1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 20:45:10.77 ID:SZvFArs30
ゆり「みんな、よく集まってくれたわね」

音無「それにしても今回は急だったな。何かあったのか?」

高松「メンバーを見てみると・・・・ゆりっぺさん、椎名さん以外は皆男性陣」

日向「女の子には危険すぎる任務ってことか?」

ゆり「ええ・・・緊急事態が発生したの・・・天使より恐ろしい相手が現れたわ」

大山「ええ!!あの天使より!?」

野田 「面白い。俺のハルバードが火を噴くぜ」

ゆり「なぜそいつが現れたのかも分からない。今までこの世界でやつが現れたことなんてなかったから」

日向「おいおい・・ゆりっぺが震えてるぜ?そんな恐ろしいやつなのかよ」

直井「ふっ・・・神に怖いものなんてない」

音無「それでそいつはいったい何者なんだ?」

ゆり「それを今から紹介するわ。竹山くん!お願い!」

竹山「はい。ですが僕のことはクライストとお呼びください。今から映像を流しますのでモニターをご覧ください」

日向「なっ!!こいつは!!」

引用元: http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1382183110/

2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 20:50:14.91 ID:SZvFArs30
???「カサカサカサ・・・・」

音無「こ・・・これは」

???「カサカサカサ・・・」

松下「ゴキブリだな」

大山「ゴキブリだね」

高松「ゴキブリですね」

TK「black insect」

椎名「・・・・あさはかなり」

日向「お前が言ってた恐ろしい敵って・・・」
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 20:53:11.05 ID:SZvFArs30
ゆり「ええ!こいつよ!今までこの世界で一度も現れたことのなかったこいつがついに・・」

音無「いや、たかがゴキブリだろ?」

竹山「正確に言うとクロゴキブリですね。好んで民家に侵入し、繁殖するため屋内害虫とされている虫ですね」

ゆり「たかが!?あんな気持ち悪い生き物が同じ建物内にいるのよ?」

音無「でも学校にゴキブリくらい普通にいるだろ?」

高松「ですが今まで不思議とこの学校で見たことがありませんでしたね」

野田「ゆりっぺのゴキブリ嫌いも知らなかったしな」

ゆり「とにかく!!今日は天使のことは後回し!みんなにはこいつを始末してもらうわ。名付けて、オペレーション・Gハンターよ!!」
4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 20:57:06.37 ID:SZvFArs30
音無「ゴキブリ一匹に大げさだなあ」

直井「安心してください。音無さんのことは僕が命に代えてもお守りします」

日向「だからただのゴキブリだって」

ゆり「みんなにはトランシーバーを渡しておくから、互いに連絡しながら奴を捕まえて!」

日向「おいおい、そこまでしなくても・・・」

ゆり「あっそれと奴を呼ぶときはGって呼びなさい。今後名称を言った人は音声認識でトランシーバーから電流が流れるようになってるわ」

大山「無駄な所でハイスペックだよ!」

高松「名前を聞くのも嫌とは・・・よっぽど嫌いなんですね」

椎名「あさはかなり」

ゆり「それと奴を倒すまでは断食ね、食堂であいつに出くわす可能性だってあるし」

松下「むう・・断食はきついな」

日向「しょうがねえ!行くぜみんな!!ゴキ・・・G退治だ!!」

野田「おう!!ゆりっぺを困らせる奴はこの俺がぶっ殺してやる!!」

TK「OK! let’s go」

藤巻「おい!!俺のセリフがなかったじゃねえか!!」
5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:01:58.55 ID:SZvFArs30
日向「にしても意外な弱点だなあ~ゆりっぺがゴキブリ苦手なんて」

音無「まあ人間誰でも苦手なものはあるからな」

直井「神には恐怖という概念が無い・・・何かに怯えるというのは弱い人間の定めなんだろう・・・・あっ音無さんは違いますよ!音無さんは神をも超える存在ですから」

日向「ホント音無には調子が良いよなってあれ?なんかこっちに走ってきて・・・」

ゆい「ひなっちせんぱ~~~~い!!!ドリャア!!」

日向「ぐっはーーー!!いきなりとび蹴りしてくる奴があるか!!」

ゆい「先輩がアタシに黙って虫取りしようとするからですよ!!」

音無「まあまあ、俺たちだって好きでしてるんじゃないんだよ」

ゆい「一応話はゆりっぺ先輩から聞いてますよ!ゴキブリを見つけてこのトランシーバーで連絡したら・・・ギャァァァァ!!!」ビリビリビリビリ!!!
7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:03:25.26 ID:SZvFArs30
ゆい「ぐっ・・・・は・・・ガクッ」

直井「どうやらGの名前を言ったため電流が流れたようですね」

音無「思ったより威力があるな」

日向「何しに来たんだよコイツは」

ゆい「・・・・ピクピク」

日向「しょうがねえ!コイツを医務室に連れて行って来るとするよ」

音無「おい・・・てことはつまり・・・・」

直井「音無さん!!ふたりでがんばりましょう!!」

音無「うっ・・・」
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:04:46.97 ID:SZvFArs30
遊佐「ゆいさん撃沈しました」

ゆり「全く男だけじゃ頼りないから助っ人に呼んだのに!」

遊佐「ゆりっぺさんが余計な機能をつけたからだと思いますが」

ゆり「うっさいわね!他はどうなのよ!」

遊佐「そうですね・・・野田さんが見えますね」
9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:07:47.63 ID:SZvFArs30
野田「俺が一番に退治する・・・そう!!!ゆりっぺの為に!!」

ゴキ「カサカサ・・・」

野田「見つけたぁ!ゴキブリ覚悟ぉぉ・・・ぐわぁぁぁぁ」ビリビリビリビリ!!!!



遊佐「野田さん・・・撃沈しました」

ゆり「あの・・・・アホ」
11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:10:07.57 ID:SZvFArs30
藤巻「よしっ!!俺がGを退治して見せるぜぇ!!!」

大山「おお!!やる気満々だねぇ!だてに前半セリフが無かった訳じゃないんだね!」

藤巻「おおよ!!今度こそ俺は目立ってやるぜ!!」

高松「やる気なら私も負けてませんよ!!この筋肉はGハンティングの為に作ってきたようなものですからっ!!!」

松下「うむ!だがなぜ脱ぐ必要があるのだろうか・・・」

TK「I’m monster hunter」

大山「見てっ!!あれ!!」

ゴキ「カサカサ・・・」

藤巻「見つけたぜ!!追うぞ!!みんなっ」
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:12:50.78 ID:SZvFArs30
藤巻「まてまてぇ~」

大山「あの教室に逃げ込んだよ!!」

藤巻「よしっ俺たちも中に入るぞ!念のためTKと松下五段は外で待機しててくれ」

松下「ああ、了解した」

TK「all right!!」

大山「よしっじゃあ入ろう!!」

高松「私の筋肉の見せ所ですね」
13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:17:38.29 ID:SZvFArs30
大山「ああっあそこにいるよ!!」

高松「天井ですか・・・これじゃ届きませんね」

藤巻「ちっ・・・ゆりっぺに連絡してみるか、もしもしゆりっぺ」

ゆり「あら藤巻くん、Gを見つけたの?」

藤巻「ああ・・・だが天井に貼り付いてるから取れねえんだよ」

ゆり「なら天使用トラップを発動させて葬り去るわ」

大山「それってまさか以前言ってた教室に爆弾を設置するってやつじゃ・・・」

高松「ですがNPCに被害がかかる為、中止になったはずですよ」

ゆり「ええ・・・でも今日は日曜でNPCもいないしGも出たから一時的につけさせて貰ったわ」

藤巻「それを使うってことは俺たちは・・・」

ゆり「ごめんなさい・・・戦いには犠牲がつきものなのよ・・・・ポチッ」

大山「そんなあ!!ゆりっぺの悪魔!鬼!ひとでな・・・・
ドーーーーーーーーン!!!!!!

ゴキ「カサカサ・・・・・・・じょうじ」
14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:20:12.53 ID:SZvFArs30
遊佐「どうやらGは無事で窓から逃げていく様子が確認できます。三人は撃沈、外にいた二人は無事なようです」

ゆり「チッ・・・しくじったか」

遊佐「Gはまた別の部屋に入っていったようですが・・・引き続き監視しますね」
15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:22:26.77 ID:SZvFArs30
その頃ガルデモメンバーは・・・

ひさ子「ふう・・・ちょっと休憩にするか」

岩沢「ああ、そうだな。それにしてもゆいはどうしたんだ?」

入江「さあ?私は何も聞いてないですけど・・・」

関根「そういえばぁ何か虫取りがどうとか言ってたような」

ひさ子「虫取りぃ?いい気なもんだなアイツも」

岩沢「まあ、たまには息抜きもいいじゃないか?そんなことより今虫取りでいいフレーズが」

入江「岩沢先輩はやさしいですね」

岩沢「オケラだーって♪ミミズだーって♪アメンボだーって♪」

関根「でもそれはどうかと思いますけど・・・」
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:24:56.07 ID:SZvFArs30
食堂にて・・・・

天使(やっぱりマーボーはおいしいわ)

ゴキ「カサカサ・・・・」

天使「あら?」

ゴキ「カサカサ・・」

天使「珍しいわ・・・・」

ゴキ「カサ・・・・」

天使(・・・・・マーボー食べるかしら?)

ゴキ「????・・・・カサカサ・・・ススススス」

天使「あっ」

天使(行ってしまった・・・・残念)
18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:26:17.94 ID:SZvFArs30
ゆり「遊佐さん?何か変わったことは?」

遊佐「どうやら椎名さんがGと遭遇したようです」

ゆり「椎名さんなら心配ないわね。これでGは倒したも同然」



椎名「あさはかなり」

ゴキ「カサカサカサ」

椎名「・・・・・・・あさは・・・かなり」
20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:28:01.37 ID:SZvFArs30
遊佐「椎名さん微動だにしません」

ゆり「えっ・・・まさか・・・・」

ゴキ「ガサッ!!!」

椎名「あさは・・!!あさかなりぃぃーーー」ガシャーン!!

遊佐「椎名さん・・・・窓を突き破りものすごい速さで外へ飛び出していきました」

ゆり「・・・・・・・苦手なのね・・・・G」
22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:30:16.39 ID:SZvFArs30
直井「音無さん!!いつ!!どこからGが来ても、この僕があなたをお守りしますよ」

音無「お・・・おう、ん?ここは・・・・」

直井「体育館ですね。入ってみましょうか?」

音無「ああ、そうだな。ここにGがいるかもしれないしな」


~体育館内~

日向「おっお前らも来たのか~」

直井「チッ邪魔なのが」

音無「日向じゃないか?ゆいはどうしたんだ?」

日向「医務室のベッドに寝かせてきたぜ。まだGは見つかってないんだろ?一緒に探そうぜ」

直井「おいっ!!この下等生物、僕と音無さんの二人きりの時間を邪魔するとはいい度胸だ!お前には白色のクレヨンの気持ちを味わわせてやる」

音無「お前ら!アホなことやってないで、あれをみろよ」

ゴキ「カサ・・・ゴソ・・・・・」
23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:33:39.68 ID:SZvFArs30
音無「Gを見つけた!!なんとかして捕まえよう」

日向「でも・・・さすがに素手じゃ・・・」

直井「音無さんっ!ここは僕が・・」

ゴキ「カサカサ・・・・バサッ」

日向「おいっ!!飛んだぞ!」

音無「出口に向かってるみたいだ。逃げるつもりか?」

ゴキ「バサバサバサ・・・」

松下「まてぇ~い!!!ここは通さんぞぉ」

日向「松下五段!!!」
25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:36:13.56 ID:SZvFArs30
音無「松下五段が出口に立ちふさがってる。これは頼もしい!」

ゴキ「カサカサ?・・・カサガサ」

音無「Gが方向転換したな」

直井「窓から逃げるつもりのようですね。今度こそ僕が」

TK「it’s my turn」

日向「TK!!」

TK「easy game!! Foooo!」 ガシッ!

日向「すげえ!素手でキャッチしたぜ!」

TK「I catch ゴキブリ!!・・・・・NOOOOOO!!」ビリビリビリ!!

日向「ああ!!うっかり名称を言っちまったTKが感電した!!」

音無「なんでそこだけ日本語だったんだよ」
27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:38:27.07 ID:SZvFArs30
音無「おい、TKの手の名からGが出てきたぞ。」

日向「しょうがねえ!!なら俺がつかまえてやんよ!!」

ゆり「待ちなさい!!」

音無「ゆり!?なんでここに?」

ゆり「あんた達が頼りないからよ!私が直々に葬り去ってやるわ。コイツを使ってね」

日向「おい!!それロケットランチャーじゃねえか」

ゆり「そうよ!!チャーが用意してくれたわ!これを使ってGを倒す」

直井「なんて女だ!こんなとこで使えば・・・」

音無「やめろ!!ゆり!!」

ゆり「死ねぇぇぇぇ!!!」
28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:42:15.79 ID:SZvFArs30
天使「待って!!」

音無「なっ、奏!!」

ゆり「なによ天使!邪魔しに来たの?」

天使「それを撃ってはダメよ。この子を傷つけてしまう」

ゆり「何!?その生き物をかばってるの!?」

天使「そうよ。この子だって生き物なの。必死に生きているのよ」

ゆり「でも・・・・」

天使「命の大切さはどんな生き物も変わらないの。」

ゆり「命の・・・・大切さ・・・・」

音無「なあ、ここは天使の言うとおりにした方がよくないか?」

ゆり「・・・・わかったわ。ミッションは終わり。そのかわりGはちゃんと学校外に逃がしておいて」

天使「ええ・・・分かったわ」

日向「ふぅ・・今回は天使に助けられたな~」

直井「一件落着ですねえ!音無さん!!」

音無「ああ・・・・そうだな」
30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:45:11.62 ID:SZvFArs30
本部にて~

ゆり「命の大切さか~今回ばかりは天使に教えられたかしら」

藤巻「ゆりっぺはその言葉をよく心に刻むべきだな」

大山「まさか爆破させられるとは思わなかったよ」

野田「まあいいじゃないか。皆がんばって解決出来たんだからな」

日向「いや、お前は一番に自爆してたらしいじゃねーか」

ゆり「野田君の言うとおりよ。無事Gも追い出せたんだから良しとしましょう」

音無「犠牲になったやつも多かったみたいだがな」

椎名「あさはかなり」

TK「もう電気ショックはゴメンやで!」

大山「TKがしゃべった!!」

ゆり「なんだかお腹すいちゃった。食堂でご飯にしましょ!」

日向「ホントに・・・天真爛漫というか何というか・・・」

野田「そこがゆりっぺの魅力なんだよ」
31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:48:57.83 ID:SZvFArs30
食堂にて~

ゆり「さあ!ご飯よ!」

日向「よっしゃあ!何食うかな~」

ゆい「先輩!アタシを置いて行ったんだから、今日はおごってくださいね!」

音無「久しぶりにマーボー食べてみるか」

直井「音無さん!!一緒に食べましょう」

松下「俺はもちろん肉うどんだ」

高松「しっかり栄養をとらないと筋肉が衰えてしまいますからね」

大山「あれ?待って!!誰かいるよ?」
32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:51:22.12 ID:SZvFArs30
フィッシュ斉藤「おおっお前たちか!!」

日向「フィッシュ斉藤じゃねえか!!どうしたんだ?」

大山「籠みたいなの持ってるけど何?釣った魚でも入ってるの?」

斉藤「これは魚じゃねえよ。見るか?ほれっ」

カサカサカサ・・・・

音無「うげっ!!それは・・・」

高松「大量の虫・・・・ですね。それもほとんどがG・・・」

斉藤「釣りの餌になりそうなやつを裏山でとってたんだよ。魚とちがって虫は詳しくないんだがこの黒い奴は何なんだろうな」

ゆり「・・・・・・」
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19(土) 21:53:47.42 ID:SZvFArs30
日向「な・・・なあ・・・今すぐそれ・・・捨ててきたほうがいいぜ」

斉藤「なんでだよ?それに俺の籠ボロいんだよ。昨日もふたが壊れて一匹逃げ出したんだぜ。ちょっと触っただけなのにってあれ?」ガシャン!!

斉藤「げっ!!また壊われちまった・・・」

ゴキ×30「カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカアサカサカサカサカサカサカサ・・・・・・・」

斉藤「わりぃわりぃ。全部逃げちまったな」

ゆり「ゴゴゴゴゴ・・・・」

音無「お・・・おい・・・ゆり?」

ゆり「死んだ・・・世界・・・・戦線・・・・Gを全部捕まえるまで!!!全員飯抜きぃ~~~~~~~~!!!!!!」

一同「えぇ~~~~~~~~!!!!」


おすすめSS