ヘッドライン

勇者・魔王

魔法使い「その魔法で……何を求む?」弟子「魔王のおぱんちゅですね」

1 : 名無しさん@おーぷん 2014/09/14(日)00:28:59 ID:2IdjkbBcr
魔法使い「ま、魔王のおおおおぱんちゅ!?」

弟子「そうですっ……!」

魔法使い「なんだ……?」

魔法使い「そのショーケースに入っているトランペットを指を咥えて眺めているような少年の目つきは……?」

弟子「使い古された表現ですね」

魔法使い「ぇぇぃ!うるさいっ!!!」

続きを読む

勇者「ルーラ教習所?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/08/24(金) 04:01:03 ID:H5e5pu9w
勇者「レベル20になってやっとルーラを覚えたぜ! これで好きな街に飛び放題ヒャッホィ!」

魔法使い「は……? まさかあんた今の今まで覚えてなかったわけ?」

勇者「そうだけどどうかしたか?」

魔法使い「プッwルーラなんて普通レベル7.8で覚えるものじゃないw それをあんた20ってw」

戦士「勇者は実にバカだな!」

勇者「お前に言われると相当腹立つな……!」プルプル

勇者「まあもう覚えたわけだし過去のことは忘れてさっそく使って……」

賢者「勇者様!? まさかいきなりルーラを使う気ですか!?」

魔法使い「ほんっと筋金入りのバカね~www」ケラケラ

勇者「なんだよ二人して。覚えた魔法使うのがそんな悪いことかよ?」

続きを読む

魔王「なぁ。」勇者「ん?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/09/04(火) 00:59:45 ID:2F0XrvPo
魔王「なぁ。」

勇者「ん?」

魔王「電車の中で化粧する女の子ってどう思う?」

勇者「どうって?」

魔王「嫌いなんだよね、化ける工程人に見せてどうすんだよ、みたいな。」

勇者「あーね、まー時間ないんだろ?しゃーないんじゃん?」

魔王「いや、でもさ」

勇者「俺むしろちょっと興奮するけどな。」

魔王「はい?」

勇者「だって女の子のすっぴんて全裸みたいなもんだろ?なんか全裸からおめかしする様子を見てるような気がしてさ。」

魔王「」

続きを読む

少女勇者「ねえねえ僕にあんなことやこんなことしちゃうの?魔王「」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/03/20(火) 16:52:20 ID:qyvLlgww
勇者「捕まっちゃったよ……お父さんお母さんごめんなさい」

魔王(勇者可愛い勇者可愛い)

勇者「うう……女の子が捕虜になったらその先どうなるかなんて決まってるよね……」

勇者「ねえねえ僕に[ピーー]しちゃうの!?」

魔王(えっ)

勇者「これから魔王の[ピーー]で僕の[ピーー]を[ピーー]されちゃうんだあ……ひええ……」

魔王「」

続きを読む

勇者「俺と勝負したいって?」王様「勝ったほうが魔王を倒しに行く」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/20(火) 07:51:08.09 ID:wkKegKwN0
王様「情報によると城下に勇者と名乗るものが現れたらしいな」

大司祭「ええ、城の占いにの予言で示された通りです」

兵士長「そいつ、強いのか?」

王様「分からん。まだ10代と聞いたが……」

兵士長「はぁ!?糞ガキじゃねえか」

大司祭「占いによる勇者の仲間達も若者のようですが……」

兵士長「10年やそこら体鍛えたからって魔物に通用するわけねーだろ」

王様「そうだな……黒服はどう思う?」

黒服「私ですか?」

大司祭「黒服さんは今日も黒いスーツとシルクハットがお似合いですね」

黒服「それはどうも。これしか持ってないんですよ」

王様「で、お前の意見は?」

黒服「そうですね。では、勇者達の実力を試す……ということでどうです?」

続きを読む
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセスランキング
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ