1 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:23:57.39 ID:Y8M5XwCj0

グラブルSS

サプチケはこの子のために使いました



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426076637

引用元: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426076637/

2 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:24:54.25 ID:Y8M5XwCj0
アンナ「お、お弁当を作るよカシマール……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425902982/

シャルロッテ「恋とは何でありますか?!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425989621/

の続きのようなもの。読まなくても大丈夫。
4 : >>3 まだ自分しか書いてる人見た事ないです。流行れ 2015/03/11(水) 21:31:00.01 ID:Y8M5XwCj0
———騎空艇———

団長「……いきなり何言い出してんだてめーは」

ユエル「ええやんええやん?何か最近、イベントとか、楽しい事とかあらへんなーって思って」

団長「そうかもしれないが、何故突然にお前に一日嫁宣言されにゃならん」

ユエル「楽しそうやん?!」

団長「主にお前がな」

ユエル「団長もきっと楽しいってー。なー、やろうやー」

団長「つーかそんな事をやってみろ。一日でマイシェラから全員にその情報が伝播するぞ」

ユエル「もう遅いけどな」

団長「……なんだと?」
5 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:32:10.30 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「もうマイシェラには、一日嫁宣言して来た後やって言うとるんや」

団長「……お前、本気で言ってる?」

ユエル「マジもマジ、おおマジや」

団長「やってくれたなお前……」

ユエル「これで団長に逃げ場はないで?」

団長「……お前はいいのかよ」

ユエル「何が?」

団長「何がって……俺の嫁なんか嫌だろ」

ユエル「何で?」

団長「こっちが何でって聞きたいんだけど」
6 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:34:27.38 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「別に団長普通にかっこええし?正直この騎空団の中ではウチ一番気に入ってるし?」

団長「……」

ユエル「お、赤くなっとる。かわええなぁ、団長は」

団長「……ユエル」

ユエル「何や」

団長「結婚しよう」

ユエル「ええよ」

団長「軽っ!?」

ユエル「そっちも軽かったから、こっちも軽く返しただけやって」
7 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:35:50.24 ID:Y8M5XwCj0
団長「あれか。実はユエルは俺の事、本当は何も思ってないからそうやって」

ユエル「好きやで。めっちゃ好きやねん、団長♪」

団長「……」

ユエル「おやおや?こんなところに林檎があるなぁ?」

団長「ユエルゥゥゥウウウ!!」

ユエル「わーっ!団長が怒った!それ逃げやー♪」タタッ

団長「お前は俺をからかって楽しいのかー!!」

ユエル「もっちろん!」

団長「いい笑顔で言うんじゃねぇ!俺は楽しくねぇ!」

ユエル「お、ビィの真似ー?」

団長「違うわ!」
8 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:40:30.78 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「で、正直なとこどうなん」ピタッ

団長「な、何がだよ」

ユエル「ウチが一日、嫁はんになったるの。団長は嫌?」

団長「嫌か嫌じゃないかと言われたら……」

ユエル「……」シュン

団長「……い、嫌じゃねぇよ。むしろ嬉しいに決まってんだろ」

ユエル「団長ー♪団長のそういうとこ、めっちゃ好きやでー!」ダキッ

団長「うわっ、ちょい止めろユエル!!」
9 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:43:10.48 ID:Y8M5XwCj0
ドロシー「……ご主人様とユエル様、またイチャイチャしてますね★」

アンナ「あ、あわわわ……羨ましい」ボソッ

カシマール「ナンカイッタカ?アンナ?」

シャルロッテ「自分は恋をしているからユエルの気持ちも分かるであります」

マイシェラ「シャル……」ナデナデ

ドロシー「シャルロッテ様……」ナデナデ

シャルロッテ「な、なんで自分の頭を撫でるでありますかー!」
10 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:47:00.86 ID:Y8M5XwCj0
———翌日———

ユエル「と、言うわけで今日一日、ウチが団長の嫁はんや!よろしく♪」

団長「……以上、集会でした。解散」

バウタオーダ「わざわざ集会で説明する必要があったのでしょうか……」

エゼクレイン「フン……くだらん」

シャルロッテ「それでも集会には毎日ちゃんと顔を出すのでありますな」

エゼクレイン「……たまたまだ」スタスタ

シャルロッテ「エゼクレイン殿はよくわからないでありますな」

バウタオーダ「全くです……」

ドロシー「あれが、ツンデレってやつですよ☆」
11 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:48:47.33 ID:Y8M5XwCj0
エゼクレイン「俺の名誉のために訂正させてもらうが……ツンデレではない……」ボウ

ドロシー「ひゃあっ!?び、びびび、びっくりしました!?」

エゼクレイン「……ふん」スタスタ

ドロシー「……というかなんでツンデレの意味を知ってるんですかエゼクレイン様……」

ユエル「で、これからどうするんや団長」

団長「別に。いつも通り自由行動でいいんじゃねぇか」

ユエル「そうもいかんねん。ウチは団長の嫁やからな」

団長「嫁だとか嫁じゃないとか関係ないだろ」
12 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:50:18.81 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「何でや!大事やで、嫁かそうでないかは!」クワッ

団長「お、おう。そうか」

ユエル「とにかく!今日一日はウチと一緒に過ごすこと!ええな?……えっと、ダーリン♪」

団長「……うーん。微妙に似合わない」

ユエル「なんやそれ」

団長「ユエルはやっぱ、東方式のが似合うわ」

ユエル「東方式……『あなた』?」

団長「ダーリンよりはそっちだな」

ユエル「わかったで、あなた」

団長「……これもまた何か」
13 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:50:58.82 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「何や。文句が多い夫やな」

団長「他に呼び方……何かあったか?」

ユエル「もうダーリンでええやん。な?ウチがそう呼びたいねん」

団長「……お前が呼びたいなら、仕方ないな」

ユエル「やった!よろしゅうな、ダーリン♪」

団長「で、お前と一緒にいるって具体的には何するんだよ」

ユエル「うーん……あ、せや。ダーリンはもう朝ごはん食べた?」

団長「いいや、まだだ。朝から誰かさんのせいで部屋にメイドとか魔女とかが押しかけてきて大変だったからな」

ユエル「あはは。災難だったなぁ」

団長「お前のせいだよ!?」
14 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:53:38.55 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「まぁ細かいことはええやん。それよりも、朝ごはん食べてないならウチが作ったるわ!」

団長「お前、料理なんて作れんのか?」

ユエル「大体焼けば食えるやろ?」

団長「……やめよう。朝ごはんは我慢する」

ユエル「何でやー。ウチ、焼き魚には自身があるんやでー」

団長「ちなみにお前、朝飯のメニュー何にするつもりだった?」

ユエル「んー?焼き魚、焼肉、焼き野菜……」

団長「料理とかそれ以前の問題だよ」
15 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:55:13.21 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「仕方ないなぁ。じゃあ朝ごはんは……ウチ、とか?」チラッ

団長「おーいアンナー!朝飯作ってくれー!」

エエッ、ボ、ボクガ!?

ユエル「必死のアピールを無視して、尚且つ他の女呼ぶとか酷すぎるわ!」

団長「どうせ朝ごはんはウチの燕返しでもどうや、とか言うつもりだったんだろ」

ユエル「罠にかからんてよかったなぁ」

団長「本気じゃねぇか!」

ヤイノヤイノ

エゼクレイン「……」
16 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:56:51.42 ID:Y8M5XwCj0
———数十分後———

団長「いやー。食った食った。アンナの料理は美味いな」

団長「……その後、ユエルがアンナに料理を教わるって張り切ってたのが不安で仕方ないけど」

エゼクレイン「おい」

団長「うおっ、どうしたエゼクレイン」

エゼクレイン「紫水晶が告げている」カシャ

団長「いきなりどうした」

エゼクレイン「……選択を間違えるな。破滅が訪れる」

団長「選択?破滅?」
18 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 21:58:33.69 ID:Y8M5XwCj0
エゼクレイン「俺からはそれだけだ……全ては紫水晶の導くままに……」スタスタ

団長「またワケわからん事言ってるなあいつは……」

ユエル「ダーリン♪」ギュウッ

団長「……」

ユエル「あれ?驚かないん?」

団長「もう慣れたわ。それよりアンナに料理を教えてもらってたんじゃないのか?」

ユエル「あー……それがなぁ?」

カシマール!カシマールウウウ!!

団長「お前何やらかした」
19 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:01:29.95 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「ちょーっとな。火加減をミスってな。カシマールをな?」

団長「おま」

ユエル「ま、まぁ迎暁の儀行っといたし平気やろ多分」

団長「そういう問題じゃねぇよ!おい、アンナ!?アンナー!!」ガチャッ

ユエル「あ、だ……団、長……」

ユエル「……」

エゼクレイン「……世話が焼けるやつらだ……どうして俺の紫水晶はこんなのに……」
20 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:02:27.45 ID:Y8M5XwCj0
———夜———

団長「おーいユエルー!!」

団長「ったく……一日一緒にいるとか言っといて、急にいなくなんじゃねぇよあいつ」

エゼクレイン「おい!」

団長「またお前か!今度はなんだツンデレ!」

エゼクレイン「エゼクレインだ!……選択を間違うな、と言わなかったか?」

団長「ああん?もしかして、昼間のあれか?」

エゼクレイン「そうだ。そしてお前は間違えた。つまり、破滅が訪れようとしている……」

団長「だからさっきからなんだよ破滅って……」
23 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:05:17.72 ID:Y8M5XwCj0
エゼクレイン「あのユエルとかいう小娘……この騎士団を抜けるぞ」

団長「……は?」

エゼクレイン「破滅はあの小娘の脱団を指し示していた」

団長「ちょ、ちょっと待てよ。なんでいきなり」

エゼクレイン「あいつの心の傷がどんどん広がっている……止めなければ、本当に辞めるだろうな」

団長「あのユエルが心に傷?いつも明るくて馬鹿やってるアイツが?」

エゼクレイン「……どうやら貴様は根本的に間違えているようだな。下らん。救いようがない」

団長「間違えてるって……そもそも何が正しいのかわかんねぇのにそれはないだろう」
24 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:07:38.01 ID:Y8M5XwCj0
エゼクレイン「だが紫水晶はお前らを救えと告げている……俺としては不本意極まりないが、紫水晶が告げるなら従うのみだ」

エゼクレイン「あの小娘なら甲板にいるぞ。今度こそ間違えるな」

団長「っ!!」ダッ

エゼクレイン「お前の素直な言葉が破滅を失くす……全ては紫水晶の導くままに」

ドロシー「やっぱツンデレじゃないですか☆」バッ

エゼクレイン「……見ていたのか、コソドロめ」

ドロシー「コソドロじゃなくてメイドですよ?」

エゼクレイン「どちらとて何も変わらんだろう。お前がドロシーである限り」

ドロシー「……そう、ですね」

エゼクレイン「お前も……選択を間違うな。破滅よりも酷い未来が待っていると紫水晶が告げている。……ではな」ザッ

ドロシー「……本当に、ツンデレですね。エゼクレイン様は。今、紫水晶自分で操ってたくせに」

ドロシー「だけど……破滅よりも酷い未来が待っているのは……本当かも、しれませんね」
25 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:08:50.61 ID:Y8M5XwCj0
———甲板———

団長「ユエル!」

ユエル「っ、ど、どうしたんや。団長」

団長「いや、その、なんつーか」

団長「(エゼクレインに言われた事をそのまま言うのか?流石にそれはなしだろう)」

団長「(それに素直な言葉が破滅を失くすとか何たら言ってたし……)」

団長「……お前に、会いたかった」

ユエル「そ、そか」

団長「隣、いいか」

ユエル「……ええで」
26 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:10:49.96 ID:Y8M5XwCj0
団長「どうして今日、俺と一日一緒にいるとか言いながらどっか行ったんだよお前」

ユエル「……別に。興が削がれただけや」

団長「……お、俺はな!」ガタッ

ユエル「団長?」

団長「俺は寂しかったぞ!」

ユエル「……は?」

団長「だから、ええと……ユエルと一日一緒にいられるっていうのを、俺は楽しみにしてたんだよ!」

ユエル「どうして……そんな事、あるわけないやん。いつもみたいに、面倒くさそうな顔して……」
27 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:12:45.83 ID:Y8M5XwCj0
団長「照れ隠しに決まってんだろ!」

団長「ユエルと一緒にいて、楽しくないわけない!いつも明るくて、馬鹿みたいに一緒に騒いでくれて、だけど時には優しくて素直で可愛くて!そんな、そんな……」

ユエル「そ、そんな?」

団長「そんな……ほ、本物の嫁みたいなやつが、一日だけでも自分の嫁でいてくれるって言ってんだから嬉しくないわけないだろうが!!」

ユエル「……なっ、ななななっ、どんだけ恥ずかしい事言っとるか分かっとるんか団長!?」

団長「恥ずかしいに決まってんだろ!だけど、これが俺の素直な気持ちだ!」

ユエル「……団長」

団長「ああでも、料理ができたら更に嬉しかったかな」

ユエル「……ははっ、普通この流れでそんな事言う?」

団長「俺の、素直な、気持ち」
28 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:13:40.75 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「はいはい。団長の気持ちは、もう十分伝わったわ!」

団長「それならよかった」

ユエル「……ありがとな。凄く、凄く嬉しいわ」

団長「お、おう」

ユエル「それにな、前から言うとるけど……団長のそういう所が、ウチはめっちゃ好きやねん」ニコッ

団長「———っ!?」

ユエル「お、顔真っ赤」

団長「……お前もだろ」

ユエル「……言うな、アホ」

団長「……これからも、よろしくな」

ユエル「……こちらこそ、な」
29 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:14:59.80 ID:Y8M5XwCj0
———翌日———

ユエル「というワケで一日嫁やり直しや!」

団長「……以上、集会でした」

バウタオーダ「……私はもう何も言いません」

ドロシー「ぶー★ぶー★ずるいですユエル様!」

アンナ「ぼ、ぼぼぼ、ボクだって立候補するよ!」

カシマール「イイゾアンナー!ヤッチマエ!」

シャルロッテ「ならば自分も!団長に恋をしてる自分こそが、ふさわしいと思うであります!」

マイシェラ「シャル……」ナデナデ

ドロシー「シャルロッテ様……」ナデナデ

シャルロッテ「だからどうして自分の頭を撫でるでありますかー!」
30 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:16:02.61 ID:Y8M5XwCj0
エゼクレイン「……ふん」

ドロシー「あ、どこに行くんですか?ツンデレ様」

エゼクレイン「……エゼクレインだ」

ドロシー「どちらでもいいじゃありませんかツンデレ様」

エゼクレイン「……」

ドロシー「黙っても仕方ないですよ。エゼクレイン様」

エゼクレイン「結末は見届けたのでな……俺は次の町について情報収集を行う」

ドロシー「また犯罪者リサーチですか」

エゼクレイン「言い方が気に食わんが、そういう事だ」
31 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:17:09.51 ID:Y8M5XwCj0
ドロシー「仕方ないですね。手伝ってあげますよツンデレ様」

エゼクレイン「メイドだけは手伝いお断りしていてな」

ドロシー「じゃあコソドロでいいですから、ささ☆」スタスタ

エゼクレイン「……面倒な女だ」ツカツカ

ユエル「なぁ?団長」

団長「なんだよ」

ユエル「昨日の夜、ゆーてたよな?料理が出来たらウチが理想の嫁ナンバーワンやって」

団長「そこまでは言ってない」
32 : ◆uCbLPg/WnY 2015/03/11(水) 22:19:28.29 ID:Y8M5XwCj0
ユエル「いやー、あそこまで言われちゃ仕方ないわ。ウチも真面目に料理の勉強する」

団長「だから言ってない」

ユエル「……ダーリン?」ウワメヅカイ

団長「うぐ……ま、が、頑張れよ。応援はしてるから」

ユエル「えへへー。やっぱ団長めっちゃ好きやー♪」ダキッ

団長「ああもうこの!離れろ!」

ユエル「もう離さんからな、未来のダーリン♪」


おわり

おすすめSS