたような」

エレン「幻聴だ!そんなことはいいから写真撮らせてくれ!」

ミーナ「写真?いいけど」

エレン「せっかくだからホームラン打ってるところ撮りてぇな」

サムエル「無茶ぶりやめてくれ」

26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 22:22:37.64 ID:lM+S5fvJo
サムエル「ミーナがピッチャーなんだが、全然キャッチャーの俺のところに投げてくれないんだよ」

トーマス「一言で言えばノーコンなんだよ」

ミーナ「だからちっがーう!」

エレン「ノーコンか。しかしこっちにも秘密兵器があるんだぜ。ミカサ!」

ミカサ「分かってる、エレン。私ならミーナの暴走特急並みの球もホームランにできる」

アルミン「さすがミカサだ」

エレン「よし!俺はここでカメラを構えてるから、頼むぜお前ら」


ミーナ「ふふ……ミカサといえど、私のこの、ストライクゾーンから3mは外れるボールを打つことができるかしら?」

アルミン「それ誇っちゃうんだ」

ミカサ「あなどらないでミーナ。私はエレンのためならなんでもできる」

ミーナ「言ってなさい!っしゃあああああああああ!」ブン

ミカサ「くっ!?本当にどこに飛ばして……」

ミカサ「でも!打ってみせるっ!」バッ


カキーン

エレン「うお」

パシャ
27 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 22:26:45.78 ID:lM+S5fvJo


アルミン「すごいや!」

サムエル「ミ……ミカサ!ぜひ野球部に!」

ミカサ「私エレン部部員だから無理。ごめんなさい」

トーマス「エレン部!?」


エレン「撮れた。すげぇいい写真だ。コンテストだそっかな」

ミーナ「どれどれ見せて。わーー!すごい!ちゃんと野球部っぽい」

アルミン「青空に白球が映えるね」

エレン「ありがとな、お前ら。じゃ、部活がんばれよ。甲子園行けるといいな」

ミーナ「絶対今年こそ行ってみせるわ」

アルミン「ミーナのそういうポジティブなところ僕好きだよ。じゃあ」


ジャアネー マタネー
29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 22:33:30.96 ID:lM+S5fvJo

エレン「さて、次はっと……」


フランツ「ほーら、ハンナ」

ハンナ「え?どれどれ、フランツ」

フランツ「ここだよ、いちゃいちゃ」

ハンナ「やだもう、いちゃいちゃ」



エレン「……………………」

エレン「あいつらはいっか」

アルミン「えぇぇ?いや、撮ろうよ」

エレン「なんかキスしてるところ撮らされそうな気がするし」

ミカサ「学校の人オールコンプリートするんじゃないの、エレン」

エレン「そっか……そうだよな。負けるな俺、頑張るぞ俺」

エレン「おーい」

30 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 22:37:25.65 ID:lM+S5fvJo

フランツ「え?僕たちのツーショットを撮りたい?やだなエレン……照れるじゃないか……」

ハンナ「ポーズとかあんまり恥ずかしいのはできないよ?///」

エレン「いや普通でいいよ普通で」

ミカサ「二人とも相変わらずで今日も平和」

エレン「じゃ、そこで。うん、ピースとか適当にして笑ってくれよ」

フランツ「も、もっとハンナと近づけって?そんなことできないよエレン……!」

ハンナ「これ以上ないってくらいフランツと既に密着してるって言うのに!///」

エレン「もういいやそれで」


カシャッ

31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 22:40:31.07 ID:lM+S5fvJo


アルミン「わあ、画面からピンクのハートが飛んできそうだ」

フランツ「エレン……もしよかったら」

エレン「ああ、現像してお前とハンナにやるよ。楽しみにしててくれ」

ハンナ「ありがとうエレン!フランツ、今日写真立て買いにいかない?」

フランツ「グッアイディーア!ハンナ!///」


エレン「あらかた生徒は撮り終わったか?じゃあ次は職員室に行ってみるか」

ミカサ「職員室……」

アルミン「この時間ならほとんどの先生がいそうだね」
32 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 22:50:59.32 ID:lM+S5fvJo

職員室


エレン「失礼しまーす」

ハンジ「おやエレンたち。どうしたんだい?今は放課後のはずだけど」

アルミン「こんにちはハンジ先生。今日も机の上がサイケデリックですね」

ミカサ(デスクトップがすごい画像に……)

ハンジ「そ?普通だけど?」

エレン「一周回って普通ですね、はい。ところで写真撮らせてくれませんか?カメラ買ってもらったんです」

ハンジ「写真~?全然いいよ!ねーリヴァイ、あなたも一緒に写ろうよ。一人じゃ寂しいし」

リヴァイ「あぁ?」ギロ

ミカサ「……」ギロ

リヴァイ「……」

ミカサ「……」

アルミン「えっ、なんで火花が散ってるんだ」

エレン「ミカサ、やめろよ」

ミカサ「グルルルル」

エレン「どうどう」

33 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 23:00:13.12 ID:lM+S5fvJo

リヴァイ「写真?エレン、てめぇなに普通に持ち込み禁止のカメラなんぞ持ってやがる」

エレン「ぎく」

アルミン「ぎく」

ミカサ「なんか文句でもあるんですか」

リヴァイ「文句しかねーよ。没収だ」

エレン「えぇー!?待ってくださいよ兵長!じゃねーや先生!」

ハンジ「かたいこと言うなよリヴァイ~ 別にいいじゃんカメラくらい」

リヴァイ「お前はもっと教師然としやがれ、ハンジ」

エレン「とにかくせめて、一枚撮らせてくださいよ。お願いします」

ミカサ「エレンがこんなに頭下げてますけど?リヴァイ先生」

リヴァイ「次のテスト、ミカサてめーだけ難易度上げんぞコラ」


ハンジ「あーもー、全然話進まないなあ。はいエレン、撮っちゃっていいよ」ガシッ

リヴァイ「離せクソメガネ」

エレン「じゃ撮りますね」

34 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 23:05:30.19 ID:lM+S5fvJo

アルミン「……あのー、リヴァイさん。もうちょっと笑って頂いた方がいいんじゃないんですかね…」

エレン「すっげえレンズ越しに睨まれてる気がして、足が震えてくるんですけど」

リヴァイ「これが地の顔だ」

ハンジ「ほら、にーって笑わなくっちゃ」グイ

リヴァイ「いふぇえ ひゃひぇろ」

エレン「ひぃぃっ リヴァイ先生の貴重な笑顔だ くそ怖い!」

アルミン「夢に出そう!」

ミカサ「エレン一刻も早くシャッターを押して!正視に堪えない!」

リヴァイ「おい、ミカサてめーさっきから」


カシャッ

35 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 23:13:58.71 ID:lM+S5fvJo

ハンジ「見せて見せて。…………ひゃっはっはっはっは!なにこれ最高!!」

エレン(こええ……)

アルミン(こわ……)

リヴァイ「撮っただろ、ほらカメラよこせ没収」

ミカサ「エレンのカメラをあなたが奪える正当な理由がない。どうしてもと言うなら私を倒してからにして」

リヴァイ「正当な理由だ。いちいち突っかかるなお前は」

ミカサ「グルルルル」

リヴァイ「なんだ猛獣。保健所に連れてくぞ」

ミカサ「グルルルルル」

リヴァイ「グルルルル」

ハンジ「リヴァイもつられちゃったよオイ。笑える」

アルミン「つっこみがいないよぉ!僕やりたくないよぉ!」

エルヴィン「どうしたみんな、職員室でなにをやっているんだい」

エレン「エルヴィン教頭」

36 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 23:20:27.59 ID:lM+S5fvJo

ナイル「騒がしいぞ貴様ら」

エレン「……と、ええっとなんか川みたいな名前の……えーと」

アルミン「アマゾン?」

エレン「そうだアマゾン教頭!」

ナイル「惜しい。ナイルだ。100点減点」

ミカサ「どっちでも一緒」

ナイル「全然違う。100点減点」


エレン「よかったら写真撮らせてもらえませんか?」

エルヴィン「写真?いいとも。かっこよく撮ってくれよ。HAHAHA」

ナイル「写真?魂が抜かれるだろうが。ノーだ」

エレン「おじいちゃんですかアンタ」

エルヴィン「気にしないでくれエレン。ガンガン撮っちゃっていいぞ。HAHAHA」

エレン「了解です。じゃ、いきますよ」

ナイル「おいエルヴィン貴様」

エルヴィン「まあまあまあまあ。はい、ピース」キラッ


カシャッ

37 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 23:26:17.54 ID:lM+S5fvJo

エルヴィン「おっ いいじゃないか。ありがとうエレン」

ナイル「俺は明日死ぬのか……」

エレン「こちらこそありがとうございました。じゃあ失礼します」

リヴァイ「おい」

エレン「げっ 忘れてた。逃げるぞアルミン、ミカサ!」

アルミン「ええええええ!僕の足の速さじゃ無理…」

ミカサ「アルミンは私が抱っこする!」バッ

アルミン「えええええええええええ!?」

リヴァイ「待てクソガキども」ダッ

ミカサ「チッ追ってくる! アルミン、バナナの皮は!?」

アルミン「ないよそんなもん!都合よく持ってるわけないだろ!」


ナナバ「あれ……なにしてるの?鬼ごっこ?」


エレン「バ、バナナさんだ!違うナナバさんだ!ちょうどよかった!」

38 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 23:39:35.98 ID:lM+S5fvJo

美術室


エレン「匿ってください!」

ナナバ「ええ?あ、ちょっと……」

バタン

ゲルガー「なんだぁ?どうしたお前ら」

アルミン「あれ?なんで体育担当のゲルガー先生がいるんですか?」

ナナバ「ちょっと大きめの画材を仕入れてね。私一人じゃ運べないから手伝ってもらってたんだ」

ヘニング「俺らもいるぜ」

リーネ「やっほー なんか楽しそうなことしてんじゃん君ら」

ミカサ「楽しくない。全然楽しくない」

エレン「リヴァイ先生に追いかけられるんですよ?楽しいわけないじゃないですか」

リーネ「見てる分には楽しいけどね」


ナナバ「ちょうどよかったって言ってたけど、何が?」

エレン「そうだった。写真撮らしてください。4人の」
39 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/25(日) 23:53:02.94 ID:lM+S5fvJo

ナナバ「写真かい?なんか照れるな……」

ゲルガー「いいじゃねえか!よし、リーネとナナバが俺の両端な。両手に花だ」

ヘニング「俺の立場がないんだけど」

リーネ「やーだゲルガーの馬鹿。ナナバ、こっちに来てよ」

ナナバ「あ、ああ」

ゲルガー「じゃあどうすんだ?ジョジョ立ちでもすっかぁ?」

ヘニング「なんでネタに走ろうとするんだよ。生徒の前でみっともねーな」


アルミン「仲いいですね」

ナナバ「学生時代からの知り合いだからね」

エレン「へえ。どうりで。じゃあそろそろ撮りますよ。√4は?」


ナナバ「2」

リーネ「2」

ヘニング「2」

ゲルガー「え!?なに!?」


カシャッ
40 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 00:07:57.25 ID:RhQvmOUs0

ナナバ「ああ、よく撮れてるね」

ヘニング「なんでゲルガー変な顔してるんだ」

ゲルガー「いや…なんか動揺して」

リーネ「ぷっ」


エレン「美術室だから背景も決まってますね。フラスコ画とか」

アルミン「磔刑図も静止画もあってなかなかカオスだね」

ミカサ「普通美術室にそんなものないと思うけども」

エレン「じゃあありがとうございました、先生。ほかの先生どこにいるか知りませんか?」

ゲルガー「教員はわかんねーけど、エルドたちなら1階の資料室で見たぜ」

ナナバ「君たちエルドたちと知り合いだったっけ」

エレン「先輩です。じゃっ資料室行ってみますね。ありがとうございました」

リーネ「リヴァイさんに見つからないようにね~」

41 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 00:14:56.44 ID:RhQvmOUs0


資料室

アルミン「いる?」

エレン「んー」



ペトラ「ちょっとぉ!ちゃんと持ってよ」

オルオ「持ってるだろーが!」

エルド「おいお前ら喧嘩すんな」

ゲンタ「さっさと整理しちまおうぜ?」

ペトラ「はぁー。リヴァイ先生の頼みでもなきゃ絶対断ったのに」


エレン「いた。先輩!なにしてるんですか?」

エルド「なんだエレン。どうした」

グンタ「資料室の整理整頓だよ。お前らもやるか?」

エレン「やりません」

グンタ「即答かよ…」

42 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 00:22:38.55 ID:RhQvmOUs0

エレン「写真撮ってもいいですか?」

ペトラ「え!?ちょ、ちょっと待って。髪ボサボサだし…」

オルオ「ふん。俺の写真を撮りたいとは、エレンよ、てめぇもようやく分かってきたな…」

エレン「ア、ハイ」

アルミン「エレン…」

ミカサ(あの先生と似てる。髪と顔と服装と態度がそっくり)


エルド「いきなりだなぁ。俺たちすっげえ埃だらけなんだけど」

エレン「大丈夫ですよ。曇りなき笑顔があれば」

ペトラ「あれ、エレンってそんなこと言うキャラだっけ」

エレン「ほらほら早く、ポーズ撮ってください!」

グンタ「分かった分かった」


ペトラ「ちょっとオルオ、近い」

オルオ「仕方ねぇだろうが。そうしねぇと写らねーよ」

エルド「いえーい」

グンタ「いえー」


カシャッ
43 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 00:29:29.23 ID:RhQvmOUs0

オルオ「ほぉ。なかなかいいじゃねえか」

ペトラ「あはは、なにこれー。みんな馬鹿みたい」

エルド「完全に悪のりしてるな。はっはっは」

グンタ「エルドなんでウインクしてんだよ。馬鹿か」


エレン「……あはは…………」

エレン「ははは」

エレン「ははははは……いい写真ですね」

アルミン「みんな笑ってるね。青春って感じ」

ミカサ「楽しそう」

エレン「だよなー。はははは。あははは。ありがとうございました、先輩方」


バタン

44 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 00:35:47.64 ID:iKEL4Zd50
お前、俺、ずっと待ってたんだぜ?
やっと、やっと、読めるのか(グスッ
45 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 00:35:53.01 ID:RhQvmOUs0

エレン「次はどうする?」

アルミン「あ。あそこにいつのはイアン先生とリコ先生とミタビ先生だ」

ミカサ「あの先生たちで最後?エレン」

エレン「そうだな。最後だ。先生ー!」


イアン「ん?どうしたイェーガー」

エレン「写真撮らせてください……って、先生たち部活の顧問やってますよね。ここにいていいんですか?」

リコ「今後の体育館の利用についてちょっと相談してるのさ」

ミタビ「うむ」

イアン「ところで写真、と言ったか?写真は写ると魂が抜かれるとかなんとか」

エレン「おじいちゃんですか。そのネタさっき使われたんですけど」

リコ「……イアンが写らないなら私も嫌だね」

ミタビ「えーじゃあ俺一人かよ。じゃあ俺もやだ」

エレン「女子高生みたいなノリやめてくださいよー。今時魂なんて抜かれませんから大丈夫ですって」

46 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 00:46:36.53 ID:RhQvmOUs0
>>44
まじか ほんとすいません




エレン「じゃああのポーズやってくれますか」

リコ「あのポーズ?」

エレン「『カ×××ンかっこよすぎワロタ』のポーズお願いします」

ミタビ「なんだそれ」


http://upup.bz/j/my39302sgQYtgNLDSZFzXj6.jpg


ミカサ「これです」

イアン「やらないぞ!?」

リコ「しかも2人足りないじゃないか」

エレン「心配いりません。アルミン、ミカ

アルミン「やらないよ!?」

ミカサ「え……エレンがどうしてもと言うのなら……!!」

アルミン「無理しないでミカサ!」
47 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 00:54:48.33 ID:RhQvmOUs0


エレン「お願いします!!一生のお願いです!!イアン先生!リコ先生!ミタビ先生!!」

リコ「これだけは人類の尊厳にかけて絶対にやらない」

エレン「そんなぁ。一生のお願いなんですよ。生徒の一生のお願いなんですよ?」

ミカサ「私からも、お願いします……先生」スッ

アルミン「僕からもお願いします!!」ガバッ

エレン「み、ミカサ、アルミン……!!お前ら!!」

ミカサ「エレン、私たち家族でしょう?あなたのためなら、土下座すら厭わない」

アルミン「僕たちはエレンのために土下座くらいしかできないけど、やれるだけやってみるよ!」

エレン「お前ら……ありがとう……なんてナイスでグッドなフレンズだ」グス


イアン「断り辛い空気を作るのをやめろ」


アレー アイツラ ナニヤッテンダ
ドゲザ? センセイニ…… ヒソヒソ
48 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 01:03:12.80 ID:RhQvmOUs0

ミタビ「お、おい、頭を上げろ!つーか土下座するほどあのポーズやってほしいのか!?」

ミタビ「あれにかけるお前らの変な情熱一体なんなの!?」

リコ「くっ……生徒たちが遠目にこちらを気にしているぞ」

イアン「や、やるしかないだろう。お……俺はセンターをやる。リコは左、ミタビは右をやれ」

リコ「正気かイアン!?私はやらないよ……あんた一人でやってくれ」

イアン「リコ!指揮権をまかされたのは俺だ!黙って判断に従え!」

ミタビ「どうしたイアン」

イアン「これが俺たちにできる戦いだ……俺たちに許されたあがきだ」

リコ「……そんなの、納得できない」

イアン「リコ!」

リコ「作戦には従うよ……あんたの言ってることは正しいと思う」

ミタビ「ちょっと待って、俺置いてけぼり」

49 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 01:08:05.83 ID:RhQvmOUs0

ざわざわっ!!

「先生たち、あそこでなにやってんの!?」
「なにあれ!?どういうこと!?」



エレン「はい、撮りまーす」

イアン「……」

リコ「……」

ミタビ「……」


カシャッ


アルミン「完璧だ!すごい、さすが精鋭班!」

ミカサ「角度も寸分狂いの狂いもない。すごいと思います」

リコ「全然嬉しくない」

アルミン「何かを得ることができるのは、大切なものを捨てられる人たちですよ」

ミタビ「なんだ、俺たちがプライドや恥を捨てたとでも言うのか」

エレン「ありがとうございました!!卒業アルバムにいつかのせます!!」

イアン「やめて?」

エレン「じゃあそろそろ帰ります!さようなら」

イアン「やめろよ?」
50 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 01:11:42.95 ID:RhQvmOUs0


エレン「ふう。あらかた撮り終わったぜ」

ミカサ「写真の腕も上がったと思う。お疲れ様」

アルミン「なんか、楽しかったね」

エレン「今度現像しなくちゃな。じゃ、お前らまた明日学校でな」

ミカサ「寝坊しないでね、エレン」

アルミン「ばいばい。また明日ー」


エレン「……」


ガチャッ


エレン「ただいまー」

51 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 01:18:35.58 ID:RhQvmOUs0

カルラ「おかえりなさい。ご飯できてるよ」

グリシャ「おかえりエレン」

エレン「あれ、父さん。今日は帰るの早いんだな」

グリシャ「仕事が早く終わってね」

カルラ「ご飯の前に、ちゃんと手洗ってきなさい」

エレン「今日の飯なに?」

カルラ「今日は奮発して色々作りすぎちゃった」

グリシャ「エレンも成長期だし、このくらいで丁度いいさ」

エレン「ちょっと多くないか?でも腹へった。今日は走りまわったから」


エレン「……」

エレン「あのさ、父さん母さん。写真撮っていい?」


カルラ「写真……?」

グリシャ「ああ、いいとも」

エレン「じゃ、そこでじっとしてて。いま撮るからさ」
52 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/26(月) 01:27:25.25 ID:RhQvmOUs0

グリシャ「いや、貸してみなさい」

エレン「え?」

グリシャ「こうしてっと。ほら、10秒後にシャッターが自動で切られるから、エレンは私たちの間に来なさい」

エレン「お、俺はいいって」

カルラ「何言ってんの。せっかく撮るなら親子3人で撮らなきゃね。早く、こっちに」

エレン「……分かったよ」


グリシャ「ふむ。大きくなったな、エレン」

カルラ「あらやだ。私よりもう大きいじゃないの」

エレン「当然だろ、俺もう15歳なんだから」

グリシャ「早いもんだな」

カルラ「早いわね。あっ もうすぐ10秒よ。ほら……笑って」

エレン「……」ニッ





おわり

おすすめSS