ヘッドライン

インフィニット・ストラトス

一夏「自分の子供が欲しい」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 01:48:50.03 ID:X8qu7KfS0
一夏「なんて女子に言っても、必ず断られるだろうな…」

一夏「それに女子しかいないIS学園。言った日には変な目で見られるに違いない」

一夏「でも、自分の子供が欲しい……」

続きを読む

一夏「女子更衣室に幽霊?」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 23:32:16.51 ID:QCGmfBP40
箒「なにっ!ゆ、幽霊だと!}

セシリア「・・・・・・」ビクビク

鈴「へぇおもしろそうじゃん誰から聞いたのそれ」

シャル「のほほんさんから聞いたんだ。なんでも。真夜中になるとさ・・・出るらしいんだよ」

ラウラ「ふん。幽霊より人間の方が怖い。戦場では幽霊などと恐るるに足らんからな」

箒「そ、そうは言っても怖いものは・・・」

鈴「面白そうじゃん!!今日の夜にでも行ってみようよ!」

セシリア「な、なんですって!」

続きを読む

千冬「一夏、私は心配だぞ」一夏「何がだよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 23:43:14.65 ID:7zQKUnbd0
千冬「あの女だらけの空間でよくもまぁ平気でいられるな」

一夏「最初は地獄だったけどな。もう慣れた」

千冬「あれだけの上物5人に囲まれて、何も無いのか?」

一夏「何も……? 何が?」

千冬「一夏……女に興味が無いという噂は本当だったのか」

一夏「だ、誰がだっ! んなわけあるか!」

続きを読む

一夏「あぁ、俺ゾンビになっちゃったよ。どうしよう」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/28(水) 20:08:15.62 ID:nVCm98ys0
事件は突然起こった。
世界中でうんたらかんたら、でゾンビが街を徘徊。

ゾンビの魔の手はIS学園にも忍び寄っていた。
気がつくと、半数以上の生徒がゾンビになっていた。

そのゾンビの群れの中に一夏ゾンビがいた。

一夏ゾンビ「(あぁ、山田先生とエッチしてたらゾンビになっちゃった。どうしようかなぁ。)」
山田先生「がうぅ・・・・」

一夏「(俺も声でねぇんだよなぁ・・・ってか意識あるの俺だけか。みんな目的も無く徘徊してるだけだし。)」
一夏「(それにやたらと三大欲求が、なぁ・・・・とりあえず知り合いだけでも探すか。)」てくてく

一夏「(ゾンビまみれ・・・か。あっ、シャルだ!・・・・もうゾンビか。)」

続きを読む

一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/21(金) 20:10:57.55 ID:XpEfJsesO
シーン……

山田「え、えっと他にはなにかありますか?」

一夏「好きなアニメはスペースコブラですがなにか?」

山田「あ、アニメ?」

一夏「聞いておいてそのリアクションとか鬼畜でござる・・・」

山田「えぇっ、鬼畜!?そ、そんなつもりは」

一夏「つもりがなくても人を傷つけることはあると思います」
山田「す、すいません・・・」
一夏「いえ」



「あれが千冬様の弟なの?」
「キモい・・・」
「人なの?豚じゃないの?」

一夏「・・・」シャカシャカ

「なにあのでかいヘッドフォン」
「キモい・・・」

箒(・・・あれが一夏のはずがない)

続きを読む
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセスランキング
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ